プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 10  (3)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
漂着。
2019/09/29(日) KORG Pa900
いきなりですが、私は筋金入りの姉スキーでして
姉分欠乏をきたすと補給のため隣県の姉宅へ遊びに行くのであります。

「行くよ」と電話すると
「そろそろ来る頃だと思ってたw アップルパイでいい?」と
すかさずリアクションをくれる姉はいくつになっても頭の上がらない存在です。

私の妻は姉より年上なので
久しぶりに姉に会うと姉というより妹みたいな感じもします(^^;)
ちなみに姉は私より年下の旦那をつかまえたので
4人が揃うと訳の分からない状態になります。

というわけで今週はこの曲。

  【原曲】年下の男の子 - キャンディーズ (1975年)
  

ふと1970年代の「ザ・歌謡曲」みたいなのを弾きたくなりました(^^;)
1コーラス歌うだけのTV収録でもオーケストラがガッチリ生演奏するような。
ドラムはもちろん手で叩いてテンポ揺れまくり。

様々な音楽ジャンルの中で私が一番好きなのはカントリーブルース
というわけでこんなアレンジに。

  おっさんが弾いてます
  
  原曲からメロディーを拾うのが難しくて、間違えてる箇所があるかもです。

半日ぐらい練習してほぼ一発録りしました。
メロディー以外は自動演奏です。

バッキングはネットから拾った「Trucker 1」というカントリーのスタイルを使ってます。
メロディーの随所に散りばめられた半音階のアップダウンがこの曲の特徴で、
ファンク、ゴスペル、カントリーにぴったりはまりますよ。
jazzyやgrooveという名前のスタイルよりは、ゴリっと泥臭いほうが似合います。

ブルースの匂いがカントリーに移り、
時代と海を越えて日本まで流れ着いて歌謡曲にほんの少し混じる。
まるでカレーがインドからイギリスを経由して日本に伝わり、カレーうどんになるのに
近いものを感じました。弾いて初めて気がつきましたよ。

Pa900は日本の曲を完コピ風に弾けるスタイルはあまり入ってませんが
その代わり、ルーツとなったジャンルがたくさん入ってます。
その中からぴったりはまるものを見つけると、どんな音楽に影響された作曲者が書いたのか
なんとなく顔が見えてくるのであります。

曲あり遠方より来る、また楽しからずや。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

漂着。 | 2019/09/29(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆キャンディーズ ◇弾いてみた
想定外。
2018/04/08(日) KORG Pa900
4月8日、まさかの雪。

  20180408_1.jpg
  午前9時、自宅前にて。

というか積もってるんですがwww
いくら当地が雪国で田舎でも、4月に入ったら雪はめったに降らないのであります。
(ほとんどの車がタイヤ交換済み)
朝、ふと窓の外を見たらまるで夜のように暗くなり雷が鳴ったと思ったら
15分後には一面の雪景色ですよ。季節が1ヶ月ぐらい逆戻りした感じです。

というわけで今回はこの曲(^^;)

  原曲
  

先日載せた「UFO」がおかんに思いのほか好評だったので
1970年代を代表する曲をもう1つ弾いてみました。

実は今回、動画なしの別の話を書こうと思ってました。
そんなわけでいつもひっぱり出してくるPa900はクローゼットの中に眠ったまま。

そして夕方、話の構成を考えようと散歩に出かけたら
近所の土手でつくしを発見。

  20180408_2.jpg
  つくしーの子が恥ずかーしげに顔を出ーします♪(拾い画像)

それを見た瞬間、この曲を弾こうとひらめきました。
取って返してPa900をひっぱり出し、2時間半で完成(・∀・)

  

演奏は例によってメロディー以外は自動伴奏です(^^;)
ネットから拾った「Voice Of Jungle」というスタイルを使ってます。
ちょっと陰のあるアレンジにしてみました。

なぜこんな暗い曲調にしたかというと、
日本のポピュラーミュージックにひとこと言いたくて仕方ないからですw
もうすぐ春が来る楽しさを表現するのに、なぜBmという短調の曲にするのかと。
この曲だけじゃありません。今でもそういう曲が多いです。誰でも知ってるアーティストで。
デフォルトが短調なのはなぜ?とずっと疑問に思ってます。
アジア圏にはそういうの多いですが。
おまけに曲も詞も、どんどん狭い所へ入り込んでいくようなのが多くて。
なので、そのへんに違和感を抱えている私が今まで私が弾いた曲は
「UFO」を除いて全部長調なんですね。

話は変わりますが、アレンジャーキーボードの宣伝にはよく
「自動伴奏パターンを鳴らしながら適当に弾いているうちに
作曲のインスピレーションが!」みたいな事が書いてあります。

それはそれで正しい使い方なのですが、
まず曲ありきで、それにはまるパターンを探していくのも
オリジナル曲を作るのに劣らない楽しみがありますよ(・∀・)

今回使った「Voice Of Jungle」というスタイル、
面白いアレンジだなーと思いつつ、使う機会がありませんでした。
どんな曲に似合うのか、なかなか連想できなかったんです。
Cでべたーっとコード弾きしてスタイルをザッピングしてるだけでは
どんな曲に合うのか、いまいち掴めません。
ちゃんと曲の流れに合わせたコード進行で弾きながら切り替えていくと
「おーこのスタイル、この曲にはまるじゃん!」という発見があります(・∀・)
原曲と全然違うアレンジでぴったりはまるのを見つけた日には鳥肌が立ちますよ。

今回のはそんな感じで選んだスタイルです。
まさかキャンディーズの曲にはまるとは、4月の積雪と同じぐらい想定外でしたw

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

想定外。 | 2018/04/08(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆キャンディーズ ◇弾いてみた