プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
晴読雨耕。
2019/06/30(日) もろもろ
今週は天候の都合で音楽制作はお休みです(_o_)

代わりに、うちの猫が寝ている様子を撮ったのでご覧ください。

  

やつは私の愛用する「偉そうな椅子」の上がお気に入り。
ちょっと席を外すとすぐ占領されます。
隣でPa900を爆音で鳴らしててもお構いなし、半日ぐらい平気で寝てます。

  20190630_1.jpg
  来週はちゃんと弾くからね!

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

晴読雨耕。 | 2019/06/30(日) | 機種:もろもろ | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆猫
耳に壁あり。
2018/10/14(日) もろもろ
こんな広告が表示されましたよ。

  20181014_1.jpg
  ありそうでなかったコピーにわろたw

見た瞬間、頭の中にあの曲が流れてきました。
いい曲ですよね。そのうちやろうかな。
私はやっぱり本田翼が欲しいです。

  20181014_2.jpg
  いや、そっちじゃなくて(^^;)

さて。

今回は音楽制作をお休みして、ちょっと変わった動画を作ってみました。
人によっては耳障りに聞こえるかもしれませんが、どうかご容赦を(_o_)

  DAWで再現する「突発性難聴」の世界
  

実は私、5年ほど前から左耳に突発性難聴を患っております。
音楽ブログでこんな事を書くと佐村河内ばりのハンディキャップアピールかと
誤解されそうですが(^^;)

日常生活にはあまり不便はないのであります。(車の運転にも支障なし)
強いて言えば、賑やかな居酒屋で飲んでる時、左側に座った人の言葉を聞き取れないぐらい。
音としては聞こえてるんですけどね。

不便なのは音楽のミックスダウンをする時です。
左右のバランスが崩れているので、パンの調整がまったくできません。
(左右のステレオ空間のどこに音を定位させるか)
私の耳に合わせて調整したら、めちゃくちゃなミックスになるでしょう(^^;)

Pa900を買おうと思った理由のひとつがこの症状なんです。

それまでは普通のシンセで音楽制作をやっていたんですが
(500円で買ったi5Sは手弾き用のお遊びキーボードとして活用)
キーボード、ギターなど個別に作ったパートを左右に振り分ける時に頓挫しました。
人間の声の基音(〜3kHz)を超える帯域は右からしか聞こえないので(^^;)

でもアレンジャーキーボードの自動伴奏を使えば、各パートの音色や音量はもちろん
左右の振り分けもいい感じに設定されています。
なので「初期設定から変えない」ことでこの問題を回避しましたw

手弾きで加えたパートの振り分けは難しいですね(^^;)
メロディーなら中央に定位させればOKですが、それと絡む合いの手を入れようと思ったら
左右どちらかに振りたくなります。

いつも「このへんの位置、音量でバランスするはず」と数値を見ながら勘でやってますが
もし左右のバランスが崩れている曲があったら、それは音楽センスのなせる技ではなく
耳のせいだと思ってくださいませ(^^;)

ちなみに発症した心当たりはまったくありません。
イヤホンで大きな音を聞き続けると難聴になると云われますが
いつも聞いている音量は、密閉式ヘッドホンをかけていても
話しかけられたら気づくレベルですし。

というわけで、今回は暇ネタでした(_o_)

耳に壁あり。 | 2018/10/14(日) | 機種:もろもろ | コメント (4)
壁に耳なし。
2017/10/22(日) もろもろ
ごぶさたしてます。

引越しは一応終わりましたが、まだまだ片付かない(^^;)
Pa900はまだクローゼットの中でソフトケースに包まれて眠ってます。
運搬中に壊れてないか、動作確認は一応しましたが。

そんなわけで、音楽制作への本格復帰にはもうしばらく掛かりそうです(_o_)
今回は「音」に関連した暇ネタをお届けします。

新居(旧宅より古いですがw)で気がかりだったのは
「どれぐらいでかい音を出しても大丈夫か」です。
いずれボーカル録りも自宅でやろうと思ってるので。

リノベしたとはいえ、元は築59年の木造住宅。
スカスカに漏れまくりだろうと思ってました。
リノベ前は、室内であほみたいな大きな声で電話すると外まで聞こえて
話の内容まで聞き取れるレベルだったんです。

ところがですね、
リノベ後は防音性能が格段に向上(・∀・)!!
特に防音を意識した改造はしてないんですけどね。

  20171022_1.jpg
  もらい物のスピーカー(40年落ち)

この大きなスピーカーを鳴らして、どこまでボリュームを上げたら外まで聴こえるか
試したところ、部屋で聴いて「やかましい」と感じるまで上げても聴こえませんでした(・∀・)
Pa900ならフルボリュームいけますよ。
そこまで大音量にしたら自分の耳が持ちませんが(^^;)

えーなんで?建物の構造体は変わってないのに?

考えられる第一の理由は、
既存の壁の内側に新たな壁を造ったことです。

  20171022_2.jpg
  リノベ中の写真ですよ。

茶色の壁が既存の壁で、その内側に木枠を張り巡らして
ピンク色のタイガーボードを貼ってます。(その上に壁紙を貼って完成)
これらはひとえに断熱性の向上のためです。
当地は雪国なので冬の灯油代が馬鹿になりません(^^;)
熱を遮断することしか考えてませんでしたが、音も遮断されるとは。

出来上がった壁は相当厚くなったようで、
6尺の幅を持つ箇所の内寸が165cmしかありませんw
すべてフローリングなので気づきませんでしたが、標準サイズの畳は入らないかも。

もうひとつの理由はこちら。

  20171022_3.jpg

インナーサッシでございます。
既存のアルミサッシ(汚い外側の窓)はそのまま使い
内側に樹脂製のサッシを付けました。これも断熱のため。
YKK APの「プラマードU」という製品です。
これ自体が二重ガラスなので、あわせて三重のガラスということに。

インナーサッシは何が便利かというと、
外気温との差を利用した室温コントロールができることです。
ちょうど今頃のように、朝晩は寒く昼間は暖かくなる季節は
午前中は内窓を開けて外の暖かさを取り込み、
夕方、気温が下がる前に閉めれば、昼間の暖かさが夜まで続くんです!(・∀・)
単なる高断熱住宅だと、施錠したままで外の暖かさを取り込むことができないですよね。
窓本体の部品と工賃込みで1ヶ所あたり4〜6万円ぐらいですが、その価値は大いにありますよ。
防音性向上というメリットも付いてきますし。

というわけで今回は音楽と関係ない話題になってしまいましたが、
下手くそな歌を思いっきり歌っても近所迷惑にならないことが分ったので
これからガンガン練習していこうと思います(・∀・)

来週は更新できるか、ちょっと微妙です(_o_)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

壁に耳なし。 | 2017/10/22(日) | 機種:もろもろ | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇レビュー
家と音楽と私。
2017/07/03(月) もろもろ
1日遅れの更新です(_o_)

移住の準備が本格化し、音楽制作はしばらくおあずけな今日この頃。
今回は動画なしの暇ネタです。

「古家を魔改造して住めるようにする」というプロジェクトなので
ただの引越より格段に大変なのであります。
車より安い値段で手に入れた一軒家は
前の住人が残していった荷物を処分するところからスタートw
押入から四本足の木目調テレビが出てきたり、もう何が何だか(^^;)

  20170703_1.jpg
  こんな感じの。(拾い画像)

かれこれ半年以上掛かってそれらを片付け、ようやく先月、リフォーム工事が始まりました。
住めるようになるまであと2ヶ月近く掛かる見通しです。

唯一の取り柄は9DKという広大なスペース。
2階の5部屋は用途がまったく決まってませんw
グランドピアノを4台ぐらい置けそうですが、実際に置いたら建物が一瞬で崩壊するでしょう(^^;)
とりあえず茶室を改造してボーカル録りスタジオにする予定です。
あとはPa900の画面の中で完結しますからね。

こんな感じでバタバタしている間に、YouTube方面からコメントをいくつかいただきまして
(ありがとうございます)リクエストされたのが2曲、
そして自分から「この曲のカバーを作らせて」とお願いしたのが2曲積まれている状態です。
音楽は言語を問わないからか、外国の方からも。嬉しい限りです。

つらつら思うに、既存曲をカバーする面白さ、新鮮な魅力って大きいですね。
このブログでアップする動画は、そのへんを伝えていきたいと思ってます。
聞き慣れた曲が全然違うアレンジになったら面白いじゃないですか。

なので、Pa900に入っている数えきれないほどの伴奏スタイルの中でも
なるべく原曲とは違う雰囲気のスタイルを選ぶようにしています。
実際、スタイルを変えて鳴らしてみると、よく鳥肌が立ちます
「うぉっ、こんなアレンジもあるのかー(・∀・)」って。

自宅でちまちま鳴らしているだけで鳥肌が立つほどのインパクトを感じる音楽体験なんて
なかなか得られないと思うのです。
それを得られただけでもPa900を買った元が取れたと実感してますよ。

アレンジャーキーボードは鍵盤をバリバリ弾ける人よりも、
演奏はおぼつかないものの、聴くほうは誰にも負けないと自負する人におすすめです。
選曲眼というか耳年増というかw

そういう人が自動演奏の機能と自分の耳をフルに活用して音楽の楽しさを引き出してこそ
存在価値は最高に高まるように思うのです。

私は古い曲ばかり弾いてますが、
そのほとんどは姉が弾いたり歌ったりしていた、耳に馴染んだ曲です。
それらを原曲とはガラッと違うアレンジで再構築して姉に送りつけるというサイバーテロを
ここ1年続けてますw

姉は元バンド姉ちゃんで、音楽活動から離れて久しいのですが
サイバーテロの攻撃が効いたのか、再びギターを手にするようになりました。
コードにはCとCmとC7の他にCM7があるよと
幼少の私に教えてくれたのは他でもない姉でして、世界がぱっと広がりました。
私の音楽知識のほぼ100%は姉由来でございます。
最近は地元に帰った時に姉とカラオケに行くのが楽しくてしょうがないw
これまでの音楽人生の大半を共有してますからね。
どちらかが忘れかけていた曲をぽんと歌ったりしたら、そりゃもう。

ブログの記事やYouTubeに上げている動画の陰には
そんなリアル世界での音楽の楽しみもあったりします。

とりとめない話になりましたが、今回はこのへんで。

家と音楽と私。 | 2017/07/03(月) | 機種:もろもろ | コメント (2)