プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
クリップボード。
2019/02/24(日) KORG Pa900
先週は実質お休み失礼しました。

インフルエンザA型に罹りましたw
熱はピークで38℃と大したことはなく、日曜にはほぼ平常運転に戻ったのですが
じゃあ音楽制作に専念できるかと言われると、それはまた別(^^;)
やっぱり心身ともに健康でないと難しいのであります。

さて今回は「今まで手薄だった2000年代前半の曲を弾こう(・∀・)」第2弾です。

  【原曲】とまどいながら - 嵐 (2003年)
  
  ※音質悪いです

先ごろ活動休止を発表したの、16年前の曲でございます。
20年も活動してるんですね。そりゃ私もおっさんになるわけだ(^^;)

最近ネタアレンジが多かったので、今回は真面目に(当社比)弾きましたよ。

  おっさんが弾いてます
  

ネットから拾った「Dance To Rhythm」というファンク系のスタイルを使いました。
例によってメロディー以外はPa900の自動演奏です。

間奏(4小節)にはプリセットのイントロをそのまま使ったんですが…

  20190224_1.png

このイントロ、1小節のカウントインが頭に付いた5小節なので
そのままはめると間抜けなサウンドになってしまいます。

  20190224_2.png
  2〜5小節目だけ使いたいのにー。

そこで裏技(という程でもないですが)として…

  20190224_3.png
  曲が終わった後にイントロ5小節を鳴らすよう打ち込んで…

  20190224_4.png
  その2〜5小節目を本来の間奏の位置へコピーして…

  20190224_5.png
  後ろをちょん切って完成(・∀・)

という編集をしました。
Pa900はソングをまたいだシーケンスのコピーができないので
1つのソングの中で、演奏が終わった後の領域をクリップボードのように使いましたw

今回は同じ伴奏スタイルの中での切り貼りでしたが、
エンディングより後ろは別のスタイルに切り替えれば
ヒップホップの伴奏パートを演歌に貼り付けることも可能です(・∀・)

高機能なDAWならこんなインチキ技を繰り出さなくても普通にコピーできるでしょうが
このブログは「いかにPa900単体で完成させるか」もテーマのひとつなので
それに沿った工夫をしてみました。

よろしければみなさんもどうぞ。
他のアレンジャーキーボードでも応用できると思います。

クリップボード。 | 2019/02/24(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆嵐 ◇弾いてみた ◇使いこなし