プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
後の祭り。
2017/11/26(日) KORG Pa900
エレクトーンの椅子
座奏用キーボードスタンドにぴったりであることを発見w

  20171126_1.jpg

妻の嫁入り道具でございます。
本体はとうに廃棄してしまいましたが、椅子は踏み台とか
ベッドサイドテーブル代わりに重宝していたので、ずっと使ってました。
連弾も想定した椅子は幅広で、61鍵のキーボードにちょうどいいサイズです。
耐荷重はもちろんOKですし、座面のクッションはキーボードをベタ置きしても底面を傷めません。

さて。

本来のキーボードスタンドはまだ引越し荷物のどこかに埋もれてますが、
オーディオI/Fをようやく発掘したので、またヘタクソカラオケしてみました(・∀・)

  20171126_2.jpg
  こんなの使ってます。

家が無駄に広くなったら、今月まだ足を踏み入れていない部屋が普通にあります。
(妻がどこに居るか分らない時は携帯で呼ぶレベル)
その部屋の1つから見つけました。
こんな風に書くとまるでビバリーヒルズの大邸宅のようですが
実態は誰もが「いらねぇよそんな家」と思うであろう古家です。

話がそれました。
今回の曲はこちらです。

  原曲
  

来年還暦を迎えるわが家よりは新しいものの、35年前の曲でございますw
こんな古い曲ばかり弾いてるから熟女ホイホイになるんだなと。

  20171126_3.png
  私がYouTubeにアップした動画の視聴者層 (女性のみ抽出)

で、今回Pa900で作ったのがこちら(・∀・)

  おっさんが歌ってます
  

パーティーシーズンなのでそれらしくしてみました。
どちらかというと「パーティーが終わった後のちょっと寂しい感じ」をイメージして。

伴奏スタイルは「Latin Lounge」。
Pa900内蔵ではなく、ネットのどこかから拾ってきたスタイルです。
PaシリーズやmicroArrangerをお持ちの方はネットで探すと
使えるスタイルがたくさん手に入りますよ!(・∀・)

イントロはプリセットのIntro 2(4小節)を2回繰り返し。
1回目は一部のパートをミュートし、2回目はフルパート+
Variation 1からベースパートを「移植」してメリハリをつけてます。
間奏とエンディングはプリセットそのままです。(コード進行やリードも)

所要時間はバックトラックの制作に2時間、ボーカル録りに2時間。
その後Pa900内蔵のボーカルプロセッサーを使って
録音済みのボーカルにハーモニーを付加してみました。後半のサビに登場します。

  20171126_4.jpg
  ハーモニーの設定画面 (取説より)

この機能を使うと、最大3ボイスのハーモニーを付加できます。(V1〜V3)
それぞれのボイスに図中のパラメーターが設定できます。
Genderは性別というか声色で、ソプラノ〜バスまで自分の声を変幻させる事が可能です。
複数のボイスを使えばAKBのバックコーラスのような男女混声も可能ですよ。
レンジが広くて女声〜男声というよりは
「ピャー」としゃべる宇宙人から「グヮオー」と吼える恐竜にまで変化しますw
Voicingはどの音域でハモるかの設定です。3度下とか5度上とか。

ところで、ハーモニーを後から加えようとすると、結線はこうなります。

  20171126_5.png

あらかじめ録ったボーカルパートをDAWから入力し、Pa900でハーモニーを発生させます。
ハーモニーの音程の手がかりとなるのはDAWに同期して走るシーケンサーのMIDIパートです。
そこから音程を拾ってコードを判断してくれます。

Pa900からは楽器音が出ないよう、楽器パートのボリュームを絞る必要があります。
すると、この結線中は「楽器パート+ボーカル+ハーモニー」という
完成形でのミックスを聞くことができません(´・ω・`)
録音済みの楽器パートをDAWから出力すると、ボーカルとともにPa900に流れてしまうので。

仕方ないので、DAWでは楽器パートのパンをL側に、ボーカルをR側に振って
RchだけPa900に入力していますが、ヘッドホンでモニターすると
「楽器パートは左、ボーカルは右」という初期ビートルズみたいなすさまじいミックスになり、
とてもハーモニーのパラメーターを調整できる状態ではありません(´・ω・`)

ボーカルとハーモニーを一発録りすれば結線はもう少しシンプルになりますが、
歌いながらだと体内からも自分の声が聞こえるので客観的なミックスができないんですね。
そんなわけで、ボーカルプロセッサーの使いこなしはまだまだです。
今回のはどう聴いても「機械の声」になってしまったので
コーラスエフェクトで飛ばしてヴォコーダーみたいにしました(^^;)

自然なハーモニーを得ようとするには、元となるボーカルの音程が安定している事が必須です(^^;)
私のようにふらふら揺れたり音程を外すと、プロセッサー君はあらぬ音程で絶唱しますw

ちなみに今回初めて、ボーカルにピッチ補正を掛けました。

  20171126_6.jpg
  音痴の味方、ピッチ補正。
  GarageBand付属の「AU Pitch」というプラグインを使いました。

今やポピュラーミュージックの大半に使われているピッチ補正。
音程の揺れや外したところをこっそり補正してくれます。
積極的に使うとPerfumeになりますw

ピッチ補正は禁断の麻薬だと思っていたので使用を控えていましたが
この期に及んで考え方をすこし変えました(^^;)
だってYouTubeに「歌ってみた」を上げている人の中で
私ほど下手な人はいないですから(^^;)

いくら自宅内で裸族だったとしても、出かける時は普通に服を着ますよね。
それと同じように、音程がある程度合っている事は、他人に聴いてもらうには最低限の礼儀かなと。
賛否両論あるかもしれませんが。

ボーカルプロセッサーについては今後も研究していきます。
Pa900にはまだ使ってない機能がたくさんあるんですよ。サンプリング機能とか。
自分で音ネタを録ることはないかもしれませんが、耳コピする時に速いフレーズを録って
1オクターブ下のキーを弾けば半分のテンポで鳴るので便利かなと思います。

長くなりましたが、今回はこのへんで。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

後の祭り。 | 2017/11/26(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆EPO ◇レビュー ◇歌ってみた
INとOUT。
2017/11/19(日) その他の機材
下記の件は募集を締め切りました。
ご応募ありがとうございました。(2018.7.3)

今回はヘタクソカラオケをお休みして
久々の「もらってください」記事でございます。
中古品で恐縮ですが、欲しい方に無料で差し上げますよ。

まずはこちらから。
BOSEスピーカー 101VM 2個セット

  20171119_1.jpg

言わずと知れたボーズの定番スピーカーでございます。
学生の頃にバンドのモニタースピーカーとして買って以来、
あちこちに連れ出してました。

  20171119_2.jpg

外観はキズだらけですがネットの破れはなく、
もちろんSPユニット本体も無傷ですよ。
惜しげもなく使えるスピーカーをお探しの方にいかがでしょうか。

音の傾向は、大音量でガンガン鳴らすのに向いてます。
よく店の天井からぶら下げてありますね。ああいう配置で真価を発揮します。
逆に、机の上に置いて小音量で聴くにはあまり向かないかも…

続いてはこちら。
中華製ボーカルマイク ClassicPro CM5

  20171119_3.jpg

ダイナミック型でキャノンコネクター+1.5mのケーブル付きです。
1年半ほど使用、新品同様です。
別のマイクを押入から発掘したので放出します。
付属ケースはありません。発送に必要な梱包はします。
ネット情報によると簡単な改造で性能が大化けするらしいですが、この個体は無改造です。

かなり感度が高いマイクです。
(カラオケ屋で使うとハウリングしまくります)
歌モノを録る時は口から30cmぐらい離してオフ目にすると
低音がこもらずきれいに録れますよ。


【応募要項】
 ・品代:無料
 ・送料:スピーカーは着払い、マイクは当方で負担します。
     ※スピーカーは2個で重量4.6kgあります
 ・お一人様一品限り
 ・先着順
 ・応募はこの記事へパスワード付きのコメントでお願いします。
   ・スピーカーとマイクのどちらが欲しいか
   ・住所や本名は書かないでください (メールでのやりとりに移行します)


気長に待ちます。
よろしくお願いします(_o_)

P.S. 前回掲載の16chミキサーはまだあります。

  20170528_1.jpg

INとOUT。 | 2017/11/19(日) | 機種:その他の機材 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇もらってください
前後不確。
2017/11/12(日) KORG Pa900
ブログに「毎週日曜更新」と銘打つと
アクセス数の推移がこうなるんですねwww

  20171112_1.png
  更新時間帯が遅くてすみません(^^;)

さて今回はまた古い曲を歌ってみました。
今井美樹さんの1990年の曲でございます。
平成のナンバーを歌ったのはハードオフのBGM以来です(^^;)

なぜそんな古い曲ばかり歌うかというと
姉リクエスト攻撃に晒されている事もありますが、
しょぼい機材をずーっと使い続けていた過去を引きずっているからです(^^;)
弾きたい曲が山積してるんです。

  
  へたくそなソロの途中にハードオフBGMのフレーズを少し混ぜてみましたw

このところ原曲の雰囲気をガラッと変えるアレンジが多かったので
今回は素直なアレンジにしてみましたよ。
Pop Hit Balladというスタイルを使いました。
このスタイルはいろんなバラードに合います。ELTとか。

「迷った時にはこれ」という鉄板スタイルが内蔵されていると
その機種の価値はがぜん高まり、永く使い続けられるポイントになります(・∀・)
このへんはカタログスペックだけでは実感できず、使っていくうちに見えてきます。

さて今回は、バックトラックをPa900でリアルタイムレコーディングしてみました。

  20171112_2.jpg
  リアルタイムレコーディングの画面(取説より)

リアルタイム…とはいっても手弾きという意味ではなく、
コードネームをステップ入力する代わりにシーケンサーを走らせながら
鍵盤から入力する、というスタイルです。
バックトラックが自動演奏なのはいつもの通りです。

この方法のメリットは、コード進行を知ってる曲なら入力が早いという事と
ステップ入力より細かいタイミングでコードチェンジできる事です。

ステップ入力だと8分音符単位でしかコード進行を入力できませんが
リアルタイムなら4分音符÷384の単位でできます。
クォンタイズONで弾けば16音符単位などにもできますよ。

結論から言うとこの機能、致命的なバグがあって使えません(-_-#)

リアルタイムでは得てしてタッチミスが生じます(^^;)
そしたら次は途中からパンチインで録りたいですよね。
ミスするたびに最初から録り直すのは辛いですから。

Pa900も途中からの録音に対応してるはずなんですが、
実際にやってみると曲の頭から上書きになってしまいます。
なんだこれ…

そんなわけで一発ノーミスで弾ける自信のない人(私です)は
リアルタイムで入力しても時間短縮にはならないのであります。
分解能の都合でどうしてもやりたい時は、1コーラスだけ入れてコピーするのがおすすめです。

ちなみに自宅で歌える環境ができて何が嬉しいかというと
バックトラックとボーカル録りを並行できる事です。

カラオケ屋で録るにはバックトラックを事前に作り込む必要がありますが、
自宅録りなら歌ってみて「このアレンジ合わないな」とか
「ここ音がぶつかってるな」なんていう時にもすばやく対応できますよ。
仮に作ったバックトラックでまず昼にボーカルを録り、
夜に妻が寝静まってからじっくりPa900に向かうなんて事も自由自在。
どちらが先でもオッケーなんですね。

というわけで「前後不」という今回のタイトル、
曲の途中から入力したつもりが先頭から上書きされてしまうあほな不具合と、
歌と伴奏どっちが先でもオッケーな制作環境をゲットした事に引っかけてみました(^^;)

最後に余談ですが、今回からマイクを替えてみました。

  20171112_3.jpg

引越しの時に押入から発掘した未使用品です。
昔、旅先でふらっと入った回転寿司のくじ引きで当てたミニコンポの付属品です。
「趣味として歌う」なんて行為はつい昨年までありえない事だったので
ずっと使わずに眠っていました(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

前後不確。 | 2017/11/12(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆今井美樹 ◇歌ってみた
一発録り。
2017/11/05(日) KORG Pa900
今回は、久しぶりの新作でございます(・∀・)
といっても32年前の曲ですが。

まずは原曲から。

  

引越しでばたばたしてた時に、まさかの姉リクエストが襲来www
新居での生活がようやく落ち着き始め、やっと取りかかりました。
そんなわけで季節感が思いっきりずれてます(^^;)

で、今回作ったのがこちら。

  ※おっさんが歌ってます
  

バリバリJ-POP風というか、アニメソングみたいなアレンジになりました(^^;)
Pa900のバックトラックシーケンサーでコードを打ち込んだだけで
手弾きは一切していません(きっぱり)

Pa900の電源を入れてから打ち込み+レコーディング完了まで3時間
おそらく今までの最短記録です。

歌モノを録る時はいつもマイクをUSBオーディオI/Fにつないで
MacのGarageBandで録ってるんですが、
オーディオI/F、開梱していない引越し荷物のどこに埋もれてるのか…(^^;)

これを機に今回は、Pa900にマイクをつないで
内蔵レコーダーで録ってみました(・∀・)

Pa900のマイク入力にはゲートやコンプレッサー、3バンドEQ、リバーブなど
ボーカル録りに必要なひと通りのエフェクトが備わっているので
どれぐらい使えるのか試してみました。

結果、いい感じに録れました。ボーカルの下手さ加減はさておきw
アマチュアが宅録するには十分ですね。

気になることがあるとすれば、若干の遅延があること。
内蔵エフェクターを通してから録音されるので、楽器パートとわずかにずれます。
(この曲のテンポは144bpm。もっと遅い曲なら目立たないかも)
GarageBandのようなDAWで録る場合は素の状態でとりあえず録音して
エフェクトはミックス時にかけるのでいくらでも調整が利きますが。

内蔵レコーダーのもうひとつの弱点は、
LINE OUTへの出力を横取りする2トラックレコーダーにすぎない、という点です。
楽器パートと一緒にツーミックスになってしまうので、後からミックスを変えることができません。
タイトルに「一発録り」と銘打ったゆえんです。

そんなわけで、内蔵以外の録音機材を持ってる人はそっちに任せた方がいいかもです。
持ってない人は、まあまあ代わりになります。

Pa900で録るメリットは内蔵のハーモナイザーが使えることで、
楽器パートのシーケンスからコードを拾ってハーモニーを付加できることです。
今度はそれを駆使して録ってみようと思います(・∀・)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

一発録り。 | 2017/11/05(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆EPO ◇歌ってみた
翌月 (2017/12) 前月 (2017/10)