プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
結果オーライ。
2018/05/27(日) KORG Pa900
こんな動画を見つけましたよ。

  

うはははは。
どこかで見たことある人達だなーと思ったら、↓の動画でした。

  

いろんな事やってるんですねw

さて今週は音楽制作をお休みして、これにスポットを当ててみたいと思います。

  20180527_1.jpg

コルグやローランドの機種でおなじみのスティックでございます。
左右に倒すとピッチベンド、手前や奥に倒すとモジュレーションです。
ヤマハはスティックでなく2連のホイールが伝統ですが、どちらにも通じるお話ですよ。
以下、知ってる人には「なーんだ」という内容ですが。

こういう演奏をしたいと思ったとします。

  20180527_2b.png

ノートはジャストのタイミングで発音させ、滑らかなピッチベンドをかけます。
でも私は下手なので、どうしてもモタってしまいます(^^;)

  20180527_3b.png

なので手弾きパートには基本的にクォンタイズをかけてます。
問題はピッチベンドです。

  20180527_4b.png

ピッチベンドのデータもクォンタイズされ、音程が段階的に変化してしまいます。
そりゃそうですよね。ベンドの値が全部「拍」のところに移動してしまいますから。
かといってクォンタイズをかけないと、演奏がボロボロ(^^;)

そこで私はこんなインチキをしています。

  20180527_5b.png

まず鍵盤からの入力だけをシーケンサーに録ります。クォンタイズをかけて。
その上からベンドの操作だけをクォンタイズなしでオーバーダブします。
ベンドを入れる前の状態をセーブしておけば何度でもやり直せますね。

ところで、半音単位と1音単位のベンドが混在する時
ベンドレンジは1音単位(=2)に設定するわけですが、
スティックを正確に半分まで倒して音程を半音上げる(下げる)のって難しくないですか?
手元がちょっとでも狂うと音程がずれてしまいます(^^;)

そんな時、シーケンサーのトラックに余裕があれば同じ音色を2つのトラックにアサインして
片方のベンドレンジは「1」、もう片方を「2」に設定します。

  20180527_6b.png

で、半音上げる(下げる)フレーズは左のトラックに、
1音上げる(下げる)フレーズは右のトラックに分けて録りますw
こうすれば心置き無くスティックを倒しきることができます。

注意点としては、録り終えて「できたー(・∀・)」という段階で
嬉しまぎれに2つのトラックをマージしてしまわない事ですw
それをやっちゃうとマージ先のトラックのベンドレンジに引きずられて
半音上げるつもりが1音上がってしまうベンドになってしまいます(^^;)

DAWならベンド値を半分に圧縮する編集なんて一発で出来るでしょうけど
それを書いちゃうと「Pa本体でどんな事ができるか」という
このブログの趣旨から外れてしまうので(^^;)

このインチキ技はピッチベンドだけでなくモジューレションにも有効ですよ。
ちなみに私はスティックを手前(奥)に動かすつもりで斜めに動いてしまうことがあるので
モジュレーションはピッチベンドを入れた後でオーバーダブしてますw

人前で弾くのでなければインチキし放題ですよ。
出来上がってしまえばこっちのもんです。
よろしければみなさんもどうぞ(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

結果オーライ。 | 2018/05/27(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇使いこなし
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。