プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
39年後の日常。
2018/10/28(日) KORG Pa900
今日は何を弾こうかな?

と、いつものようにPa900を引っぱり出し、style playモードでポロポロと弾きますよ。
アンジェラアキから水戸黄門までw

いろんな曲をいろんなアレンジで弾いてると「おー(・∀・) いいねいいねー」なんて
一人で盛り上がって、いつの間にか氏家さんになってます(^^;)

というわけで今週はこの曲です。

  原曲
  

そして、こんなアレンジに。

  半纏を着たおっさんが弾いてます
  

怖いですねーw
ハロウィンシーズンに乗じてみました。
Pa900内蔵の「Horror Movie」というスタイルを使ってます。
靴音などの各種効果音もすべてプリセットそのままです。
「凝りすぎwww」と呆れるぐらいよく出来てます(^^;)

このスタイルは「Movie」というカテゴリーにあり
他にも映画に出てきそうなアレンジがたくさん入ってます。

  
  この曲も入ってますよ。

間奏の「T E C H N O P O L I S」はMacのテキスト読み上げ機能を使ってます。
Samanthaという女声データをGarageBandの「ボーカルトランスフォーマー」で
怖い声に加工して、ディレイを掛けました。

  20181028_1a.png
  怖い声になります。

余談ですが、動画の背景画像はいつもどうやって見つけてくるかというと
壁紙素材を使ってます。
単に画像検索しただけでは縦横比が16:9でないものやサイズが小さいものなど
動画には合わない画像が多いので「free wallpaper」などの単語で検索してます。

先週の「翼をください」の場合、
イントロのイメージが「風の吹く朝の丘にたたずむお姉さん」だと思ったので
「free wallpaper girl on a windy hill」で検索しました。
実際に見つかった画像は夕日だったので、色味をいじったり「もや」をかけたりして
朝っぽい雰囲気に加工してます。
今回のはずばり「free wallpaper horror」です(^^;)

頭の中に描いたイメージとぴったり一致する画像が見つかれば良いのですが
現実にはなかなか難しいですねー。
動画編集に費やす時間の大半は画像探しだったりします。
このへんが今後のIT技術の課題の一つだと思いますよ。単に処理が早いとかではなく。

ちなみにフリーの動画素材は画像に比べて圧倒的に少なく、
あっても15秒ぐらいのがほとんどで、使えるのがあまりありません。
人材不足のアニメ業界じゃあるまいし、止め絵で数分に引き延ばすのはちょっと(^^;)

私のような素人が半日弱ででっち上げたサウンドを一瞬にして世界にばらまけるような
39年前に夢見たテクノポリスが現実のものになっても
頭に描いた映像をレンダリングできる未来は、もうちょっと先のようです。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

39年後の日常。 | 2018/10/28(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆YMO ◇弾いてみた
ひとり文化祭。
2018/10/21(日) KORG Pa900
毎週日曜更新のこのブログ。

当日の午後1時半になっても、どんな曲を弾いてアップするか決まらない(^^;)
午前中からいろんな曲をポロポロ弾いてたんですが。
いいのかそれで?

あー、あの曲にしよう(・∀・)

  20181014_1.jpg
  先週の記事に載せたこの広告。

さっそく弾いてみましたよ。

  翼をください(赤い鳥・1971年)
  
  原曲はこちら

おなじみの曲ですね。
学校の合唱イベントなどで歌った人も多いんじゃないでしょうか。
…今回は文化祭シーズンということで(^^;)

原曲はピアノ4つ打ちバラードのイメージが強いですが
実際に弾いてみたら16ビートのグルーヴを感じました。
そこで選んだのがこの「Windy Beat」という、ネットから拾ったスタイルです。

…と書いてから見つけたオリジナル版はやっぱり16ビートでしたw

  
  ボーカルすごい。

演奏は例によってほぼ自動伴奏で、メロディーと間奏のギターのみ手弾きです。
原曲とまったく違うイントロ・間奏・エンディングはこのスタイルのプリセットです。
制作時間は4時間。16分音符を食うコードチェンジを編集するのに少し手間取りました。

打ち込みはあまり凝った事をしていませんが
大サビに使ったVariation 4のパターンが派手すぎたので
パーカッションのみVariation 3から被せて少し大人しめにしました。

推測ですがこの曲が教育現場に取り入れられた理由は
「なんか現代的な曲も欲しいよね」というニーズが高まった折、
ラブソングでない事で白羽の矢が立ったのではないかと思いますw
16ビートが4つ打ちバラードに化けたのも教育的指導のなせる技だとにらんでます。

今回はギターサウンド中心のアレンジでしたが
「青春」の雰囲気を醸し出すならピアノ中心でまとめるといろいろ捗ると思います。

よろしければみなさんもどうぞ。

ひとり文化祭。 | 2018/10/21(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆赤い鳥 ◇弾いてみた
耳に壁あり。
2018/10/14(日) もろもろ
こんな広告が表示されましたよ。

  20181014_1.jpg
  ありそうでなかったコピーにわろたw

見た瞬間、頭の中にあの曲が流れてきました。
いい曲ですよね。そのうちやろうかな。
私はやっぱり本田翼が欲しいです。

  20181014_2.jpg
  いや、そっちじゃなくて(^^;)

さて。

今回は音楽制作をお休みして、ちょっと変わった動画を作ってみました。
人によっては耳障りに聞こえるかもしれませんが、どうかご容赦を(_o_)

  DAWで再現する「突発性難聴」の世界
  

実は私、5年ほど前から左耳に突発性難聴を患っております。
音楽ブログでこんな事を書くと佐村河内ばりのハンディキャップアピールかと
誤解されそうですが(^^;)

日常生活にはあまり不便はないのであります。(車の運転にも支障なし)
強いて言えば、賑やかな居酒屋で飲んでる時、左側に座った人の言葉を聞き取れないぐらい。
音としては聞こえてるんですけどね。

不便なのは音楽のミックスダウンをする時です。
左右のバランスが崩れているので、パンの調整がまったくできません。
(左右のステレオ空間のどこに音を定位させるか)
私の耳に合わせて調整したら、めちゃくちゃなミックスになるでしょう(^^;)

Pa900を買おうと思った理由のひとつがこの症状なんです。

それまでは普通のシンセで音楽制作をやっていたんですが
(500円で買ったi5Sは手弾き用のお遊びキーボードとして活用)
キーボード、ギターなど個別に作ったパートを左右に振り分ける時に頓挫しました。
人間の声の基音(〜3kHz)を超える帯域は右からしか聞こえないので(^^;)

でもアレンジャーキーボードの自動伴奏を使えば、各パートの音色や音量はもちろん
左右の振り分けもいい感じに設定されています。
なので「初期設定から変えない」ことでこの問題を回避しましたw

手弾きで加えたパートの振り分けは難しいですね(^^;)
メロディーなら中央に定位させればOKですが、それと絡む合いの手を入れようと思ったら
左右どちらかに振りたくなります。

いつも「このへんの位置、音量でバランスするはず」と数値を見ながら勘でやってますが
もし左右のバランスが崩れている曲があったら、それは音楽センスのなせる技ではなく
耳のせいだと思ってくださいませ(^^;)

ちなみに発症した心当たりはまったくありません。
イヤホンで大きな音を聞き続けると難聴になると云われますが
いつも聞いている音量は、密閉式ヘッドホンをかけていても
話しかけられたら気づくレベルですし。

というわけで、今回は暇ネタでした(_o_)

耳に壁あり。 | 2018/10/14(日) | 機種:もろもろ | コメント (4)
食欲の秋。
2018/10/07(日) KORG Pa900
今回は日本の楽聖、冨田勲の世界にチャレンジします(・∀・)

  20181007_1.jpg
  (イメージ)

アナログシンセを弾いたことのある人なら誰でもその名は知ってるだろうというぐらい。
海外でもシンセの先駆者として有名なようですね。
モノフォニックが当たり前だった時代のシンセで
オーケストレーションを構築するとか気が遠くなるような世界です。

そして今回果敢にも挑戦するのは、この曲。

  
  ええ…

この曲も冨田勲作曲だったとは今日知りましたよ。
実はいつか弾こうと思っていた曲なのであります(^^;)
ありえないアレンジでw

というわけでこうなりました。

  

メロディ+αの手弾き以外は、例によってほぼPa900の自動演奏。
ネットから拾った「16Beat Funk2 RMX」というスタイルを使ってます。
半ばネタ動画なのであまり凝ったことはしてません(^^;)
制作時間は1時間半です。

実は今回べつの曲に挑戦しようと思っていたのですが
乃木坂46にジェームス・ブラウンを掛け合わせるという無謀な試みが見事に玉砕したので
速攻で作れるネタを持ってきた次第です(^^;)
それでもすごく楽しみながら作りましたよ(・∀・)
合いの手で入ってくるブラスがこんなにはまるとは思いませんでした。

アレンジャーキーボードをお持ちの方、
ネットで拾えるスタイルはぶっちゃけ玉石混交なんですが
明らかに「ハズレ」でなければ、なるべく保存しておくと
いつか思わぬ曲に使えたりしますよ。

※来週は更新できるか、ちょっと微妙です(_o_)

食欲の秋。 | 2018/10/07(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (4)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆冨田勲 ◇弾いてみた
翌月 (2018/11) 前月 (2018/09)