プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
小さな割り切り。
2020/01/05(日) KORG Pa900
2020年あけましておめでとうございます。
今年も昨年同様、生暖かいご声援のほどよろしくお願いします。

さて、新年一発目は何を弾こうかな?
前回「クリスマスソングじゃない年末ソングは少ない」と書きましたが
正月ソングはそれ以上に少ないのであります。
「♪年のは〜じめ〜のためし〜とて〜」は去年弾きましたし(^^;)

というわけで正月を離れて冬っぽいものを。

  「小さな旅」テーマ曲 - 大野雄二 (1983年)
  
  多少酒が回ったおっさんが弾いてます

名曲ですねー。
聴くだけで何かがこみ上げてくる曲ですが、弾くとなおさら。
NHKの渋い紀行番組というテーマで作曲を依頼された時、大野氏はおそらく
巨匠 富田勲の名曲「新日本紀行」(この曲)が頭にあって
何とかそれに比肩するものを、と気合いを入れて作った凄みを感じさせます。

この曲の何が凄いかというと、
「新日本紀行」が古代の雰囲気を感じさせるのに対して…

  20200105_1.jpg
  こんな感じの。
  「弥生時代の髪型」で検索すると関連ワードになぜかサザエさんがw

「小さな旅」は紛れもなく平成以降の鄙びた町の雰囲気を表現し切っている事です。
コンビニがあってハイブリッドカーが走っていて、でも昔ながらの暮らしも残ってて。
こういう曲を聴くと「俺は生まれ変わっても作曲なんて絶対に無理だ」と思わされます。

今回使った伴奏スタイルは「Pop_J5/ko」という
コルグのサイトからダウンロードしたPa600用のスタイルです。
1時間ぐらいで打ち込みして、メロディーの手弾きが2時間弱。ほぼ一発録りです(・∀・)
あまり凝った事はしていません。間奏にプリセットのイントロを持ってきたぐらいです。

ちなみに今回から一部の手弾きパートをPriviaで録ってます。(音源はPa900)
重い鍵盤にもだいぶ慣れ、Pa900で弾く90%ぐらいの出来になりましたよ。
正月休みの間、Pa900で「カラオケ」を鳴らして練習してました。

私はピアノ奏者ではなく「アレンジャーキーボード使い」なので
左手の指5本を自由に動かせる必要はなく、コードを押さえることができれば十分。
なので電子ピアノで練習といっても右手だけ。
左手の練習をするなら、右手でもっと上手くメロディーを表現できるようになりたい。
たぶんこの先アレンジャーキーボード以外のシンセは買わないと思うので
そう割り切ってます。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

小さな割り切り。 | 2020/01/05(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
焦点。
2019/10/14(月) KORG Pa900
週末の東日本を襲った台風19号、ちょっとやばかったです。

雨風がというより、それが過ぎ去った後での川の増水。
上流に降った雨が下流に到達するまでタイムラグがあるのをすっかり忘れてました。
陽が差してきて「さて洗濯でもしようか」と思っていたら
前触れもなく「氾濫の危険あり」とのエリアメール。
え?
とりあえず貴重品を取りまとめ、いつでも避難できる体制をとりましたよ。

結局、避難勧告が出るまでには至らず、テレビで状況をウォッチして終わりました。
そんなこんなで1日遅れの更新です(_o_)

今週は音楽制作に割ける時間が3時間
さて、何を弾こうか。
書き溜めてあったネタカードの中から3時間で作れそうなものを選びました。

  笑点のテーマ (1969年)
  
  2019.10.22
  メロディーの間違いを修正し、バッキングを足したバージョンに差し替えました。

いきなりのネタ曲ですが、3月頃に一度弾こうと思ってスタイル選びまで済ませ、
時々リアルタイム演奏で練習しながら全体の構成を考えてました。
(こういう段階の曲が20曲ぐらいあります)

使ったスタイルはPa900内蔵の「Steely Rock」です。
こういうネタ曲はビシッと作られているスタイルが映えます。
メロディー以外はいつものようにコードシーケンスの打ち込み。
譜割りからミックスまでちょうど3時間で出来上がり(・∀・)
すこし余裕があったので、また別の曲を混ぜてみましたw

2分弱の短い動画ですが、今回のアレンジは
Pa900を買ってからの3年半に学んだ全てが凝縮されてます(・∀・)
演奏が下手なのは相変わらずですが。

私のように「チュートリアル段階」を自認するアレンジャーキーボード使いの方は
なるべく短い曲を題材にして最後まで作り上げると得るものが大きいと思います。
長大な時間をかけて大好きな曲に取り組むのもひとつの行き方だとは思いますが
伴奏スタイル選び、音色選び、全体の構成、演奏、そしてミックスという
ひと通りの過程をなぞってみて、完成させる事も大切だなと。
それぞれにポイントがあり、実際にやってみて初めて気づくことがたくさんあります。
難易度の高い曲に挑んで頓挫したら、そこまでの経験しか得られないですからね。
また、出来た演奏を後から聴き返すことで
「ここはいまいちだな、次はこうしてみよう」とかいろんな発見がありますよ。

よろしければみなさんもどうぞ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

焦点。 | 2019/10/14(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
ゴスまる子ちゃん。
2019/06/23(日) KORG Pa900
こんなコピペを見つけましたよ。
87: 風吹けば名無し 2019/04/27(土) 09:08:31.65 ID:UZvfOEM6a.net
音楽学校のガチ勢って吹奏楽の大会出たりするんか?

92: 風吹けば名無し 2019/04/27(土) 09:09:28.14 ID:aHoc063w0.net
>>87
出れないぞ
なるほど、そうなんですね。知りませんでした。
義務教育以外の音楽教育を受けたことのない私には無縁の話ですが(^^;)

というわけで今週も素人の私が
自動伴奏を最大限に駆使してこんな曲を弾いてみました。

  おっさんが弾いてます
  
  原曲はこちら

ゴスペル風アレンジでございますw
Pa900内蔵の「Gospel Shuffle」という伴奏スタイルを使いました。
この曲、シャッフル系が妙に合います。
スタイル名検索機能でshuffleと打ち込んで表示された一覧を
片っ端から試した結果、たどり着いたのがこのスタイルでした。

演奏はメロディー以外すべてPa900の自動演奏です。
打ち込み1時間、手弾きの練習に半日強(^^;)
ハネモノは難しいですねー。
鍵盤を押すタイミングもさることながら、
「離す」タイミングがポイントだと頭では解ってるんですが。

このスタイルの特徴は、凝りまくりのイントロとエンディング。
イントロ、エンディングとも20小節ありますw
エンディングには歓声まで入ってる凝りよう。
今回の演奏では
・イントロ   ← エンディングの 先頭8小節
・間奏     ← イントロの   5〜20小節
・エンディング ← エンディングの 全部
という使い方をしています。
イントロとエンディングに同じフレーズを使ったので
変化をつけるためイントロでは一部のパートを削ってます。

メロディーの手弾きは下手すぎて気になるところだらけですが
昨日初めて弾いた曲なので(^^;)
Aメロの頭、同じ音程を3連のリズムで連打するところが一番難しかったです。
何度も練習する集中力を持続させるために、Priviaで弾いてみたりして。

  20190505_2p.jpg
  カシオ Privia PX-350M

今回初めてPriviaとPa900をMIDIでつないでみました。
鍵盤が重いと弾きにくいかと思いきや、跳ね返ってくる鍵盤の感触を感じながら弾くと
打鍵のタイミングをつかみやすかったです(・∀・)
(最終的にはPa900で弾いて録りましたが)
これから徐々に入力用キーボードとして活躍していく予定です。

さて、来週は何を弾こうかな?
2回連続でアニメの曲だったので、ちょっと趣向を変えようかと。

  20190623_1.jpg
  ネタ帳、というかスタイル選びのメモ。

まだ形になってないのがこれだけありますよ。
この中から手探りで1枚引き当てたものを弾こうと思います。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

ゴスまる子ちゃん。 | 2019/06/23(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
もしドラ。
2019/06/09(日) KORG Pa900
という本がありましたねー。
もう10年も前になりますが。

みなさまは稀代のメロディーメーカー、バート・バカラックをご存じでしょうか。

  
  有名どころを2曲。

「聴いたことがあるけど、タイトルわからん」
という曲が他にも山ほどありますよ。
代表曲をぐぐっても聴ききれないぐらいに。

今回はバート・バカラックにドラえもんを混ぜてみましたw
もしバカラックがドラえもんのうたを作曲したら。

  おっさんが弾いてます
  

ふざけるにもほどがありますね(^^;)
Pa900内蔵の伴奏スタイルで一番合うと思ったのがこれでした。

バカラックの曲は個人的に「雨上がり」っぽいイメージがあって
ちょうど梅雨入りした今の時期にいいかなと思って弾いてみました。

この曲、簡単なようで結構難しいです。
音程があちこち飛ぶし、リズムは跳ねてるし。
これをクォンタイズなしで弾けたら大抵の曲は弾けるんじゃないかと思いました。
というか今までアップした曲の中で一番難しかったです。

よろしければみなさんもどうぞw

◆今日のめっけもん

  20190609_1a.jpg
  キーボード用のスピーカーをお探しの方、
  こんなホームシアター用スピーカーはいかがでしょうか?
  音量はパワフルだし、何よりキーボードの側に置く形としてベスト。
  家庭用のほか、ライブの自分用モニターにもいいんじゃないでしょうか。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

もしドラ。 | 2019/06/09(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (3)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
補欠合格。
2019/03/03(日) KORG Pa900
1月に買ったiMac。

  20190303_1.jpg

内蔵スピーカーのボリュームを下げていくと、音像が徐々に左に偏ることが発覚。
今までオーディオI/F経由で外付けスピーカーを鳴らしてたので発見が遅れました。
あーこれはパワーアンプの不良ですね。ヘッドホン端子からの出力は正常です。

Appleのサポートに電話したら、二つ返事でピック&デリバリーしてくれましたよ。
PA機材のフライトケースのような立派な通函を持ってきて、あっという間に梱包。
わがiMacはヤマトの乗組員とともに厚木へ旅立ちました。(戻ってくるのは1週間後)

というわけで今週はこの曲ですw

  【原曲】宇宙戦艦ヤマト (1974年)
  
  オープニングで砲身がむくむくっと持ち上がるところが何かいやらしいんですが(^^;)

ささきいさおが渾身の力を込めて歌う名曲ですね。
今聞くと物凄いテンションにおののきます(^^;)

で、こんなふうにアレンジしてみました。

  オロナミンCを飲んでるおっさんが弾いてます 
  

ネットで拾った「Ambient Groove」という自動伴奏スタイルを使いました。
メロディーの他、イントロやオブリガートに多少手弾きを入れてます。
エンディングにミュートトランペットで適当なフレーズを入れたら
そこだけスクリッティ・ポリッティぽくなりました(^^;)
ちなみにコード進行は原曲から少し変えました。制作時間は5時間ぐらいです。

スタイルの名前の通りオサレなアンビエント風を意識したつもりでしたが
悲壮感たっぷりの勇ましい曲をゆるくアレンジすると、妙な哀愁が漂うんですね(^^;)
カッチョイイ地球防衛軍が基地から宇宙戦艦を発進!させるというよりは
タワマンと赤提灯が混在する新橋あたりの敷き鉄板の下から
ゴゴゴゴ…と出てきそうな雰囲気ですw
なので背景画もそれっぽいのを拾ってきました。
地球防衛軍のビル?を見上げながら「あー俺もあそこに居たはずなのに」と
子供の頃の夢を思い出しつつ一杯引っかけてるおっさんを想像していただければ(^^;)

さて今回のアレンジ、いろんな伴奏スタイルを試した結果、候補が3つに絞られました。
最終的に選んだのは動画のスタイルですが、残りの2つもちゃんと活用してますよ。
エレピと2コーラス目に登場する切れ味鋭いブラスがそれです。
手弾きトラックにコピーして伴奏パートを厚くしました。言わば補欠合格ですね。
ゆるすぎるバッキングを少し引き締める効果が出ました。

こんなふうに、似たようなスタイルがいくつか候補に上がり
「んー、どれも捨てがたいな」と迷ったら、ためしに混ぜてみるのも楽しいですよ。
元の伴奏と被るようなら、試聴して要らない方を消せばいいんです(・∀・)
音を足したいと思ってから改めて別のスタイルを探すより、
ノミネートに残った中から選ぶ方が、リズム感が合うものを見つけやすいです。

この手法はPa900に限らず、ローランドでもカシオでも使えると思います。
もちろんヤマトでも。もといヤマハでも。
よろしければみなさんもどうぞ。

◆当ブログおすすめ番組

  

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

補欠合格。 | 2019/03/03(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (11)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた ◇使いこなし
旧い記事