プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
AKB方式。
2018/02/25(日) KORG Pa900
今週はこの曲を歌ってみました。
(やまちゃんさん、リクエストありがとうございました)

  原曲
  

2010年代の曲を採り上げるなんていつ以来だろ?って感じです。
日頃ご紹介している曲、うっかりすると1940年代だったりするので(^^;)

この曲はちょうど1年前に「即戦力。」という記事でボーカルリップ版を作りました。
それ以来、いつかは歌ってやろう(・∀・)と企んでました。

というわけで今回作ったもの。

  おっさんが歌ってます
  

以前とはアレンジ(というかPa900の伴奏スタイル)を変えてみましたよ。
古いんだか新しいんだかよく分からないポップス系のスタイル、
その名も「Counting Stars」という、ネットから拾ったスタイルを使ってます。

この曲は歌うとすごく難しいです(^^;) 特にAメロが。
サビよりAメロが難しい曲って珍しいですねー。
そんなわけで今回はインチキしてますw

  20180225_1.jpg
  12分割して録りました(^^;)

今までアップした曲はすべてAメロから大サビまで一発録りしてましたが
絶対途中で失敗するとわかっていたので細切れに歌ってミックスしました。
原曲もそうなのでまあいいかと(^^;)
ついでにピッチ補正もかけてます。原曲もs(ry

実際の録音順は、声が途中で嗄れてくることを想定してサビを最初に録りました。
関係ないですが2時間ドラマの撮影も後ろから逆順でとるそうですね。
出演者同士の緊張感を利用して「お前がやったんだろ!」みたいな
シビアなシーンを先に撮るとか。

話は変わりますが、Pa900にはこんな機能があります。

  20180225_2.jpg
  コードシーケンサー

いつも使ってる機能とは別物です。
簡易版的なもので、自動演奏が動いている時にボタンを押すと
そこから先の演奏(コード弾き)をリアルタイム記録してくれます。
レストランやバーで弾き語りしていて、ちょっと席を外す時に
BGMが止まらないようにする用途らしいです。
パネル上のボタン一発でスタートするのがいかにもそれっぽいです。

何が「簡易版」かというと、その名の通りコードだけの記録なんですね。
つまり途中でスタイルやバリエーションを変えたりフィルインボタンを押しても
それらは記録されないんです。

打ち込み主体の私にとって、この機能は「使えない」のか?というと
決してそんな事はありません。

弾きたい曲が見つかった時、最初にするのはスタイルの選択です。
ヒップホップにしようか16ビートにしようか、あるいはアンプラグドか。
もちろん弾きながら切り替えても良いのですが、不慣れな曲を弾きながら
スタイルを次々に変えるのは至難の技。

そんな時、この機能を使ってとりあえず
コード弾きの演奏データだけ録ってしまうんです。
で、それを再生しながらいろんなスタイルを試聴すると。
フィルインを入れるタイミングも、再生時にボタンを押すタイミングを変える事で
録音時の状態にとらわれずに試せます。

今回選んだスタイルもそうやって決めました。
Pa900、なかなか奥が深いです。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

AKB方式。 | 2018/02/25(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (8)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇歌ってみた
毒を以て毒を制す。
2018/02/18(日) KORG Pa900
こんな動画を見つけましたよ。

  
  酒井千佳さんは天気予報でいろんな事やりますねー。

このキーボード。
くさび形のボディにガンメタリックのカラー、あーこれはPa900ですね(・∀・)
日本で何十台売れたかも怪しい超マイナー機種が登場するなんて
奇跡に近いと思うんですがw

たぶん、スピーカー付きでセッティングが楽(しかも外で鳴らすのに十分パワフル)なのと
電源ONすればすぐピアノの音が出るという点が買われたんでしょうね。
こんなところでアレンジャーキーボードの良さを発見した次第です。

さて。
今週はこの曲を歌ってみました。

  原曲
  

ファンにはおなじみの、水曜どうでしょうのエンディングテーマでございます。
以前「四者択一。」という記事で制作途中のカラオケ版をご紹介しました。

そしたらYouTubeで熱烈なリクエストをいただきまして、かれこれ1年近く練習してました。
(その間に引っ越しもしたりw)

というわけでリクエストのあったアレンジで怪電波ボーカルを録ってみましたよ。

  おっさんが歌ってます
  

伴奏パートは以前アップしたものに少し手を加えています。
基本的にはPa900の自動演奏で、イントロのリードギターと
途中に出てくるピアノの駆け上がりのフレーズだけ手弾きを加えてます。

今回はPa900内蔵レコーダーではなく、GarageBandでミックスしました。
後半のサビに出てくる女声ボーカルは私ですw
OKテイクをコピーし、内蔵プラグインの「ボーカルトランスフォーマー」(ボイスチェンジャー)で
1オクターブ上げてユニゾンしてます。

ところで、歌モノを録る時にいつも悩むのは、ボーカルと伴奏の音量バランスです。

プロのボーカリストなら自慢の歌声を聴かせるためにボーカルの音量を大きめにするのでしょうが、
このブログはPa900のサウンドを楽しんでいただくのが目的なので、それはどうかと。

そこで、偶然発見した調整のコツを紹介します。

良いバランスにミックスできたと思った段階で
なるべく劣悪な音環境で聴いてみるんですね。

私は毎週日曜に制作を終えた後、部屋の掃除をするのが生活サイクルなんですが
BlueToothのワイヤレスヘッドホンでミックスを聴きながら掃除機をかけますw

  20180218_1.jpg
  ノイズキャンセリング機能のない機種です。

当然、掃除機のノイズでかなりの音がかき消されるわけですが、
そんな状況でもそれなりに聴けるミックスになってたら、最終OKとします(・∀・)

音量バランスなんて、私のような素人が調整しても
OKぽい領域に幅がありすぎて迷ってしまうんです(^^;)
そのくせ後から聴いたら「もうちょっと直しとけば良かった」なーんて。
なので、これと決めた自分なりの基準を持つことは、それなりの意味があります。

もちろんインストものにも応用できる技ですよ。
部屋も綺麗になって良いことづくめです。
よろしければみなさんもどうぞ(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

毒を以て毒を制す。 | 2018/02/18(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆樋口了一 ◇歌ってみた
季節外れ。
2018/02/12(月) KORG Pa900
先週お休み & 今週1日遅れで失礼しました(_o_)
このブログ、どれぐらい需要があるのか計り兼ねていますが(^^;)

こんな動画を見つけましたよ。

  
  辛抱たまらん(*´д`*)ハァハァ

フォルテシモの部分ではゆさゆさ揺れます(*´д`*)ハァハァ
マイク録りなので胸元の鈴が揺れる音まで入っていてリアル(*´д`*)ハァハァ

クリスマスシーズンに紹介できればよかったですね。
すいません、ついさっき見つけたもので。

さて。
季節外れといえば。

今回はこの曲を歌ってみました。

  原曲
  

タイトルの通り37年前の曲でございます。
正月にもらってきた姉リクエストをようやく1曲こなしました(^^;)

オケはとっくに出来上がっていたのですが、先週は風邪をひいてしまい
ボーカル録りどころではなくなってしまいました(´・ω・`)

今日ようやく録りました。
出来上がりはこんな感じに。

  おっさんが歌ってます
  

Pa900のボーカルプロセッサーを使ってサビでハモってみました(・∀・)
少しずつ使いこなしを覚えてきましたよ。
自分の声質に合わせたチューニング、なかなか奥が深そうです。

伴奏は例によってPa900の自動演奏です。
手で弾いたのはイントロのOberheimっぽいシンセリードだけ(^^;)
オケ制作の所要時間は2時間ぐらいです。

そして歌は…6時間 orz

ベストな声が出てピッチが安定するまでこれぐらい掛かるんです…(´・ω・`)
およそボーカル向きとは思えない声質で、ピッチも結局安定してないのに。

喉のウォームアップは慎重に行ないます。
おとなしめの歌から始めて、しばらくは声量も抑えて。キーも低めで。
1時間半ぐらいはこんな調子でいろんな歌を歌います。

そして、だんだん声が出てきたらアクセルを踏み込みます(・∀・)
2時間半ぐらいで一度声が嗄れるのですが、
それを過ぎると声が変わってきて動画のような声になります。
4時間ぐらい歌うと、音程を意識しなくても大体合うようになってきて
その後7時間ぐらいはその調子が続きます。

歌モノを録るときは毎回こんな感じです(^^;)
練習の頻度を上げれば改善するのかもしれませんが、平日はなかなか。
今回は6テイク録りましたw

ちなみに妻には恥ずかしくてほとんど聞かせてません(^^;)
二人の休日が合わない事を利用して鬼の居ぬ間に練習&レコーディングしてますw
一度だけ「PRIDE」を聴かせたら
「…ふだんと声が全然違う…」とつぶやいてました。

伴奏はPa900がミスなくやってくれますので
目下最大の課題はこの怪電波ボーカルをなんとかすることです(^^;)

ちゃんとしたボーカルトレーニングをすれば少しはましになるかと思うのですが
はたしてそれだけの労力に見合う成果が得られるのか、考えあぐねています(^^;)

◆おまけ

  20180212_1.png
  相変わらず特定の動画だけ再生時間が凄いことになってますw
  1日に6時間て…何が起こってるんだろう?

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

季節外れ。 | 2018/02/12(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (6)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆EPO ◇歌ってみた
(無題)
2018/02/11(日) 業務連絡
今週の更新は明日の予定です(_o_)

(無題) | 2018/02/11(日) | 機種:業務連絡 | コメント (-)
被害者。
2018/02/03(土) 業務連絡
体調不良のため明日の更新をお休みします(_o_)

ぜんぶ吉野家のせいだ。

氷点下の屋外で1時間もバスを待たせる渋滞を発生させる企業など
この世から消えてなくなれ。頼むから。

被害者。 | 2018/02/03(土) | 機種:業務連絡 | コメント (0)
翌月 (2018/03) 前月 (2018/01)