プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
抜かずの三発。
2020/01/13(月) KORG Pa900
更新が1日遅くなりすみません。
楽器ケースに隠れていたら出られなくなりました。(うそ)


ニュースでは「楽器ケース」と表現しているものが多いですが、
これPA機材のフライトケースじゃないでしょうか?
梱包せずそのまま積めるライブ用の大型スピーカーとかだったら
中は空洞だらけなのに重量はそれなりにあって
しかも吸音材という名の断熱材がたっぷり入ってますからね。
バックロードホーンだったらヨガの達人じゃないと無理ですがw

さて。
今週はこの曲を弾いてみました。

  君の瞳に恋してる - フランキー・ヴァリ (1967年)
  

うはw
原曲、今日初めて聞いたw

日本で有名なのはたぶんこっちですね。

  君の瞳に恋してる - ボーイズ・タウン・ギャング (1982年)
  
  こっちが原曲だと思ってました。

YouTubeでぐぐるとカバーバージョンが山のように出てきます。
というわけで私も弾いてみましたよ。

  半纏を着て腕まくりしてギネスを飲んでるおっさんが弾いてます
  
  また別の曲が混じってますが気にしないでください。

Pa900内蔵の「Unplugged Heaven」というスタイルを使いました。
今日の17:00から譜割りを始め、1時間半で打ち込みした後で手弾きパートを録り、
ミックスを終えたのが20:30。突貫工事ですねー(^^;)
メロディーは一発録り…と言いたいところですが、あちこち間違えて
実際は三発録りぐらいです。
「やべ、もうこんな時間だああああ」って焦りながら集中力を高めて
休憩なしで抜かずの三発ですw

抜かずの三発といえば、ちょっと配置替えをしました。

  20200113_1.jpg

ミックスの確認に使っているスピーカーをPa900の正面に持ってきました。

先週「小さな旅」を弾いた時に、このスピーカーで確認すれば
どんなシステムで聴いてもまあまあ良い仕上がりになる手応えをつかみました。
先週はひと通り録り終わった後でこれを鳴らして微調整をしていたのですが、
Pa900のにあったので調整がやりにくかったんですね。

ならば正面に持ってきて、録っている最中からこれでモニターしていれば
間違いなく効率は良いだろうと。

「今さら?」と思うかもしれませんが、
アレンジャーキーボードはスピーカーが内蔵されているので
それを鳴らして弾くのがごく当たり前になってました。

Pa900内蔵のスピーカーは下手なオーディオシステムより音が良くて
フルボリュームで鳴らしても箱鳴りしないんですが(これは凄いと思う)、
背面バスレフなので壁ぎわに置くと
どうしても低音がブーミーになってしまうんですね。
その環境でOKにしたものを「はいどうぞ」と聴かせるには一抹の不安がありまして。

私は生楽器の演奏者ではなく、みなさんにYouTubeで聴いてもらうのが目的なので
その環境と同じようにスピーカーの正面でどう聞こえるかは大切だなと再認識しました。
エフェクトが左右に広がる感じを聴きながら演奏するのはとても気持ちいいです(・∀・)

写真のスピーカーはフルレンジの銘機で、とても気に入っているのですが
いかんせん密閉箱の12cm一発なので低音はほとんど出ません。
それを補うために足元にはヤマハのサブウーファーを置いてます。

ちなみにPa900は内蔵スピーカーのON/OFFを画面で切り替えられるので
配線を抜かなくても外付けオンリーにできますよ。
12cm×2本+サブウーファー、抜かずの三発ということで。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

抜かずの三発。 | 2020/01/13(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇使いこなし ◇弾いてみた ◆(スタンダード)
月日重ねつつ。
2019/12/29(日) KORG Pa900
今日は12月29日。令和元年最後の更新です。

年末にちなんだ曲、何を弾こうかな?

一昨年は「大みそかといえばPRIDE」(そういう時代もありました)と称して
今井美樹の「PRIDE」を歌いました。
昨年は大掃除にちなんでAKB48の「池の水を抜きたい」を弾きました。

じゃあ今年は?
クリスマスソングは一生かかっても弾ききれないほどありますが
年末ソングってあまりないですねー(^^;)

というわけで今年はこの曲を。

  缶ビール飲んでるおっさんが弾いてます
  
  ♪譜読めぬ月日重ねつつ〜

言わずと知れた名曲。蛍の光です。
原曲はスコットランド民謡だということも日本人の大半が知ってますね。

どういうアレンジにしようか考えること半日。
最初は全然違うアレンジで、他の年末ソングも混ぜてみたんですが、うまくいかない。
ベートーベンをゴスペルにしようったって、そうは問屋が卸しませんw

そんな諸事情もありオーソドックスめなアレンジに落ち着きました。
この1年で「奇をてらったものは大抵外す」という事をようやく学びましたw

この曲に「年末」とか「営業終了」という雰囲気を感じるのは日本人だけだと思いますが
外国人にもそのイメージを刷り込んでやろうwとか思いながら動画を作りましたよ。

今日、2ヶ月ぶりに「バッキングを作って家で手弾きして録る」というやり方に戻ったら
それは単に「自動伴奏に合わせて弾く」だけでなく、いろんな要素を含んだ作業だなと
あらためて思いました。
ルーツとなるジャンルからどう発展できるのかとか、どんな音色がどういうイメージを
引き出すかとか、そんな事を体で感じながら完成までに流れる時間は
とても濃いものになってます。

今年は鍵盤をたくさん弾きました。
あろうことか電子ピアノまで買いました。弾けないのにw
自画自賛ですが、元旦から張り切って制作に取り組んだ甲斐はあったと思います。

今年もたくさんのご来訪、ご声援ありがとうございました。
みなさまの2020年が良い年になるよう願っております。

※新年は1月5日()から開始予定です。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

月日重ねつつ。 | 2019/12/29(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇弾いてみた
謹賀新年。
2019/01/01(火) KORG Pa900
あけましておめでとうございます。

  

昨年はたくさんのご来訪ありがとうございました。

通常営業は1月6日(日)から…の予定でしたが
元旦早々Pa900を弾いてたら1曲仕上がったのでアップします(^^;)
今年もこんな感じで楽しんでいこうと思います。

みなさまの2019年がイントロサビみたいな年になりますように。

謹賀新年。 | 2019/01/01(火) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇弾いてみた
ご先祖様。
2018/12/24(月) KORG Pa900
Happy Holidays!

最近はMerry Christmas!とはあまり言わないようですね。
他宗教の人に配慮した結果だとか。

ともあれ、クリスマスという事で
恒例にしつつあるクリスマスソングを歌ってみました(・∀・)

  おっさんが歌ってます
  
  原曲はこちら

ホワイトクリスマス。知らない人はいないだろうという定番の曲ですね。
今回は久しぶりに怪電波ボーカルをおみまいしますw

怪電波の毒性を少しでも和らげるために、いろいろ考えました(^^;)
声がノイズっぽいとか、音程が揺れているとか、何語で歌ってるか分からないとか
数々の毒をどうすれば薄めることができるだろうかと。

その結果が、Pa900のハーモニープロセッサーを全編通して掛けてしまうという
お茶を濁しまくりの作戦であります。
機械の声の方が数段うまいというのも情けないですが、それはそれとして。

  20181224_1.jpg
  ハーモニープロセッサーの設定画面

Pa900で自動付加できるハーモニーにはいくつかのモードがあります。

メインと思われるモードは、録音済のトラックか鍵盤からコードを拾って
その構成音で歌うChordモード。
コードがCで「ミ」を歌うと「ソ」や1オクターブ上の「ド」でハモってくれたりします。
(音程は選べる)

また、Notesモードではメインボーカルの音程に関係なく
録音済のトラックか鍵盤で弾いた音程そのままで歌ってくれます。ようはボコーダーですね。
以前、Macのテキスト読み上げの音声に無理やり歌わせようとした(そして失敗した)時は
このモードを使いました。

そして今回使ったのはScaleモード。
設定画面で選んだキーに従って、そのキーで使われる音程の中から適当に選んでくれます。
例えばCメジャーを選ぶと、「ドレミファソラシド」のどれかから
いい感じに選んでくれるわけですね。

このモードはトラックや鍵盤からコードを拾わないのが特徴です。
分散和音などでコードの判断が難しい場合とか、コードが変化するタイミングが
16分音符前倒しだったりする時に、それに引きずられず安定したハーモニーを得られます。
メインボーカルの音程が怪しい時にも、あまり迷わないのが助かります(^^;)

なーんて、さも知ったように書いてますが
今回初めて使ってその特徴を把握した次第ですw

さて、今回使ったスタイルは、Pa900内蔵の「Jive 1」。
今まで使ったことのなかった「Ball Room」カテゴリーから選びました。

  20181224_2.jpg
  ボールルーム(想像図)

最初はバリバリのロックにアレンジしようと思っていたのですが
いろいろ試すうちに、その先祖っぽいこのスタイルにたどり着きました。
「ここからロックンロールに発展したんだろうな」と思わせるベースラインが特徴。
エルヴィス・プレスリーなんかウッドベースでロックンロールをやっていたんですから
今じゃ考えられないというか、狙ってやるのでない限り、まずお目にかかりませんね。

  
  ウッドベースでメタリカを弾く人。

あまり馴染みのないオールディーズなスタイルもPa900にはたくさん内蔵されてます。
自分で一から打ち込んで作ったら絶対にやらないであろうジャンルも気軽に体験でき、
それが今聴いているジャンルのルーツになっている事を体で感じることができるのは
アレンジャーキーボードの魅力のひとつです。
このへんは公式サイトを見てもあまり伝わってこないですね。

ちなみに、歌の節回しがJiveというよりカントリーっぽくなったのは
ここ1ヶ月ほどカントリーばかり聴いていたからです(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

ご先祖様。 | 2018/12/24(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇歌ってみた
素直になれなくて。
2017/12/24(日) KORG Pa900
Happy holidays!

  

今晩はべろべろなので、記事本文はコメントへのレスとともに明日更新します(_o_)


(以下 翌日追記)

昨日は失礼しました(_o_)

へべれけな状態で最後の力を振り絞り、
動画のアップロードまで済ませたところで力尽きました(^^;)

今回ご紹介するのは、先週ご紹介した「The Christmas song」の
別バージョン(インスト)でございます。

「どんなアレンジにしようかな」と考えていた時に
候補に最後まで残ったのがこの2つだったんです。
先週の怪電波ボーカル版はボサノヴァ、そして今回は「Latin Rock 1」という
Pa900内蔵のスタイルを使ってます。もろサンタナ風ですねw

どちらもラテンですが、不思議とこの曲によく合います。

  原曲(に近いもの)
  

原曲を聞いただけではそれと分りませんが、
Pa900の自動伴奏を鳴らしながら歌ってみたら
裏拍に来る独特のアクセントを感じました。

ピアノソロの部分は100%打ち込みです(^^;)
参考にした譜面がヤマハの「ぷりんと楽譜」のジャズアレンジだったせいか
ラテンバンドの中に1人だけクラシック出身のピアニストが混じってるような
独特の雰囲気を醸し出してますw
まるでバンドのピアニストが当日ドタキャンしてしまって、急遽代わりを連れてきたみたいな。

そう思って聴くと、ピアノソロの部分では他のメンバーが気を遣って
大人しくしているようにも聞こえるから不思議です(^^;)

実は私、ほとんど譜面を読めません。(自分で書いた譜面も読めない)
五線から上下に外れた音階は「ド、ミ、ソ、シ、レ、ファ…」って1音階ずつ数えてます。
なので打ち込みにはものすごく時間が掛かります(^^;)

今回、打ち込みをやって気づいたんですが、作るのに時間が掛かった部分は
何か違和感を感じても潔く切り捨てるのが難しいですね。
「いっそ消したろか」って思っても躊躇してしまいます。

そういう点で、アレンジャーキーボードの自動伴奏(基本はコードネームだけの入力)という機能は
作品を手早く作れるぶん「いまいちだな」と思った時にためらいなく変えられます(・∀・)
意外なところにアレンジャーキーボードの良さがあるんだなと思いました。

来週日曜日は大みそかですが、通常通り更新する予定です。
どんなテーマにするかはまったく考えてません(・∀・)
当日Pa900の電源を入れてから考えようと思ってます。

◆当ブログおすすめアレンジ

  
  この曲をやろうと思ったきっかけがこの動画です(・∀・)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

素直になれなくて。 | 2017/12/24(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇弾いてみた
旧い記事