プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
男祭り。
2017/12/31(日) KORG Pa900
今日は大みそか
この曲を歌ってみました。

  原曲
  

大みそかなのでPRIDE..._〆(゚▽゚*)
(そういう時代もありました)

  20171231_1.jpg
  ※写真と本文は関係ありません

YouTubeでいろんな人のカバーを聴いてみたら
その多くは、透き通るような声のお姉さんがアコースティックな雰囲気で歌うものでした。
それもいいんだけど、ちょっとひねってみたい(・∀・)

というわけでこうなりました。

  おっさんが歌ってます
  

これから始まる闘いをイメージさせるようなイントロがPRIDEっぽいでしょw

演奏は例によってPa900の自動伴奏です。手弾きは一切なし(・∀・)
イントロ・間奏・エンディングはカッチョイイリードギターを含めすべてプリセットです。
制作時間は1日ちょい。楽器パートは半日で出来ましたが、歌が…(^^;)

今回使ったスタイルはPa900内蔵の「Pop Rock」です。
原曲はスローな感じですが、実はテンポ113bpm。意外と速いでしょ?
みんな大好きハードオフのBGM82bpmですから、相当速いです。

このぐらいのテンポになると、アレンジャーキーボードで弾く時に
バラード系のスタイルではリズム隊が忙しいサウンドになるので
「Pops」「Rock」「Dance」といったカテゴリーから選ぶ方がすんなりはまりますよ。

今回使ったスタイルのポイントは、1小節おきに8分音符を食うリズム。

  20171231_2.png

2小節目と4小節目の先頭のコードチェンジが♪1個ぶん前倒しになってますね。
分解能384なら「2.0.0」と「4.0.0」が「1.4.192」と「3.4.192」になります。
こんな感じで、スタイルのクセを感じ取ってコードチェンジを作り込むと
そのジャンルらしい雰囲気になります(・∀・)

以前ご紹介した「天使の絵の具」でもこの技を多用してますよ。
ギターの1ストロークごとにコードが変わるのがその曲のポイントだなと思ったので。

そういうクセやノリを感じ取るには、いきなりステップ入力の画面に向かうのではなく
まずStyle Playモードでコード弾きするといいですよ。
「ここはリズムを食うところだな」と感じたら譜面に印を付けて。
歌いながら弾ければベターです。
喉のウォームアップや、自分に合ったキーを見つけるのも同時にできます(・∀・)

今回、ご紹介したアレンジに行き着くまでいろんなスタイルを試しました。
その中で「妙にはまって面白いw」と感じたのがこの「Pop Rock」でした。
原曲の動画にもあるように、作詞作曲はともに布袋寅泰
やっぱりロックの人が作った歌だなーと思いました。
コードとメロディーという骨格だけにすると、そのへんが見えてくるんですね。
原曲のアレンジだとなかなか気づきませんが。

「PRIDE」はお姉さんの雰囲気あふれる女性的なバラードですが、
作詞、作曲、そして怪電波ボーカルを発する当人すべてだったので
今回のタイトルはそこから付けてみましたw

今年の更新は以上です。
ご来訪、そしてご視聴、まことにありがとうございました。
来年はカレンダー通り1月7日()から始める予定です。
みなさまよいお年をお迎えくださいませ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)



◆以下余談

【歌ってみた】シリーズ、今回初めてGoogle先生に
「それ、この曲じゃん」というお墨付きをいただきました\(^o^)/

  20171231_3.jpg

私の怪電波ボーカルはGoogleの技術をも惑わすレベルだったので
登録されている曲とのマッチングを困難なものにしてきましたw
そりゃそうですよね。音程は怪しいしアレンジだって全然違う。

  20171231_4.jpg
  「PRIDEと一致」と判断されてますね。

バックの演奏もボーカルも原曲の音声を一切使わずに原曲とマッチさせるのは
このブログ始めてからの念願でした。

男祭り。 | 2017/12/31(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆今井美樹 ◇歌ってみた
思いつき。
2017/12/10(日) KORG Pa900
今回は完全なお遊び企画です(・∀・)

まずは原曲。前回の記事に貼った動画です。

  

この曲にあの曲がぴったりはまることを発見しました(・∀・)

で、作ったのがこちら。

  

アダルトな雰囲気にしてみました♪
大人のお姉さんがけだるい昼下がりにふらっと店舗にやってきて
「相変わらず在庫の回転率が悪いわね」とか「これジャンクだけど使えるかしら」なんて思いながら
品定めをする様子を思い浮かべていただければと思いますw

Style Playモードで自動伴奏を鳴らしながら適当に弾いていたら思いついた一品でした。
こういうインスピレーションを誘起させるところがPa900の好きなところです。

これからも「隙あらばハードオフ」で、いろんな作品に混ぜていきますw
こちらの記事で弾いた曲にも混ぜてありますよ。

思いつき。 | 2017/12/10(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆今井美樹 ◆ハードオフBGM ◇弾いてみた
前後不確。
2017/11/12(日) KORG Pa900
ブログに「毎週日曜更新」と銘打つと
アクセス数の推移がこうなるんですねwww

  20171112_1.png
  更新時間帯が遅くてすみません(^^;)

さて今回はまた古い曲を歌ってみました。
今井美樹さんの1990年の曲でございます。
平成のナンバーを歌ったのはハードオフのBGM以来です(^^;)

なぜそんな古い曲ばかり歌うかというと
姉リクエスト攻撃に晒されている事もありますが、
しょぼい機材をずーっと使い続けていた過去を引きずっているからです(^^;)
弾きたい曲が山積してるんです。

  
  へたくそなソロの途中にハードオフBGMのフレーズを少し混ぜてみましたw

このところ原曲の雰囲気をガラッと変えるアレンジが多かったので
今回は素直なアレンジにしてみましたよ。
Pop Hit Balladというスタイルを使いました。
このスタイルはいろんなバラードに合います。ELTとか。

「迷った時にはこれ」という鉄板スタイルが内蔵されていると
その機種の価値はがぜん高まり、永く使い続けられるポイントになります(・∀・)
このへんはカタログスペックだけでは実感できず、使っていくうちに見えてきます。

さて今回は、バックトラックをPa900でリアルタイムレコーディングしてみました。

  20171112_2.jpg
  リアルタイムレコーディングの画面(取説より)

リアルタイム…とはいっても手弾きという意味ではなく、
コードネームをステップ入力する代わりにシーケンサーを走らせながら
鍵盤から入力する、というスタイルです。
バックトラックが自動演奏なのはいつもの通りです。

この方法のメリットは、コード進行を知ってる曲なら入力が早いという事と
ステップ入力より細かいタイミングでコードチェンジできる事です。

ステップ入力だと8分音符単位でしかコード進行を入力できませんが
リアルタイムなら4分音符÷384の単位でできます。
クォンタイズONで弾けば16音符単位などにもできますよ。

結論から言うとこの機能、致命的なバグがあって使えません(-_-#)

リアルタイムでは得てしてタッチミスが生じます(^^;)
そしたら次は途中からパンチインで録りたいですよね。
ミスするたびに最初から録り直すのは辛いですから。

Pa900も途中からの録音に対応してるはずなんですが、
実際にやってみると曲の頭から上書きになってしまいます。
なんだこれ…

そんなわけで一発ノーミスで弾ける自信のない人(私です)は
リアルタイムで入力しても時間短縮にはならないのであります。
分解能の都合でどうしてもやりたい時は、1コーラスだけ入れてコピーするのがおすすめです。

ちなみに自宅で歌える環境ができて何が嬉しいかというと
バックトラックとボーカル録りを並行できる事です。

カラオケ屋で録るにはバックトラックを事前に作り込む必要がありますが、
自宅録りなら歌ってみて「このアレンジ合わないな」とか
「ここ音がぶつかってるな」なんていう時にもすばやく対応できますよ。
仮に作ったバックトラックでまず昼にボーカルを録り、
夜に妻が寝静まってからじっくりPa900に向かうなんて事も自由自在。
どちらが先でもオッケーなんですね。

というわけで「前後不」という今回のタイトル、
曲の途中から入力したつもりが先頭から上書きされてしまうあほな不具合と、
歌と伴奏どっちが先でもオッケーな制作環境をゲットした事に引っかけてみました(^^;)

最後に余談ですが、今回からマイクを替えてみました。

  20171112_3.jpg

引越しの時に押入から発掘した未使用品です。
昔、旅先でふらっと入った回転寿司のくじ引きで当てたミニコンポの付属品です。
「趣味として歌う」なんて行為はつい昨年までありえない事だったので
ずっと使わずに眠っていました(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

前後不確。 | 2017/11/12(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆今井美樹 ◇歌ってみた
前倒しで後ノリ。
2017/05/06(土) KORG Pa900
大型連休、いかがお過ごしでしょうか。
今回は1日前倒しで土曜日の投稿です。

こんな動画が話題になってますね。

  
  2018.7.11 当時アップした動画が消えていたので類似の動画に差し替えました

賛否両論あるようですが、私はいたく感動しました。
以前(普通の)法要に出席した時、これに近い世界観を感じたからです。
仏教は伝来当時、最先端を行く文化だったわけで
古いものを守るばかりが能じゃないと思いますよ。

さて。

早いものでこのブログも今月で丸1年になります。(よく持ったなあ…)
今まで投稿した内容を動画の再生回数やリアクションが多い順に並べると…
1. ボーカルリップもの
2. 私のヘタクソカラオケ
3. Pa900だけで作ったインスト
1.は分るとしても、2.と3.は本来逆じゃないかと思うんですが(^^;)

というわけで今回は調子に乗ってヘタクソカラオケ大会です(・∀・)
この曲を歌ってみました。

  原曲
  

「お姉さん」の雰囲気あふれる今井美樹さんでございます。
カラオケに行くと必ず歌う曲です。(私は基本的に女の歌しか歌わないw)

で、こんな感じにアレンジしてみました(・∀・)

  ※おっさんが歌ってます
  

びよんびよんのシンセベースに跳ねるリズム。
Pa900に内蔵されているUrban Funkというスタイルです。

スタイル選びはすんなり決まりました。
原曲はスローな16ビートですが、そのメロディに
レゲエやファンクのような後ノリの匂いを感じたからです。
カラオケで歌う時もそんな癖が付いてます(^^;)
もっと煮詰めるとラップになるかもですw

バックトラックは鍵盤を一切弾いてません(・∀・)
イントロ・エンディングはプリセットそのままです。(コード進行も)
手弾きなら左手でCを押さえるだけの簡単なお仕事ですよ。
あと間奏のシンセリードはエンディングを手弾きトラックへコピペしただけ(^^;)
手弾き、もとい手抜きにもほどがありますね。制作時間は半日です。

今回初めて挑戦したポイントは2つ。

まず前回見つけた「可変拍子を打ち込む方法」を実践したことです。
サビの直前に2/4拍子が挟まってますね。
この技を見つけたことで、ようやくこの曲を弾けるようになりました。

2/4拍子の小節はFill inではなくBreakを使ってます。
可変拍子は拍子の変化自体が明確なアクセントなので
ドラムの手数が多いフィルインよりも、ぽーんと鳴るだけのシンプルなフレーズが引き立ちますよ。

そしてもうひとつのポイントは、Pa900内蔵のボーカルエフェクトの本格導入(・∀・)
私の怪電波ボーカルの後ろでハモってる女声コーラスがそれですよ。
築58年の家(近日リフォーム後引越し予定)で録ったボーカルトラックを
Pa900のLINE INへ突っ込んで最大3声のパートを生成し、GarageBandでミックスしました。

最初は嬉し紛れに音量を上げがちですが、あくまでも隠し味に留めるのがコツのようですね。
ほぼ初めて使ったにもかかわらず、いろいろ思うところがあったので
今後も折に触れて紹介していきたいと思います。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

前倒しで後ノリ。 | 2017/05/06(土) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆今井美樹 ◇歌ってみた