プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 12  (2)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
無頼庵風味。
2019/05/26(日) KORG Pa900
先日、こんなニュースがありましたね。

なぜ?AKBのCDが郵便受けに
「気持ちが悪い」住民の声も 路上にも、“拾得物”の届け出相次ぐ

人気アイドルのAKBグループのシングルCDが、福岡市早良区の路上に落ちていたり、団地や民家の郵便受けに入っていたりし、“拾得物”として早良署に届けられる事案が相次いでいる。署によると、11~15日、AKB48とHKT48の計14枚が届けられた。西日本新聞の取材で、他にHKT48の5枚が見つかった。届け出た人は「心当たりはない」と口をそろえ、署幹部も「今まで聞いたことがない現象。目的も全く分からない」と不審がる。(後略)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/510737/

  20190526_1a.jpg
  そのうちプラごみ問題にも取り上げられるんじゃないかと…

買ってしまったら仕方ないとはいえ、握手券を抜いた後の処分に困ったら
玄関先に置いて持って行ってもらう方法を考えてみてはどうでしょうか。
野菜の無人販売所みたいに。

同じCDばかり山のように積んでおいたらいかにも価値がなさそうに見えるでしょうから
たくさん種類を揃えて(ファンなら持っているでしょう)、各3枚ぐらいに留めるんです。
そして1枚でも減ったらすかさず補充すると。コンビニみたいにw
「おひとり様1枚限り」とでも書き添えておけば
まるで持っていかないと損するように思う人もいるんじゃないでしょうか。
そのうち「新曲が出たらあそこの家から貰える」という事が認知されれば
ご近所さんもにっこりです。

元手がタダで(タダではないですが)
「いかに価値を高めるか」という社会勉強をするいい機会だと思いますよ。
かくいう私は1枚108円で買ってますが(^^;)

さて。
今週は予告の通り、AKB48にブライアン・アダムスを混ぜてみました。

  【原曲】AKB48 - ジワるDays (2019年)
  
  「♪僕たちの別れの春が〜」の「はるが〜」のところを
  べらんめえ口調で歌ってる人が一人いますねぇw

誰が聞いてもAKBだと分かる王道アレンジですね。
この曲をPa900で弾いてみたら、ぱっと思いついたのがこの曲でした。

  Bryan Adams - Summer of 69 (1984年)
  

というわけで、108円のCDからボーカルを抽出して
ネットから拾ったブライアン風の伴奏スタイルで弾いてみました。

  おっさんが弾いてます
  

イントロにちょろっとオルガンで手弾きを入れた以外は
ほぼPa900の自動演奏です。3時間ぐらいで作りました。
メロディーを弾かないのに3時間もかかったのは
ひとえに173bpmというテンポのなせる技です。5分弱の曲で200小節以上w

  20190526_3.jpg
  「譜面」はいつもの倍の密度で書きましたw

そうそう、ここを読んでいる人にはわりとどうでもいい話ですが、
モニタースピーカーを替えたらミックスがやりやすくなりました(・∀・)

  20190512_5m.jpg

ボーカルリップした音声は機械的に合成したものなので
単体で聞くとすごく歪んだ音なんですね。
伴奏と混ぜた後で耳障りな帯域をGarageBand付属の31バンドEQで調整するんですが
どの帯域を上げ下げすればより自然な感じになるかの判断がしやすくなりました。

ミックスの際、スピーカーが一組しかなかったり
音量を上げるにも限界がある環境だったら
わざと音量を下げたり、ちょっと離れた場所で聴いてみるなど
いろんな状況で仕上がりを確認しておくと
後から聴いて「あれっ」と思う事がなくていいですよ。
私は掃除機をかけながらヘッドホンで聴いたりしてますw

よろしければお試しあれ。

◆今日の工作員

  20190526_4.jpg
  キーボードの「上覆い」を作りました。目的は猫対策w
  やつは窓辺で外を見るのが殊の外好きで、
  窓際にキーボードを置くと鍵盤を踏んで行くのでその防護策です。
  やっつけで作ったので凝った機構はなく、弾く時は持ち上げて撤去しますw

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

無頼庵風味。 | 2019/05/26(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (4)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ
やればできる子。
2018/12/02(日) KORG Pa900
俺氏、ダンパーペダルを紛失する。

  20180916_6.jpg

家のどこかにあるはずですが、見つかりません(´・ω・`)
おっかしいなー。「異邦人」を歌った時に手に持って操作したので
その時まであったのは確かなんですが。

さて。
今週はAKBボーカルリップシリーズ、第3弾です。
この曲をカバーしてみました。

  【原曲】しあわせを分けなさい - AKB48 (2016年)
  

絵に描いたような結婚式ソングですね(^^;)
曲単体で聴くと結婚式というよりクリスマスソングぽいアレンジになってますw

「じゃあ、もっと徹底してクリスマスにしたらどうなるかな?」というのが
今回のテーマでございます。12月ですし。

というわけで、こういうアレンジに。

  飲み会で風邪をもらってきたおっさんが弾いてます
  

「どこかで聞いたことのあるような伴奏だな」と気づいた方は鋭いです(・∀・)
Chris Reaの"Driving Home For Christmas"という曲をまんまスタイル化した
「Driving Xmas」という野良スタイルを使ってます。
よく出来てます、これ。

  スタイルの「原曲」
  
  年末年始、実家に帰省する時の車窓の光景がまんまこれですw

制作時間はほぼ1日。
ほとんどが自動演奏で、手弾きはイントロのビブラフォンだけですw
間奏に入ってくるいい感じのピアノソロはプリセットのイントロそのまま。
エンディングもプリセット。左手でAを押さえるだけの簡単なお仕事です。

本当はイントロをピアノ音色で弾きたかったのですが
ダンパーペダルが見当たらないのでビブラフォンにしました(^^;)
これはこれで良かったかも。

今回も演奏で横着した代わりに、コード進行を原曲とは少し変えてみました。
原曲は「え、これでいいのか?」と思うぐらい単純なコード進行なので
ちょっと大人っぽくjazzyなコードを散りばめてみました。
オブリガートで入ってくるストリングスのラインをうまく乗せるために
1拍単位でコードを変えるなんて細かいこともやってます(^^;)

バックコーラスは原曲のCDに入ってるものがボーカルと一緒に付いてくるので
そっちのコードは変えられませんが、単純なコードなのが幸いして
伴奏だけadd9やdim7に変えても、それなりにまとまりました。

ちなみに、もし原曲のMVの冒頭にAKBお約束の小芝居が入っていたら
間奏のピアノソロにそのセリフを被せるのも面白そうだなと思いましたが
残念ながらこのMVは小芝居なし…

こんなふうに、コード進行にしても全体の構成にしても
弾きながらどんどんアイディアが湧いてきて、楽しみながら作りました(・∀・)
DAWや普通のシンセだったら、素人の私にここまで思いつけたかどうか
かなり怪しいです(^^;)

最後に余談ですが、
クリスマスの時期に披露宴をぶつけるのは極力避けましょうw
私も食らったことがありますが、ただでさえ忙しい年末の時期、
クリスマスの連休は潰れるは移動手段は混んでるわ、雪国では天気が悪いわで。
予定日から逆算するとこの時期が最後のチャンスという大人の事情もあるでしょうが
ぶっちゃけ友達なくしますw
今回の曲は今年のクリスマスにそういう招待状攻撃を食らったすべての人に捧げます(_o_)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

やればできる子。 | 2018/12/02(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ
結実。
2018/11/25(日) KORG Pa900
いきなりですが、私は年上の人としか付き合ったことがありません。

筋金入りの年上好きなんであります。
妻は8つ上。成人した時に俺まだ小学生かよ!って考えると感慨深いですね(^^;)
結婚した当初、周りからよく「ある程度の年齢になると年下が魅力的に見えてくるぞ」と
さんざん言われましたが、今のところその気配はないようです。
というか自分の年齢に応じてストライクゾーンも上がることを知りましたよ。

というわけで今週はこの曲(・∀・)

  原曲 上からマリコ - AKB48 (2011年)
  
  曲は3:42から始まります

篠田麻里子がじゃんけんに勝って歌った曲ですね。
首尾よくセンターを取って渡された曲がこれって
「年上、年上って30代(今は)ディスってんのか」と聞こえてきそうですが
こういう身も蓋もない歌を商業ベースに乗せてしまうところは秋元康の本領発揮ですね。

原曲は初期のAKBらしく、ドラムが「ダス!ダス!ダス!ダス!」と畳み掛ける
四つ打ちのビートですが、そこをちょっと崩してみようと思いました。

というわけでこういうアレンジに。

  冷え性のおっさんが弾いてます
  

1980年の映画「ブルース・ブラザース」に登場する、レイ・チャールズの
「Shake Your Tail Feather」という曲を完コピしたスタイルを使いました。

  スタイルの「原曲」
  

このスタイルはPa900内蔵ではありませんが
KORG USAのサイトからダウンロードできます。(詳細はこちら)
野良スタイルの中で群を抜いて出来が良く、Paユーザーが作ったスタイルが
KORG公式に採り上げられたという経緯。
AKB48の人海戦術ボーカルに対抗できる分厚いサウンドが特徴です。
これバッキングは8トラックですよ。人数感すごい。
AKBのアレンジはアコースティックも面白いですが、
ステージの正面とバックに同じぐらい人がいる感じのスタイルがはまります。

そのスタイルをおいしくいただき、いつものようにほぼ自動伴奏で作りました。
制作時間はだいたい1日。

この曲は間奏が2回あるのですが、1回目はプリセットのエンディングをそのまま流用。
「2回目どうしようかなあ」と少し悩みました。
同じフレーズでは興ざめだし原曲のソロを採譜するのめんどい
原曲のコード進行はこのスタイルに合いません。

そこで思いついたのが他の曲を混ぜてしまう作戦です。
こういう順次進行の曲は山ほどあり、「G線上のアリア」でも「雪の華」でも良いのですが
やっぱりAKBの曲だろうと思い、以前弾いた曲を2つ引っぱってきました。
途中に出てくるオルガンのソロがそれです。下手ですが。

オルガンの音、初期設定のエフェクトのまま弾いてみたら妙にHi-Fiで
長年使い込んだ楽器で構成されたバンドに1人だけ新品を買ってきたみたいに浮いたので
EQでハイとローを削り、音響のあまり良くないステージで弾いている感を出すために
ディレイを少し掛けました。
結果、ボーカルと一瞬かぶる箇所も聞こえやすくなりました(・∀・)

素人の私は、音だけでイメージを創るのはとても難しいのですが
映像などの助けを借りながら「こういうイメージにしたい」というのがはっきりすると
ゴールが近くなりますね。

ちなみに言い古されたネタだとは思いますが
「上からマ○コ」と一部伏せ字にすると別の世界が広がるので気をつけましょうw
そういうの正直好きですが。
歌詞がそのままで意味が通ってしまうのがまたなんとも(^^;)

ともあれ、その場のひらめきで原曲からどんどん離れていくのが
アレンジャーキーボードの面白いところです。
今朝Pa900の電源を入れるまで、こんな形になるとはまったく想像してませんでした(・∀・)
背の高い年上のお姉さん好き、そしてブルース好きがこんなふうに結実するとは。

今回のボーカルリップシリーズはあと1曲控えていますが
果たしてモノになるかどうか、当日まで皆目見当がつきません(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

結実。 | 2018/11/25(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ
ボブ風味。
2018/11/18(日) KORG Pa900
俺氏、AKBの中古CDを値段も見ずに買う。

  20181118_1.jpg
  センターにいるべき人だけ写っていない異例のジャケット。

「どうせ1枚108円だろう」と思ったらやっぱりその通りで、
傷ひとつないCDが3枚で324円でした。
今までボーカルリップ用として10枚買いましたが、それでも1080円w
純粋に音源が欲しい私としては願ったり叶ったりです。
ファンの皆様には足を向けて寝られないのであります。

というわけで今週はこの曲(・∀・)

  【原曲】センチメンタルトレイン - AKB48 (2018年)
  
  曲は2:13から始まります

現職メンバーの中で一番好きなのが松井珠理奈である私にとっては
少し残念なMVですが、ある意味貴重かも(^^;)

  20181118_2a.jpg
  本編に絵コンテが登場するMVはめったに見れない?

で、Pa900の自動伴奏でこんなアレンジに(・∀・)

  猫を膝の上に乗せたおっさんが弾いてます
  

今日朝イチでCDを買ってきて、15分で譜割りして2時間で打ち込み。
今回は鍵盤を全く弾いてません(・∀・) すべて自動演奏ですよ。
間奏にはプリセットのイントロを、エンディングも同じく
プリセットのエンディングを使ってます。

使ったスタイルは「Bob Generation」という、ネットから拾ったスタイルです。
先ごろ名誉ある賞を受賞した、あのボブですね。

  20181118_3.jpg
  写真と本文は関係ありません

彼の歌をほとんど聞いたことのない私でも
間奏とエンディングは「あーそれっぽいな」と思いますよ。
(詳しい方、どの曲がモチーフなのか教えてください。多すぎて探せませんでした。)

アコースティックぽいアレンジにしたいなと選んでいたら、このスタイルに行き着きました。
どことなく原曲のノリにも近いですね。ドラム音色がハウス系なだけで少し今風になります。

こういう世代を超えたコラボをお手軽に実現できるのが
アレンジャーキーボードの地味に面白いところです。
Pa900は海外産だけあって、間違っても米津玄師の最新曲などは入ってませんが
その代わり、時代を超えて愛されている定番の伴奏パターンがたくさん入ってます。

ちなみにこの曲、2拍目やその裏から始まるキメの部分が何ヶ所かありますが
プリセットのブレークでは対応できませんでした。

Pa900は例えば2拍目でブレークボタンを押すと、ブレークの2拍目から鳴ります
ブレークは小節の頭で「ジャン!」と鳴るスタイルがほとんどなので
小節の途中で押すとまぬけな演奏になってしまいます。

小節の終わりに向けて「たかたかとことん」と畳み掛けるフィルインならそれでOKですが、
ブレークだけは押した瞬間に必ず頭から鳴る設定もできるよう
次世代機で機能アップしてほしいですねー。

ともあれ、今日買ってきたCDはあと2枚あるので
近いうちにまたボーカルリップやります。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

ボブ風味。 | 2018/11/18(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ
ゆとり世代。
2018/09/30(日) KORG Pa900
「毎週日曜更新」とうたってるこの零細ブログ。

  20180930_1.png

アクセスが日曜に集中し、まるで山形のタワマンのようです(^^;)

  20180930_2.jpg
  有名なアレ。

でも更新サイクルを固定するとこういう統計が得られるので
「ああ、ボットではなく人間のみなさまが見てくださってるんだな」と分かりますよ。

さて。

今週は久々のAKBボーカルリップです(・∀・)
この曲を弾いてみました。

  原曲
  
  懐かしい面々が…

4つ打ちの8ビートでテンポは158bpm。
勢いで突き進む初期のAKBらしい曲ですね。
このぐらい速いと、Pa900の自動伴奏を被せようとしても、合うスタイルは限られます。
ファンクはもちろん、ダンスビートでも速すぎるぐらい。

で、こんなふうにアレンジしてみました。

  

ゆるくなりましたねー(^^;)
私はおっさんなので、これぐらいゆるいほうが体に合うのであります。
シンコペーションの効いたゆるいビートで体を前後に揺らすのが好きです。

今回使った伴奏スタイルはPa900のプリセットではなく
「Beat Kustik RMX」という、ネットから拾ったスタイルです。
どことなくポリス(スティングがいたバンド)ぽいサウンドですね。
名前からすると、旧世代の機種のプリセットを誰かがリミックスして
ネットにアップしたもののようです。

こういう野良スタイルは、内蔵されていないジャンルのアレンジを
手軽に得られるのがメリットですが、音が薄い傾向にあります。
AKBのボーカルトラックには分厚いバックコーラスがもれなく付いてくるので
それに負けない人数感が欲しいところ。

そこで今回は別のスタイルのパートを加えてみました。
ベースとドラムス以外の全パートを手弾きトラックにごっそり貼り付け、
元のスタイルと音がぶつかったり、不要と思われる箇所を
バッサバッサと削除してく作戦です。
アレンジは引き算で作る」と以前書いた手法です。
素人の私は「音を足したい」と思っても、気の利いたフレーズなんか浮かばない(^^;)
それなら盛るだけ盛ってから、いらない音を消していく方がずっと早いんです。
削除は一瞬だしUndoもできるし。
結果、足した音の80%を消すという暴挙に出ましたw
ここまで潔く消せるのは打ち込みに時間を掛けてないからです。
時間を掛けて作ったものなら消すのも惜しいでしょう。

話は変わりますが、ボーカルの音量調整って難しいですね。
小さすぎるとバックに埋もれるし、大きすぎると聴き疲れしてしまいます。
どのぐらいが適当なのか、ミックスする時いつも迷います。

そこで参考にしているのが、以前ご紹介したこちらのサイト
「ボーカルの音量は聴感上、スネアと同じぐらいが目安」と書いてありますよ。
これを実践してから違和感の少ないミックスが出来るようになりました。

あと、ミックスした結果のチェックとして私が実践しているのは
「なるべく複数のオーディオシステムで聴いてみる」という事ですが、
どうしても単一のシステムでチェックせざるを得ないときは
いろんな音量で聴いてみるといいですよ。
音量を上げるとすべての音がはっきり聴こえてしまうので
絞り気味にした時に主要なパートが埋もれてないかのチェックも不可欠だなと
最近気がつきました。
良いミックスは再生装置や音量を選ばないそうですよ。

オケの制作にあまり時間を取られなければ(今回は半日強で完成)
こんなふうにミックスの習得が捗るのであります。

よろしければみなさんもどうぞ。

ゆとり世代。 | 2018/09/30(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (3)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ ◇使いこなし
旧い記事