プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
ひとり文化祭。
2018/10/21(日) KORG Pa900
毎週日曜更新のこのブログ。

当日の午後1時半になっても、どんな曲を弾いてアップするか決まらない(^^;)
午前中からいろんな曲をポロポロ弾いてたんですが。
いいのかそれで?

あー、あの曲にしよう(・∀・)

  20181014_1.jpg
  先週の記事に載せたこの広告。

さっそく弾いてみましたよ。

  翼をください(赤い鳥・1971年)
  
  原曲はこちら

おなじみの曲ですね。
学校の合唱イベントなどで歌った人も多いんじゃないでしょうか。
…今回は文化祭シーズンということで(^^;)

原曲はピアノ4つ打ちバラードのイメージが強いですが
実際に弾いてみたら16ビートのグルーヴを感じました。
そこで選んだのがこの「Windy Beat」という、ネットから拾ったスタイルです。

…と書いてから見つけたオリジナル版はやっぱり16ビートでしたw

  
  ボーカルすごい。

演奏は例によってほぼ自動伴奏で、メロディーと間奏のギターのみ手弾きです。
原曲とまったく違うイントロ・間奏・エンディングはこのスタイルのプリセットです。
制作時間は4時間。16分音符を食うコードチェンジを編集するのに少し手間取りました。

打ち込みはあまり凝った事をしていませんが
大サビに使ったVariation 4のパターンが派手すぎたので
パーカッションのみVariation 3から被せて少し大人しめにしました。

推測ですがこの曲が教育現場に取り入れられた理由は
「なんか現代的な曲も欲しいよね」というニーズが高まった折、
ラブソングでない事で白羽の矢が立ったのではないかと思いますw
16ビートが4つ打ちバラードに化けたのも教育的指導のなせる技だとにらんでます。

今回はギターサウンド中心のアレンジでしたが
「青春」の雰囲気を醸し出すならピアノ中心でまとめるといろいろ捗ると思います。

よろしければみなさんもどうぞ。

ひとり文化祭。 | 2018/10/21(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆赤い鳥 ◇弾いてみた