プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
天高く馬肥ゆる秋。
2018/09/23(日) KORG Pa900
今月二度目の3連休、いかがお過ごしでしょうか。

私は10月第1週に有休を確保したので、3連休×4週連続(・∀・)
去年、引越しでこの手を使って味をしめたので、今年もやってみました。
長期の休みがずーっと続くより「あと○日行けば3連休」というスケジュールのほうが
仕事のモチベーションは上がるのであります。

さて。
今週はこの曲を弾いてみました。

  原曲 The Theme of Winner / 松任谷正隆
  

おなじみの人にはおなじみの、「カーグラフィックTV」のテーマ曲です。
コンペティションとロード両方の雰囲気を感じさせる曲調と
カッチョイイ映像が車好きの心に刺さるのであります。

というわけで私も弾いてみました。

  秋味350ml缶を空けたおっさんが弾いてます
  
  3連休スペシャルということで、拾い素材で動画も作ってみました。

原曲が「機械の馬」なら、こっちは元祖の馬。
Pa900内蔵の「Western Movie」という自動伴奏スタイルを使ってます。
「どんなアレンジにしようかなー」といろんなスタイルをとっかえひっかえ弾いてたら
妙にはまったのがこれでした。
いつものようにひねり技のアレンジですね(^^;)

ちなみにこの曲に素直にはまるスタイルとしては、70sディスコなんかがおすすめです。
原作曲者の年代を感じさせますね。

今回は手弾きでたくさんのパートを重ねてます。
「どのパートが」とはあえて書きませんが、自動演奏に聞こえるところが手弾きだったり
手弾きに聞こえるところが自動だったりします。
オーケストラアレンジの基本なんて全然知らないので
聴く人が聴けばめちゃくちゃなアレンジだろうと思いますが。

制作時間は
・伴奏の打ち込み 2時間
・手弾き     1時間(全パート一発録り無修正 (*´д`*)ハァハァ)
・ミックス    2時間
・動画の編集   3時間
というところです。

それにしてもあれですね。このスタイルでこの曲を弾くと
ちょっと油断するとすぐスターウォーズになったり炎のランナーになってしまうw
それだけ影響力は大きいということでしょうか。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

天高く馬肥ゆる秋。 | 2018/09/23(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆松任谷正隆 ◇弾いてみた
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。