プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
無頼庵風味。
2019/05/26(日) KORG Pa900
先日、こんなニュースがありましたね。

なぜ?AKBのCDが郵便受けに
「気持ちが悪い」住民の声も 路上にも、“拾得物”の届け出相次ぐ

人気アイドルのAKBグループのシングルCDが、福岡市早良区の路上に落ちていたり、団地や民家の郵便受けに入っていたりし、“拾得物”として早良署に届けられる事案が相次いでいる。署によると、11~15日、AKB48とHKT48の計14枚が届けられた。西日本新聞の取材で、他にHKT48の5枚が見つかった。届け出た人は「心当たりはない」と口をそろえ、署幹部も「今まで聞いたことがない現象。目的も全く分からない」と不審がる。(後略)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/510737/

  20190526_1a.jpg
  そのうちプラごみ問題にも取り上げられるんじゃないかと…

買ってしまったら仕方ないとはいえ、握手券を抜いた後の処分に困ったら
玄関先に置いて持って行ってもらう方法を考えてみてはどうでしょうか。
野菜の無人販売所みたいに。

同じCDばかり山のように積んでおいたらいかにも価値がなさそうに見えるでしょうから
たくさん種類を揃えて(ファンなら持っているでしょう)、各3枚ぐらいに留めるんです。
そして1枚でも減ったらすかさず補充すると。コンビニみたいにw
「おひとり様1枚限り」とでも書き添えておけば
まるで持っていかないと損するように思う人もいるんじゃないでしょうか。
そのうち「新曲が出たらあそこの家から貰える」という事が認知されれば
ご近所さんもにっこりです。

元手がタダで(タダではないですが)
「いかに価値を高めるか」という社会勉強をするいい機会だと思いますよ。
かくいう私は1枚108円で買ってますが(^^;)

さて。
今週は予告の通り、AKB48にブライアン・アダムスを混ぜてみました。

  【原曲】AKB48 - ジワるDays (2019年)
  
  「♪僕たちの別れの春が〜」の「はるが〜」のところを
  べらんめえ口調で歌ってる人が一人いますねぇw

誰が聞いてもAKBだと分かる王道アレンジですね。
この曲をPa900で弾いてみたら、ぱっと思いついたのがこの曲でした。

  Bryan Adams - Summer of 69 (1984年)
  

というわけで、108円のCDからボーカルを抽出して
ネットから拾ったブライアン風の伴奏スタイルで弾いてみました。

  おっさんが弾いてます
  

イントロにちょろっとオルガンで手弾きを入れた以外は
ほぼPa900の自動演奏です。3時間ぐらいで作りました。
メロディーを弾かないのに3時間もかかったのは
ひとえに173bpmというテンポのなせる技です。5分弱の曲で200小節以上w

  20190526_3.jpg
  「譜面」はいつもの倍の密度で書きましたw

そうそう、ここを読んでいる人にはわりとどうでもいい話ですが、
モニタースピーカーを替えたらミックスがやりやすくなりました(・∀・)

  20190512_5m.jpg

ボーカルリップした音声は機械的に合成したものなので
単体で聞くとすごく歪んだ音なんですね。
伴奏と混ぜた後で耳障りな帯域をGarageBand付属の31バンドEQで調整するんですが
どの帯域を上げ下げすればより自然な感じになるかの判断がしやすくなりました。

ミックスの際、スピーカーが一組しかなかったり
音量を上げるにも限界がある環境だったら
わざと音量を下げたり、ちょっと離れた場所で聴いてみるなど
いろんな状況で仕上がりを確認しておくと
後から聴いて「あれっ」と思う事がなくていいですよ。
私は掃除機をかけながらヘッドホンで聴いたりしてますw

よろしければお試しあれ。

◆今日の工作員

  20190526_4.jpg
  キーボードの「上覆い」を作りました。目的は猫対策w
  やつは窓辺で外を見るのが殊の外好きで、
  窓際にキーボードを置くと鍵盤を踏んで行くのでその防護策です。
  やっつけで作ったので凝った機構はなく、弾く時は持ち上げて撤去しますw

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

無頼庵風味。 | 2019/05/26(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (4)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆AKB48 ◇ボーカルリップ
緊張感のかけら。
2019/05/19(日) KORG Pa900
先日、Amazonで楽器関連グッズを見ていたら…

  20190519_1.png
  えぇ…

MIDIで何をコントロールするんでしょうねぇ。

さて。

今週はこの曲を弾いてみました。

  

久々のおかんリクエストでございます。
GWに帰省した時に拝領してきましたよ。
以前これとまったく同じパターンで「UFO」を弾きました。
どんだけピンクレディ好きなんだw

というわけでこんなアレンジに。

  ファンタグレープ160ml缶を一口で飲んでしまったおっさんが弾いてます
  

「SOS」というタイトルが連想させる緊張感を
思いっきり崩してみました。

  20190519_2.jpg
  緊張感のかけらもないという点では
  うちの猫と同レベルかも。窓辺で爆睡中。

Pa900内蔵の「Slow Latin Pop」という伴奏スタイルを使いました。
ぱぱっと打ち込んで3時間半ぐらいで完成。
譜面など見ずにうろ覚えで弾いたので、間違ってる箇所があるかもです。

打ち込みの技はあまり使ってませんが
イントロにはプリセットのIntro 2を使ってコードを自分で指定、
間奏はIntro 1を使っておまかせ演奏です。
あとコード進行は原曲から一部変えてます。

  20190519_3.jpg

現在の制作現場wはこんな感じです。
先週ご紹介した電子ピアノの純正スタンドは一時撤収(^^;)
L型配置って難しいですね。この位置関係だと隅の引き出しが開かないw
PC机は手前にあります。(白い天板が見切れてるのがそれ)
配置はまだまだ試行錯誤中で、Ver.0.98ぐらいです。

来週はAKB48とブライアン・アダムスを混ぜてみる予定です。

  

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

緊張感のかけら。 | 2019/05/19(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (3)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆ピンクレディー ◇弾いてみた
工作員。
2019/05/12(日) その他の機材
タイトルバナーに紅い差し色をしたらイオンぽくなった(´・ω・`)

  20190512_1m.jpg
  (イメージ)

今週は農繁期につきキーボード演奏をお休みし、小ネタ特集です。

1. キーボードスタンドにモニタースピーカーを取り付ける

先週ご紹介したしたカシオのデジタルピアノ Privia PX-350M、
本体スピーカーの音が情けなさすぎるので
手持ちのスピーカーを外付けすることにしました。

  20190512_2ma.jpg

スタンドに手持ちのスピーカーをぶら下げましたw
このスピーカーは以前「もらってください」で譲渡したものですが
事情あり手元に戻ってきて、しばらく休眠していた一品。

工作は、ホームセンターで買った適当なL字金具をコの字型に組み合わせて
スタンドの予備穴にねじ止めしただけです。
スピーカーの取付方法としては最低ランクですが
それでも本体よりはまともな音になりました。
床置きで構わなければ、木枠でも組んでそこに載せるほうが
ぶら下げるよりは安定性すると思います。

  20190512_3ma.jpg
  膝にぶつからないよう、奥まった位置に取り付けてます。

音の指向性がどうなるか気がかりでしたが
あんまり違和感ないですね。エレクトーンなんかもこの位置だし。

そして、スピーカーを駆動するアンプは…

  20190512_4ma.jpg

やっつけ仕事にもほどがありますね(^^;)
100均で買った伸縮式のベルクロテープでスタンドにくくりつけてますw
もはや工作というより応急処置(^^;)
もう少しまともなセッティングに変える予定です。

2. スピーカーを購入

スピーカーネタをもうひとつ。
中古でこんなスピーカーをゲットしました。

  20190512_5m.jpg

1990年頃の製品で、当時の価格は2本で35,000円。
BOSEの101と似たようなサイズです。
13cmウーファーとツィーターの同軸2ウェイ。

Pa900で録音したものをミックスする時のモニターや
PCの前に座ってる時のBGMに使う小型のスピーカーをずっと探してました。

このサイズのスピーカーって、鳴り方にクセのあるものが多いんです。
箱の響きが耳についたり、高音がチンチラしたり。
電気屋の店頭で聴いて「これ欲しい!」と思うものはありませんでした。

この製品は知らなかったのですが、
たまたま寄った中古店で聴かせてもらったところ、音のバランスはいいし
何より定位感が恐ろしいぐらいはっきり出ます。

シンセから出力した音は音量バランスだけで左右に振った疑似ステレオなので
定位を云々するのはアレですが、ステレオマイク1本で録音した音ネタを再生すると
スピーカーと耳を結ぶ三角形の空間に音像がくっきり浮かび上がりますw
ピアノなんか自分が弾いてるみたいですよ。

定位がダメなスピーカーは「スピーカーの表面が鳴ってる」感じがしますが
こいつはその手前の空間で音が生まれてくるように聞こえます。
ボーカルものは口が開いたり閉じたりするのが見えるようですw

  20190512_6m.jpg
  現在のPC周りはこんな感じ。Pa900を弾く時は机の右に持ってきます。

いろんなソースを再生してみたところ
疑似ステレオのはずのCDでもかなり立体感が出ます。
夜中に小音量で聴いてもぞくっとするぐらいに。
一青窈の「ハナミズキ」を聴いたら最初の1フレーズで涙しました。
こんな表現をする人だったのかと。

オーディオネタにありがちなエピソードとして
「店の高級なシステムで聴いたら良い音だったけど、自分んちで聴いたらがっかり」
というのがあります。
私も凄いシステムを持ってるわけでなく、もっぱらiMacで再生するMP3を
やっすいミニアンプ(ハードオフで収穫)で鳴らしてるだけなんですが
店で聴いた時と同じぐらいの満足感。
もう一生これでいいや、って思うぐらい気に入ってます。

数十万もする高級スピーカーならもっと凄いのがあるかもしれませんが
私のように、スピーカーに投資できる金額はこのぐらいだと考える人には
絶対のおすすめです。
中古を見つけて試聴する機会がありましたらぜひどうぞ。
相場は2本で1万円台のようです。(新品でその値段のを買うより128倍ぐらいいい)

  20190512_13m.jpg

余談ですが、同じ店には稀代の名機↑(中古で20,000円)もあり
最初はそっち目的だったのですが、純粋なスタジオモニターだけあって
馬鹿正直に全部の音を出してくる特性。
「これは音響(≠音楽)でご飯を食べてる人が仕事で使うスピーカーだな」と直感。
部屋で音楽鑑賞するのに向いてるかと考えると微妙でした。
言うなれば倍率1倍の顕微鏡。それを覗き込んで絵画鑑賞するかと言われると(^^;)

今回のお買い物は好みで選びましたが、
ミックスに必要なのは稀代の名機のほうだったかも(^^;)
そのうち買ってしまうかもしれませんw

3. iMacの画面位置を下げる最も簡単な方法

まだ「部品」が届いてないので、実体験はこれからですが…

以前、こんな記事を書きました。
スタンドが一体になっているiMac(特に27インチ)は机に載せると
画面が高く上目遣いになるので、もう少し下げたい、という話でした。

  20190211_5.jpg
  (拾い画像)

写真のように机の後ろに何らかの「家具」を置いて対処している人が多いようですが
スペースを消費せず、しかもローコストで画面の高さを下げる方法を見つけました(・∀・)

  20190512_8m.jpg
  PCで描くのがめんどいので手描き(^^;)

適当な角材と板で、スタンドを差し込めるスペースを机の下に設けます。
そして↓のようなデスククランプで机とともに固定します。

  20190512_7m.jpg

下げ幅は角材の高さで調節可能。
スタンドは∠型なので背面に少し飛び出しますが、
デスククランプを少し浅めにかませればスタンド自体が壁に当たることもなさそうです。

4. こんなキーボードスペースはいかが?

工作つながりで、ネットで見つけたネタですが。

  20190512_9m.jpg 20190512_10m.jpg

キーボード「スタンド」を自作している事例はたくさんありますが、
本体をも収納するこんなエンクロージャーを作ってる人もいるんですね(・∀・)
なかなか素敵です。

  20190512_11m.jpg
  これはプロの作品のようですが、素晴らしい(・∀・)

ここまで本格的でなくても、
シンセの側面にウッドパネルを付けるとか
ちょっとしたカストマイズをすると楽しいですね。
自分で作るとどんな出来でも気に入りますよ。それは音楽と同じです(・∀・)

  20190512_12m.jpg
  https://joyfulhonda.jp/item/172239

高さ50cmというテーブル脚(レア)を見つけたので
近いうちにPa900用のスタンドを自作する予定です。
これにキャスターを付けると60cm弱、座奏にちょうどいい高さになります。

キーボーディストのみなさま、
たまには鍵盤の代わりにノコギリをひくのも楽しいですよ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

工作員。 | 2019/05/12(日) | 機種:その他の機材 | コメント (0)
ふたりはプリヴィア
2019/05/04(土) CASIO PX-350M
  20190505_1.jpg
  (写真と本文は関係ありません)

令和元年も残すところあと241日。
というボケはおいといて。

定期更新日の明日は終日外出になったので、1日前倒しの更新です。

10連休の8日目、いかがお過ごしでしょうか。
私はこの連休に突入する直前、こんなものを買ってしまいました。

  20190505_2p.jpg

はい、電子ピアノでございます。

カシオのPrivia PX-350Mという機種です。
定価88,000円(税抜)、実売価格は5万ちょいというエントリークラス。
一応現行品ながら「在庫僅少」という位置付けで
展示品限り31,600円(同)で出てたのをゲットしました。
(箱なし。プチプチにくるんでもらって抱えて帰ったw)

なぜこんなものを買ったかというと、弾けるようになりたいからです(^^;)

Pa900のバッキングに合わせて手弾きするのが楽しくなってきたら
ピアノ音色をシンセ鍵盤で弾くことに少しずつ違和感をおぼえるようになってきました。
「ピアノ鍵盤で弾いたら、もっと違う表現ができるんじゃね?」という
素人にありがちな「機材のせいにする」衝動がふつふつとw

あ、音色そのものはPa900のプリセットで満足してますよ。
電源を入れた直後に選択される「Grand Piano」などは
手によく馴染むいい音色です。エフェクトの乗りもいいし。
どの曲もついこの音色で弾きたくなるぐらいです。

そんなわけで「鍵盤だけあればいいや」と考えた私、
最初はフルウェイト88鍵のMIDIコントローラーを買う気でいました。
しかしそういう機種はプロ用?で高くなってしまうのと
田舎では試奏する機会がないので予選落ち。
シンセ鍵盤はカタログ買いする私ですが、ピアノ鍵盤はさすがに(^^;)
機種ごとに全然違いますからね。
なので実機展示のある機種から選びました。

  20190505_3p.jpg
  PX-350Mのトップビュー。エントリーモデルなのでボディはプラスチックです。
  88鍵って家で見るとでかいですねー。
  「グランドピアノはこの幅にあの奥行きが加わるのか」と戦慄しましたw

日本のキーボード三大メーカーといえば、ヤマハにコルグにローランド。
すべて試奏しましたが、エントリークラスで満足できるものはありませんでした。

ヤマハの25万円ぐらいする高級モデルは
音を出した瞬間に「これはピアノだ」と思いました。
でも安い機種はあからさまに違う(^^;)
心情的にはコルグを応援したかったですが、タッチが好みではなかった orz

いろいろ試奏した結果、10万円を切るぐらいのクラスなら
三大メーカーよりむしろカワイ、カシオあたりが狙い目かもと思いました。
特にカワイのこれは良かったです(・∀・)

  20190505_4p.jpg
  カワイ CN-27。
  エントリークラスは丼物でいうとだけですが
  10万円出すとご飯の上に乗ってこういうルックスになります。

ともあれ、ハンマーアクションの仕組みとか細かい事はよく分かりませんが
「いつまでも弾いていたい鍵盤」を選べばいいんじゃないかと。

ピアノ経験のない私はどこまでも同じ抵抗で「もそっ」と沈んでいく鍵盤より
押し始めが一番重く、そこから先はすっと入っていく鍵盤のほうが弾きやすかったです。
今回買ったカシオはそういうタイプ。

「鍵盤さえあれば」で選んでいたはずが、結局買ったのは自動伴奏付きモデルw
このへんはアレンジャーキーボード好きの性ですねー。
基本的にはPa900とつなげて使う予定ですが、平日の夜などちょこっと弾きたい時に
単体でもアンサンブルが楽しめたらいいな、と思ったので。

  20190505_5p.jpg
  Pa900と並べてみた図。
  どちらも水平の台に置いてますが、Pa900のくさび形の傾斜が目立ちますね。

Pa900との連携を実現するためにMIDI端子がある事も重要なポイントでした。
USBならたいていの機種に装備されていますが
USB-MIDIで接続できる相手はあくまでもPC (or スマホ等)です。

  20190505_15p.jpg

USBはこういうコネクター形状ですね。
type AはPC本体、type Bは周辺機器に挿します。
キーボードに両方の端子が備わっていても
そのうち演奏情報をやりとりできるのはtype Bだけです。

type Bを1台のキーボードに接続すると、もう1台はtype Aで受けることになります。
でもその端子はUSBメモリーなどを挿すためであって、演奏情報は送受できません。

つまり「キーボード+PC」ではなく「キーボード2台」を接続する場合は
USBではだめで、MIDI端子が双方に必要です。

  20190505_16p.jpg
  USBとMIDIを変換するインターフェイスは売ってますが
  USB側はtype Aで、あくまでもPCに挿すコネクターです。

このあたり、2台を連携させようという人には地味に落とし穴かも。

ところで、今回は純正スタンドを一緒に買いました。
メーカー純正品を買ったのはたぶん初めて(・∀・)

  20190505_6p.jpg
  カシオ CS-53P

このスタンド、定価4,500円と純正品にしては安いのが特徴です。
88鍵を支えられるスタンドって無名の中華製でもそれぐらいするので
いっそ純正品を買ったほうがお買い得。ネジで固定できるし。
昨今は中華製でもまったく不満なく使えますが、やっぱり塗装の質が違います。
もちろん強く弾いても揺れることなく非常に安定してますよ。

レビューには「組み立て方が分かりにくい」という意見が多いですが
組み立て方自体は簡単。組立家具を作れる人なら誰でもできます。
コツがいるのは本体を載せて固定する場面です。
滑りやすい本体を狭いスタンドに載せた時、落下事故を起こしそうだし
下から覗き込んでネジ穴を探すのはやりにくいです。作業は慎重に。

ちなみに純正スタンドにはもうひとつ
より「ピアノらしく」見える高価なスタンドもありますが…

  20190505_7p.jpg
  カシオ CS-67PBK

これに3本ペダルユニットを付けるとスタンドだけで2万円コースw
本体が5万円クラスなのにそれはどうかと思ってしまうわけです(^^;)
それならもう少し奮発して10万円クラスの機種を買ったほうが
スタンドもペダルも最初から付いてるし、見た目もピアノぽくて
トータルの満足度は高いと思いますよ。(鍵盤も1ランク上かも)

  20190505_8p.jpg
  エレクトーンの椅子(座面高さ55cm)に載せたPa900と並べると
  鍵盤の高さはこんなに違います。

純正スタンドに載せたPX-350Mは白鍵の天面まで74cm。立奏でもいける高さですw
鍵盤は低いのが好みですが、本物のピアノはこの高さだし
椅子を高くすれば問題ないと解りました。
(いつもはダンパーのガスが抜けた低い椅子に座ってる ^^;)
ちなみにエレクトーンの椅子にPX-350Mを載せたら、意外に安定していて驚きました。
下手なスタンドよりよっぽど安定してます。
ぶつかったら落ちそうなのでおすすめしませんが。

さて、実際に弾いてみた印象はどうなのか?
(「続きを読む >>」をクリックするとジャンプします)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

続きを読む >>
ふたりはプリヴィア | 2019/05/04(土) | 機種:CASIO PX-350M | コメント (4)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆荒井由実 ◇レビュー
翌月 (2019/06) 前月 (2019/04)