プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
拡張マニア。
2016/10/30(日) KORG Pa900
前回まで、Pa900に内蔵されている様々なバッキングのスタイルを採り上げてみました。

スペック表によれば400個以上内蔵されているそうです。
もちろん、まだ弾いたことのないスタイルがたくさんあります(^^;)

今回は、それに飽き足らず「もっと欲しい」という方のために
スタイルを増やす方法をご紹介します。

まずはコルグ公式サイトから。

Pa600用ボーナス・スタイル
http://www.korg.co.jp/News/2012/1221/
Pa900はPa600の上位機種で、スタイルには上位互換性があります。
ダウンロードしてPa900のユーザーエリアにロードすれば
内蔵のスタイルと同等に扱えますよ。

このボーナス・スタイルがありがたいのは
日本の曲に合ったスタイルが充実していることです。
Pa900は海外でデザインされた機種で、スタイルも洋物が中心。
日本のナンバーを中心に弾きたい!という人はインストールしてみてくださいませ。

microARRNGER用ボーナス・スタイル
http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/microARRANGER/bonus/
こちらも同様にPa900で使えますよ。
Japanese StylesからTurkish Stylesまでバラエティに富んでます。

Turkish Stylesで思い出しました。
アレンジャーキーボード関係の動画をYouTubeで検索すると
非英語圏の人がなぜか多いんです。
ロシア語、スペイン語、アラビア語?とか。不思議です。

  
  ウクライナ人が演歌みたいのを歌ってますw 歌うまいなぁ…
  Pa900のボーカルエフェクトの効果がよく分る動画でもあります。

そうそう、コルグ公式以外にも
スタイルをダウンロードできるサイトがありますよ(・∀・)

Glen's Korg Site
http://silverhawk33.tripod.com/index.html (接続しにくい時あり)
以前からこのブログのリンクに入ってるサイトです。
Paシリーズの他、前身であるiシリーズのスタイルも載ってます。
i3なんてもう20年以上前の機種なのに。
ヤマハのPSRシリーズのスタイルをPa用にコンバートした物までありますよ。

これらをPa900に取り込む時のコツは、新しい機種のデータから順に取り込むことです。
スタイルは複数世代の機種で使い回されているので、全部取り込むとダブります(笑)
同じスタイルでも新しい機種用のデータの方がパート数が多かったりするのでおすすめです。

  
  スタイルとは関係ないですが、Pa600の起動画面を入れ替えた人。
  どうやって解析したんだろう…

というわけで私も、ダウンロードしたスタイルで弾いてみましたよ(・∀・)

  

はい、ど演歌でございますw
公式サイトからダウンロードしたEnkaのスタイルを使いました。
(先日作ったラジオ体操第一ラジオ体操第二にもちゃっかり入ってますw)

自動伴奏、良く出来てますね〜(^^;)
駆け上がりの部分とかギターパートなんか「演歌あるある」って感じです。
私はここにコルグの本気をみました(笑)

イントロとアウトロは原曲とまったく違います。
これ、スタイルに入ってる演奏そのままです。
(私はGのコードをベタ弾きしてるだけ)
まるでこの曲のために作られたようなスタイルですね。

Paシリーズのスタイルは製品化に当たって
それぞれの音楽ジャンルに明るいミュージシャンに制作を依頼してるようですが、
演歌担当のミュージシャンはこの1スタイルのために呼ばれたかと思うと胸が熱くなりますw

今回はメジャーコードの曲を選んでみました。
以前「明暗。」という記事でご紹介したように
同じスタイルでもメジャーとマイナーではバッキングが変わるのがPaシリーズの面白いところ。
いずれマイナー調の演歌にも挑戦してみたいと思います。
このスタイルには「天城越え」なんか合いそうですね。

ちなみに今回の演奏では「歌謡ショー」の雰囲気を出すために
Pa900で録音したデータをMacのGarageBandへ持って行って
拍手のSEと曲紹介のナレーションをミックスしてみました。
ナレーターは「調教を試みる。」でご紹介した、Macの日本語テキスト読み上げ機能です。
出来上がりを聴いてみたらライブ風に仕上げたくなったんですね。
Pa900もMacも、そんなアイディアを想起させる何かがあるのが私の好きなところです。

なお曲紹介の口上はここからいただきました。
ものすごいライブラリです。

というわけで、こんなコテコテの演歌の世界を再現しようとしてるのに
ほとんど人間が介在してないのが何ともシュールです(笑)
メロディー以外はほぼ自動演奏だし。
いずれは本物の演歌の世界でも機械が主役になったりするんでしょうか。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

拡張マニア。 | 2016/10/30(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆千昌夫 ◇弾いてみた
二番煎じ。
2016/10/23(日) KORG Pa900
「第一」があれば「第二」もあるわけで。

  
  コードが違う箇所があるのはご愛嬌(^^;)

前回ご紹介した第一よりも難しかったです。
ピアノパートが低音域をガンガン弾いてるフレーズがあってバッキングと馴染みにくいとか。
譜割りから始めて4時間掛かりました(^^;)

今回は、前回登場しなかったパターンを中心に選んでみました。
Pa900にプリセットされている全てのパターンを試聴すれば
もっと面白いつなぎ方もあるのでしょうが、
ブログのネタのために短時間で仕上げるには
とても聴ききれないほどたくさん内蔵されてます(・∀・)

「このフレーズにはどのパターンがいいかな?」と考える時、
最初にコード進行だけワーッと入れて、パターンを切り替えながらそれを再生すれば
ベストな組み合わせが見つかるように思いますね。

ところがPa900は、バッキングトラックを打ち込んでいる最中は
その演奏を再生することができません(´・ω・`)
入力内容を確定するかキャンセルして、ステップ入力モードを抜けないといけないんですね。

以前「意あって力足らず。」で書きましたが、ステップ入力モードを一度抜けると
再度ステップ入力モードに入った時に必ず曲の先頭に戻ってしまいます
しかも先頭から任意の位置へ進むには[>]ボタンを連打して1小節ずつ進めるか
8分小節単位で進むジョグダイアルをぐりぐり回す必要があります。

理想はAメロ・Bメロ・サビなどの「段落」ごとにマーカーを付けて
ボタン一発でそこへジャンプする機能です。

  20161002_3.jpg
  ボタンはたくさんあるんだから
  ステップ入力中は各マーカーへのジャンプボタンになってほしいです。

それは無理でも、せめてジャンプ先をnumericキーで数値指定できるようになってほしいです。

  20161023_1.jpg
  他の場面では数値指定できます。

でないと「56小節目からのパターンはどれがいいかな?」なんていう時に

 ステップ入力モードに入る
   ↓
 56小節目までぐりぐり
   ↓
 パターンを変える
   ↓
 確定
   ↓
 ステップ入力モードを抜ける
   ↓
 再生
   ↓
 いまいち
   ↓
 再びステップ入力モードに入る
   ↓
 56小節目までぐりぐり

を繰り返す羽目になります(´・ω・`)
たかが3分弱の曲を打ち込むのに4時間掛かる理由の大半はこれです。

あらかじめstyle playモード(シーケンスの録音ではなく適当に弾くモード)で
「ここのフレーズはこのパターンだな」とアタリを付けておけば良いのですが、
今回のようにいろんなパターンをつなげる曲では、実際に再生して初めて分る
「流れ」がありますからね。

ちなみにシーケンスのイベントひとつひとつを編集するEvent Editモードでは
そのモードに入ったままで「試聴」することができます。

どうもバッキングトラックのステップ入力だけ
他のメンバーから疎外された開発者が作った印象が否めません(^^;)
必要な部品はすでに揃ってるのに。

このあたり、以前の記事の二番煎じになりますが
改善を望みたいところです。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

二番煎じ。 | 2016/10/23(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆ラジオ体操 ◇弾いてみた ◇レビュー
お子様ランチ。
2016/10/16(日) KORG Pa900
今回はお手軽なお遊び企画です(・∀・)

 

どこかから拾ってきたピアノパートのMIDIデータに
Pa900の自動バッキング機能で伴奏を付けてみました。
いろんなスタイルが次々に登場します。

キーボードを買うと本体にデモ演奏が内蔵されてますね。
クラシックからヒップホップまでいろんなジャンルが1曲に凝縮されてたりして。

そんなお子様ランチみたいな曲って、聴くことはあっても
弾くことはあまりないなと思い、作ってみたくなりました。

あ、「作る」とはいってもオリジナル曲じゃありませんし、鍵盤は一切弾いてません(^^;)
パターンを指定してコードを打ち込んだだけです。

  20161016_1.jpg
  譜割りしてコードだけ採りました。

パターンは一部Pa900純正でないものも混じってます。
そのへんのお話は次回に。

ちなみに今回の演奏はPa900のmp3レコーダー機能で録りましたが
手持ちのオーディオインターフェイス(TASCAM US-100)経由で録るより
音がいいことを発見(・∀・)

  20161016_2.jpg
  TASCAM US-100 (絶版品 7千円ぐらい)

内蔵レコーダーは外部配線を経由しないぶん音がいいんでしょうね。
用途に応じて使い分けたいと思います。

◆今日の第三者

  
  存在はうすうす知ってましたが、初めて聴きました。
  この曲をマスターして人前で弾いても、誰も踊れないと思う…(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

お子様ランチ。 | 2016/10/16(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆ラジオ体操 ◇弾いてみた
歌っテロ。
2016/10/10(月) KORG Pa900
今回は、忘れた頃に襲来するヘタクソカラオケ大会から(^^;)

  

ボーカルの練習を始めて4ヶ月になりますが
なかなか上手くなりませんねー。
鍵盤を弾けば何となく音の出る電子楽器とは違う難しさがあります。

今回の曲、30年以上前wの曲をメドレーにしました。
1曲目のアウトロと2曲目のイントロがきれいにつながるのを発見したので。
独自アレンジが簡単に楽しめるのもアレンジャーキーボードの良さです(・∀・)

ちなみにこんな古い曲をなぜ知ってるかというと、の影響大でございます。
いくつになっても姉スキーな私は、姉がよく歌ってた曲を片っ端から弾いて動画にして
有無を言わさず送りつけるというサイバーテロを遂行中ですw
原曲と違うアレンジで弾いたら面白いかなと。

お耳汚しのボーカルはさておき、
Pa900の自動バッキングをどんな感じで切り替えてるかを動画にしてみました。
こっちはインストです。歌は出てきません。安心してください(^^;)

  
  この紙芝居、作るのに半日ぐらい掛かりました(^^;)

2曲とも「出だしからサビ」に近い曲なので
それっぽくバリエーション3から始めてみました。

バリエーション1は大人し過ぎるパターンだったので
途中で出てくる静かな部分に回して、平ウタ部分はバリエーション2を使ってます。

バリエーション2から4に飛んでまた2に戻ったりとか
ちょっとだけトリッキーな切り替えになってます。

Pa900のミディアム〜スロー系のパターンはバリエーション1が地味なのが多いので
こんな使い方もあるということで。

今回のバックトラックも、イントロや間奏にはちょろっと手弾きを入れてますが
基本的には全部自動演奏ですよ(・∀・)
ギターパートとか凄いですね。とてもキーボードが鳴ってるとは思えませぬ。
ストリングスとコーラスも美しいです。このへんがPa900の醍醐味です(^^)

◆おまけ

  
  カラオケ屋でレコーディングするとこれですもん(´・ω・`)
  一番ましなテイクだったのに orz
  電話の用件は「優先度の高い予約客が来たから部屋変わって」でした。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

歌っテロ。 | 2016/10/10(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆EPO ◇歌ってみた
小ネタ集。
2016/10/02(日) KORG Pa900
もう10月ですね。
このブログはいつまで続くんでしょうか(^^;)

以前ご紹介したひとりヘタクソカラオケ大会は地味に続けてますよ。
だいたい週一でカラオケ屋に練習に行ってます。

練習だといつも同じ歌を歌うので、リモコンでわざわざ選ぶのがめんどい(´・ω・`)
いっそレパートリーは全部Pa900で作って持ち込もうかなと思ってます。キー変更も込みで。
「この曲とこの曲はスムースにつながるから、メドレーにしたら面白いな」とか
アレンジも自由自在ですよ。
そんな事がお手軽にできるのもアレンジャーキーボードの良さですね。

さて。
今回は小ネタです(^^;)


◆Pa900の鍵盤

カタログにはこう書いてあります。

  20161002_1.png
  http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/Pa900/spec.html

セミウェイテッド鍵盤であると。

購入前、私はヤマハのFS鍵盤のようなタッチを想像してました。
普通のシンセ鍵盤より少しだけ重くて、押す瞬間にわずかな抵抗があって
そこから先はカクンと沈むようなタイプを。

田舎に住んでる私は、実店舗で試奏する機会はまずありません。
楽器屋はあっても、買おうとしてる機種の現物が置いてある幸運はまず期待できません。
webでデモ演奏の動画を見て音色を確かめるのが関の山。
そんなわけでPa900も現物を見ずに買いました。

で、Pa900の鍵盤は…

  20161002_2.jpg

普通のシンセ鍵盤ですね、これ(´・ω・`)
ベロシティーカーブが少し重めになってるだけで。

シンセ鍵盤だと思えばそれなりに出来はいいのですが
(オモチャのようなi5Sより100倍良いw)
タッチにこだわる方、「セミウェイテッド」にあまり期待しないほうがいいかもです。

  20161002_3.jpg
  ボタン類のタッチはスーファミみたいです。


◆ミニ鍵盤と標準鍵盤

Pa900は標準鍵盤です。
同シリーズにはmicroARRANGERというミニ鍵モデルもありますね。

  20161002_4.jpg

超狭い家に住んでる私はマイクロアレンジャーのコンパクトさにも惹かれたのですが、
結局あきらめました。ミニ鍵だからです(^^;)

以前ミニ鍵のキーボードを使ってた時期があったのですが、
その機種で練習して弾けるようになった曲を標準鍵盤で弾いてみたら
ぼろぼろにミスタッチしまくりで慣れるまで相当苦労しました。
プロなら両方弾けるんでしょうが。

素人を自認する方は、いずれ自分のメインキーボードがどちらのサイズになるのか
慎重に考えて選んだほうがいいかもしれません。


◆謎のサイト

  20161002_5.png
  http://gakufu.me

どこが運営してるかも書かれておらず、広告も貼らず
そっけない検索画面とコード譜だけが出てくる謎の楽譜サイト。

しかもそのコードがぱっと見でおかしいんです。

  20161002_6.png
  小節数から間違ってるんですが。

Aメロが○m7から始まる「いとしのエリー」なんて初めて見ましたよ。
音声ファイルを読み込ませて自動生成してるんじゃないかという噂もあり。
誰が何のために立ち上げたサイトなのか、まったくもって意味不明です。
正体を知ってる人はいますか?


◆Pa900のバグを回避する方法

意あって力足らず。」に書いたPa900のバグ
(バッキングトラックをステップ入力してると、鍵盤からのコード入力が効かなくなる)の
回避方法を偶然見つけました。

  20160807_3.png

鍵盤からの入力が効かなくなった時に画面に表示されているコードの構成音を
含まない和音を鍵盤で押さえると復活する確率が高いようです。
例えば「C」と表示されていたらBm7を押さえてみるとか。

こんな低レベルな方法で回避するのもどうかと思いますが、
いちいちステップ入力モードから抜けるよりはマシなのでこれを実践してます(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

小ネタ集。 | 2016/10/02(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇レビュー
翌月 (2016/11) 前月 (2016/09)