プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
婦唱夫随。
2019/11/04(月) KORG Pa900
令和元年最後の振替休日、いかがお過ごしでしょうか。

先日アップした「私がオバさんになっても」の演奏動画に
イタリア人からコメントをもらいましたよ。

「この曲にヒントを得たのかい?」

  September - Earth, Wind And Fire (1978年)
  

うはwww 出だしが似てるw
聴いたことのある曲ですがその発想はなかったw
音楽はまだまだ奥深いようです。

さて。
今週はこの曲を弾いてみました。

  【原曲】守ってあげたい - 松任谷由実 (1981年) ※ショートバージョン
  

YouTubeでコメントを下さったhiro takaさんが弾いていたので
私もチャレンジしてみました(・∀・)

  半纏を着てオロナミンCを飲んでるおっさんが弾いてます
  

演奏は、Pa900のコードシーケンス打ち込みに手弾きで4パート足してます。
原曲をろくすっぽ聴かず適当に弾いたので、違うところがあるかもです。

  20191104_1.jpg
  いつもの「譜面」です。

制作時間は打ち込みに1時間半、手弾きの録りに2時間半…なーんて書くと
パパッと作ったように思えますが、今回は伴奏スタイルの選択に迷いました(^^;)
あれもいいな、これも捨てがたいなって感じで、丸1日費やしてます。
スタイルの選択はいつも慎重になります。ここで間違えると最初からやり直しになるので。
過去何度かそれで定期更新できなかった事があります。

原曲はシンプルな8ビートなので、ちょっとひねってみようと思いました。
その結果選んだのがPa900内蔵の「Modern Ballad 2」というスタイルです。
「音たくさん鳴ってるぞ」系のスタイルで、全員がスタメンフル出場状態だったので
かなり音を削ってます。(特に前半)
削りすぎて、最初は静かなのに後半むちゃくちゃ盛り上がるアレンジになりました(^^;)

ところで、手弾きの練習を始めて1年経ちました。
それまでは手弾きといってもクォンタイズをバリバリかけて
原型をとどめていなかったのですが、奇しくも去年の今日
暴れん坊将軍」を弾いた時に「手弾き面白れえー」と目覚めました。
まだまだリズムが崩れてる箇所があちこちにありますが、
ようやくクォンタイズなしでそれなりに弾けるようになりました(・∀・)

最近分かってきたのはリズムには谷があるという事。

たとえば「むすんでひらいて」という童謡がありますよね。
これを四つ打ちのダンスビートに乗せれば、4拍の頭がリズムの「山」ですが

  ♪むーすうんで ひーら

という箇所がリズムのになるんですね。

その「谷」がどこにあるかを見つけ、メロディーをそこに嵌められるようになるのが
練習して体で覚える事のひとつだと思いました。

出来上がった演奏が下手なのは相変わらずですが
そのへんが見えてくると楽しく弾けるようになりますよ。

ちなみに記事タイトルの「随」は
松任谷正隆の曲を一部混ぜてみたからですw
唐突にサックスが登場するのはアレンジとしてどうかと思いますが
奥方のステージにゲストで呼ばれ、そこだけ演奏したシーンを想定してみました(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

婦唱夫随。 | 2019/11/04(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆松任谷由実 ◇弾いてみた
ダイバーシティ。
2019/10/27(日) KORG Pa900
夜めっきり寒くなってきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

私は早々とクリスマスネタの仕込みに取り掛かりましたよ。
去年は仕込みが当日で準備不足の感があったので、今年は今頃からやっておきたいなと。
そしたら1時間で曲とアレンジが決まってしまいました(^^;)
あーこれは一所懸命練習しろって事ですね。

そんなわけで時間が余った今週は、こんなお遊びを。

  おっさんが弾いてます
  

音楽的には結構まじめに作ったつもりですが
替え歌のせいで全部台無し(^^;)
こんなものに5時間もかけた週末は、充実したといえるかどうか微妙です。

タイトルの「ダイバーシティ」は
こんなのも作るよ、という本来の意味と、台無しと
さらに動画にも出てくるお台場をかけてみました。

ではまた来週。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

ダイバーシティ。 | 2019/10/27(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆沢田研二 ◇弾いてみた
丸投げ。
2019/10/20(日) KORG Pa900
最初にお断りしておきますが、今回の動画は未完成(というかカラオケまで)な上に
古い曲、しかも99%の人が「知らねぇよ」と思う曲ですw

  Pay Day - EPO (1983年)
  
  二日酔いのおっさんが弾いてます。原曲はこちらで聴けます。

えー、誰か歌ってください(^^;)
って無茶ぶりにもほどがありますが。

以前から弾こう、というか歌おうと思ってた曲ですが
なかなか上手く歌えない。
じゃあ、誰かに歌ってもらおうとw

女性でも男性でも、機械の声でもインストでも。気長に待ちます。
もし誰も現れなかったら私の怪電波ボーカルをおみまいします。

この曲に限らず、今までアップした曲でカラオケ版が欲しいという方がいましたら
歌やメロディーを抜いたものを再アップしますのでお申し付けください(_o_)
「キーを変えて」というリクエストにも対応しますよ。
原作者の権利を侵害しない範囲での二次利用、大歓迎です。
自分の演奏に他の人の手が加わったらどうなるのかすごく興味あります(・∀・)
※1曲だけ消してしまったのがありますので(夕陽1/3)、その曲以外ならどれでも。

歌詞付きの動画を久しぶりに作りましたが
テロップを切り替えるタイミングって難しいですね。

歌番組のように「聴きながら歌詞を見る」目的なら音声と同時でOKですが、
カラオケのように「見ながら歌う」目的だと、少し早める必要があります。
どれぐらい早めるかは表示する歌詞の長さに合わせたり
英語の歌詞なら早めに出すなど、地味に工夫が必要です。

ふだん何気なく楽しんでるカラオケにも、制作側には苦労があるんだなと
今回知りましたよ。

カラオケといえば、先日半年ぶりぐらいに行きました(・∀・)
その間、Pa900で演奏の練習は毎週やってました。
それで何が変わったかというと、今までは「歌詞が速いなー」と思ってた曲が
「あれっ」と思うぐらいゆっくりに聞こえるようになりましたよ。
AKBとかけやき坂とか。同音連打でやたら速いフレーズがありますよね。
ああいうのがさほど速く感じなくなったんです。

歌と演奏は相互に影響しているようです。
よろしければみなさんもどうぞ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります (^^)

丸投げ。 | 2019/10/20(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆EPO ◇歌ってください
焦点。
2019/10/14(月) KORG Pa900
週末の東日本を襲った台風19号、ちょっとやばかったです。

雨風がというより、それが過ぎ去った後での川の増水。
上流に降った雨が下流に到達するまでタイムラグがあるのをすっかり忘れてました。
陽が差してきて「さて洗濯でもしようか」と思っていたら
前触れもなく「氾濫の危険あり」とのエリアメール。
え?
とりあえず貴重品を取りまとめ、いつでも避難できる体制をとりましたよ。

結局、避難勧告が出るまでには至らず、テレビで状況をウォッチして終わりました。
そんなこんなで1日遅れの更新です(_o_)

今週は音楽制作に割ける時間が3時間
さて、何を弾こうか。
書き溜めてあったネタカードの中から3時間で作れそうなものを選びました。

  笑点のテーマ (1969年)
  
  2019.10.22
  メロディーの間違いを修正し、バッキングを足したバージョンに差し替えました。

いきなりのネタ曲ですが、3月頃に一度弾こうと思ってスタイル選びまで済ませ、
時々リアルタイム演奏で練習しながら全体の構成を考えてました。
(こういう段階の曲が20曲ぐらいあります)

使ったスタイルはPa900内蔵の「Steely Rock」です。
こういうネタ曲はビシッと作られているスタイルが映えます。
メロディー以外はいつものようにコードシーケンスの打ち込み。
譜割りからミックスまでちょうど3時間で出来上がり(・∀・)
すこし余裕があったので、また別の曲を混ぜてみましたw

2分弱の短い動画ですが、今回のアレンジは
Pa900を買ってからの3年半に学んだ全てが凝縮されてます(・∀・)
演奏が下手なのは相変わらずですが。

私のように「チュートリアル段階」を自認するアレンジャーキーボード使いの方は
なるべく短い曲を題材にして最後まで作り上げると得るものが大きいと思います。
長大な時間をかけて大好きな曲に取り組むのもひとつの行き方だとは思いますが
伴奏スタイル選び、音色選び、全体の構成、演奏、そしてミックスという
ひと通りの過程をなぞってみて、完成させる事も大切だなと。
それぞれにポイントがあり、実際にやってみて初めて気づくことがたくさんあります。
難易度の高い曲に挑んで頓挫したら、そこまでの経験しか得られないですからね。
また、出来た演奏を後から聴き返すことで
「ここはいまいちだな、次はこうしてみよう」とかいろんな発見がありますよ。

よろしければみなさんもどうぞ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

焦点。 | 2019/10/14(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
自画持参。
2019/10/06(日) KORG Pa900
今日は諸事情あって時間帯早めの更新です。

フォーンプラグの購入者レビューにこんなのが。
20191006_1.jpg カリがひっかかる
差した状態で、他人に抜いてみてと試させたら、多分大部分の人がトライしてみて抜けないから、ロック機構か何かあるんですかと聞くと思います。いいから思いっきり抜いてみてと言ったら、抜けるでしょう。
簡潔にして絶妙なタイトルですねw
コンタクトレンズの保存液をレンズのタレと表現した人に通じるものを感じます。

さて。
今週はこの曲を弾きました(・∀・)

  【原曲】海を見ていた午後 - 荒井由実 (1974年) ※ショートバージョン
  

またまた近所の人からもぎ取ったリクエストであります。何やってんだ俺。

ふむふむ、原曲は1974年ね…とWikipediaでいつものように確認したら
発売日は昨日(10月5日)だったのを発見。ちょうど45年前ですね。

終始淡々とした雰囲気の曲、どんなアレンジにしようかと悩むこと2ヶ月(・∀・)
リクエストをもらったのは夏でした。
3回ぐらい作り直してようやく完成。

  おっさんが弾いてます
  

演奏はいつものようにコードのステップ入力+メロディー手弾きです。
打ち込みに2時間、手弾きの練習に半日ぐらい。

今回はお遊びで荒井由実の別の曲がいくつか混じってます(・∀・)
さて何が入ってるでしょうか?

今までアップした曲でも時々こんな事してます。
さりげなさ過ぎて、誰も気づかないレベルのもありますが(^^;)
というか誰も気づいてくれないので自分で晒しますよ。

  
  「空も飛べるはず」には一瞬だけ「チェリー」を入れてみたり。

  
  「私がオバさんになっても」のエンディングは「雨」のサビをサックスで。

  
  「上からマリコ」のオルガンソロは「#好きなんだ」と「チャンスの順番」のサビ。

たいていはその場での思いつきです。
バンドスコアを見ながら原曲の通りにひたすら打ち込んでいくのとは違い、
「こんな感じ?」「あ、これもいいかな」「うん、いいかもしんない」って
ゆるい感じで作っていくアレンジャーキーボードは独特のものがあります。
どんな仕上がりになるかは当日まで分からないw

今回の荒井由実祭りはちょっと強引でしたが、
これからもいろんなのを混ぜていきます(・∀・)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

自画持参。 | 2019/10/06(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆荒井由実 ◇弾いてみた
旧い記事