プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
補欠合格。
2019/03/03(日) KORG Pa900
1月に買ったiMac。

  20190303_1.jpg

内蔵スピーカーのボリュームを下げていくと、音像が徐々に左に偏ることが発覚。
今までオーディオI/F経由で外付けスピーカーを鳴らしてたので発見が遅れました。
あーこれはパワーアンプの不良ですね。ヘッドホン端子からの出力は正常です。

Appleのサポートに電話したら、二つ返事でピック&デリバリーしてくれましたよ。
PA機材のフライトケースのような立派な通函を持ってきて、あっという間に梱包。
わがiMacはヤマトの乗組員とともに厚木へ旅立ちました。(戻ってくるのは1週間後)

というわけで今週はこの曲ですw

  【原曲】宇宙戦艦ヤマト (1974年)
  
  オープニングで砲身がむくむくっと持ち上がるところが何かいやらしいんですが(^^;)

ささきいさおが渾身の力を込めて歌う名曲ですね。
今聞くと物凄いテンションにおののきます(^^;)

で、こんなふうにアレンジしてみました。

  オロナミンCを飲んでるおっさんが弾いてます 
  

ネットで拾った「Ambient Groove」という自動伴奏スタイルを使いました。
メロディーの他、イントロやオブリガートに多少手弾きを入れてます。
エンディングにミュートトランペットで適当なフレーズを入れたら
そこだけスクリッティ・ポリッティぽくなりました(^^;)
ちなみにコード進行は原曲から少し変えました。制作時間は5時間ぐらいです。

スタイルの名前の通りオサレなアンビエント風を意識したつもりでしたが
悲壮感たっぷりの勇ましい曲をゆるくアレンジすると、妙な哀愁が漂うんですね(^^;)
カッチョイイ地球防衛軍が基地から宇宙戦艦を発進!させるというよりは
タワマンと赤提灯が混在する新橋あたりの敷き鉄板の下から
ゴゴゴゴ…と出てきそうな雰囲気ですw
なので背景画もそれっぽいのを拾ってきました。
地球防衛軍のビル?を見上げながら「あー俺もあそこに居たはずなのに」と
子供の頃の夢を思い出しつつ一杯引っかけてるおっさんを想像していただければ(^^;)

さて今回のアレンジ、いろんな伴奏スタイルを試した結果、候補が3つに絞られました。
最終的に選んだのは動画のスタイルですが、残りの2つもちゃんと活用してますよ。
エレピと2コーラス目に登場する切れ味鋭いブラスがそれです。
手弾きトラックにコピーして伴奏パートを厚くしました。言わば補欠合格ですね。
ゆるすぎるバッキングを少し引き締める効果が出ました。

こんなふうに、似たようなスタイルがいくつか候補に上がり
「んー、どれも捨てがたいな」と迷ったら、ためしに混ぜてみるのも楽しいですよ。
元の伴奏と被るようなら、試聴して要らない方を消せばいいんです(・∀・)
音を足したいと思ってから改めて別のスタイルを探すより、
ノミネートに残った中から選ぶ方が、リズム感が合うものを見つけやすいです。

この手法はPa900に限らず、ローランドでもカシオでも使えると思います。
もちろんヤマトでも。もといヤマハでも。
よろしければみなさんもどうぞ。

◆当ブログおすすめ番組

  

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

補欠合格。 | 2019/03/03(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (11)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた ◇使いこなし
コメント
mappy
2019/03/04(月) 01:02:52  URL 編集
いつも楽しく拝見しています。初めてコメントさせていただきました。
こちらのサイトでkorgのアレンジャーキーボードというものを知り、購買意欲が沸いていたのですが、ついにPA1000を購入しこの週末に入手しました。
自動演奏のキーボードは学生時代ヤマハのポータートーン以来ですが、あれから四半世紀、技術の進歩に驚愕です。
まだまだ分からないことばかりですが、楽しめそうです。
これからもサイトの更新楽しみにしています。
紺  #eK1KoZmQ
2019/03/04(月) 21:57:52  URL 編集
mappyさん、はじめまして。ようこそおいでくださいました(・∀・)

おぉ、Pa1000購入ですか!
ステマに精を出した甲斐がありましたw
実際に購入した方のレビューを読みたくて、よく検索してますが
Pa700はヒットしても1000はなかなかいないようです。
ひょっとして日本で買った人の順番でトップ10に入ったりして?

ポータトーンをお持ちだったんですね。
それなら自動伴奏キーボードはどんな感じで演奏するかの
イメージはあったわけで、購入検討の大きな助けになったのではと察します。
四半世紀の進化は物凄いと思います。電卓とスマホの違いぐらいかも?

かくいう私もPa1000は実物を見たことすらないので
実際使ってみての印象などぜひ教えてください(_o_)

操作や使いこなしなど、ご質問がありましたら
知ってる範囲で100%サポートしますよ〜(・∀・)
mappy  #.I57DTE6
2019/03/05(火) 01:06:35  URL 編集
早速コメントありがとうございます。

まだ購入3日目、平日は残念ながらPa1000に触ることもできませんが、今日は通勤電車でkorgサイトの動画を見てイメトレしました。
焦らずじっくり楽しみたいと思います。

これまた四半世紀ぶりに分厚い「歌本」を購入し、自動伴奏を試してますが、キーボードに触れるのも久しぶりなもので、初見で弾くのはまだまだおぼつかない状況です。
ただ自動伴奏だとイントロとエンディングだけは完璧ですね...
最新の曲より80年90年代の曲の方が、選択するstyleが何となくわかる感じです。

Pa1000のファーストインプレッションですが、
エンジ色は思っていたより落ち着いた印象、高級感はある
本体サイズは大きく、分厚い
鍵盤のタッチは、やや軽い印象
パネルのボタンは小さいわりには見やすいし、押しやすい
ただ、タッチパネルは少し指で押したところと若干のズレる感じがする
これはiPadと比べてで、慣れの問題かもしれません
演奏中はボタンの方を多用する気がします
スピーカーからの音も結構良く、部屋で演奏するには満足レベル

とりあえず見た目中心の印象ですが、今のところ大満足です!

機能面はまだまだ初心者ですので、紺さんのブログで勉強しますね。
過去のブログもほぼ読みましたよ。

これからもよろしくお願いします。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2019/03/05(火) 23:26:27  URL 編集
あらあら、いいですね、mappyさん、pa1000購入。
そしていい出会いですね、おめでとうございます。

ぼくも欲しくなっちゃいました。ただ置く場所がないんですね。
リビングとか広いのに嫁にキーボード設置許可されなくて、せまい4畳くらい
のお部屋を仕事もする書斎でやりくりしています。

スピーカーレス(重量軽減)で49鍵フル鍵で軽量でたてかけられるようなものがほしいなぁ、Korgさん。

ちなみに小生は大昔のファーストキーボードがYAMAHA Portatone PSR-12というものでした。ステレオですらない、MIDIもないというものをお父さんに買ってもらいました。
紺  #eK1KoZmQ
2019/03/08(金) 21:25:27  URL 編集
mappyさん、やまちゃんさんこんにちわ。
コメントありがとうございます。

週に3日不在にしている関係で平日はレスポンスが遅くなります。すみません。

◆mappyさん

> 今日は通勤電車でkorgサイトの動画を見てイメトレしました。

イメトレは大切ですね(・∀・)
動画なら実機が手元になくてもアウトラインを掴みやすいですし、空き時間の有効利用もできますね。
私は出張などの移動中にマニュアルのpdfを通読して
「おっ、こんな機能があるのか」と発見した箇所には付箋マークを付けてました。

イントロ/エンディングは本当によく出来てますね。
中には「凝りすぎwww」と思うぐらい作り込まれているものや
20小節以上ある長いのもありますよ。

ちなみにPaの自動伴奏は、同じスタイルでも
メジャー(長調)とマイナー(短調)で演奏がガラッと変わります。
イントロのフレーズも変わりますよ。
ひととおり試聴を終えたら、コードを変えて聞いてみてください。驚くと思います。

実物を見たことのない私が一番気になっていたのが「色」です。
落ち着いていて高級感があるとのこと、良さそうな感じですね。
鍵盤のタッチはGlobalモードで変えられますよ。私は標準よりさらに軽めにしています。

スピーカーの音は「馴らし」が進むにつれ、繊細さが増してきますよ。
背面に空いている穴(バスレフのポート)からは相当な低音が出ているので
壁との間隔を少し空けた方が低音の締まりが良くなります。
全体的な音質のチューニングもメモリーできますよ。

そうそう、前回のレスに書こうと思っていたことがひとつ。
オートパワーオフについてです。
初期状態では無操作時間が4時間続くと勝手に電源が落ちます!
セーブしていないシーケンスなどは消えてしまうので
オートパワーオフはOFFにしておく事をおすすめします。

今後ともよろしくお願いします。

◆やまちゃんさん

鍵盤は場所とりますからねー。
かく言う私も、平日はソフトケースにしまってあって
週末に出してセッティングする、その繰り返しです。

> スピーカーレス(重量軽減)で49鍵フル鍵で軽量で

そしてアレンジャーキーボードで、ですよね(^^;)
それに近いものというとポータトーンになるかと思いますが、スピーカー付いてますしね。
サイズ的にはミニ61鍵が近いんでしょうけど、弾き心地は全然違いますからね。
無線がもう少し速くなれば、コントローラー+ソフトシンセで実現できるでしょうか。

> YAMAHA Portatone PSR-12

ぐぐってみました。「ザ・80年代!」って感じ(・∀・)
MIDIが付いてないキーボードってあったんですね。知りませんでした。
演奏を録るとなると手弾き一発録りですね。
うーん…私には敷居が高いかも(^^;)

この世代の機種というと、こんなYouTubeチャンネルがありますよ。
https://www.youtube.com/channel/UCcTt3O4_IW5gnA0c58eXshg
リペアしたり改造したり、いろんな事やってます。興味ありましたらどうぞ。
mappy  #.I57DTE6
2019/03/09(土) 02:45:37  URL 編集
◆紺さん

こんばんは。コメント有難うございます。

伴奏スタイル、内蔵されているものだけでも相当な種類で、ひととおりの試聴も長く楽しめそうです。おっしゃるとおり、凝りすぎなのもあり、イントロ延長の路線で自然と曲作りができそうです。(逆にひきづられるかも...)

色については、私も実機を見ずにネットで購入したので、実は一番心配でした。主観的なものですが、私は気に入ってます。

オートパワーオフや鍵盤タッチの設定など、アドバイス感謝です。今週末は使い倒したいです。

◆やまちゃんさん

はじめまして。コメント有難うございます。

キーボードは場所取りますね。Pa1000を入手したので、2年前に手に入れたRolandのJUNO-DS61は当面出番なさそうです。

私のファーストキーボードはYAMAHA PSR-38 です。
MIDI端子はついてますが、液晶表示は数字2桁だけです。これでも当時は充分楽しめたのですが。
今も捨てられずに納戸の奥にしまってあります...



紺  #eK1KoZmQ
2019/03/09(土) 09:57:39  URL 編集
mappyさんレスありがとうございます。

> イントロ延長の路線で自然と曲作りができそうです。(逆にひきづられるかも...)

それこそが、KORG本来想定しているメインの使い方だと思いますよ(・∀・)

私は曲を作る才能がないので既成曲ばかり弾いてますが、
実際「この曲を弾こう」と決めて鍵盤に向かうのではなく
なんとなくスタイルを鳴らしていると
「…このイントロからの流れだとこの曲になるな」と思い浮かんだ曲を
手が自然に動いて弾いている時があります。

自作曲でも、既成曲でも
プリセットからのインスピレーションが得られるのは
アレンジャーキーボード最大の価値だと思う次第です。

JUNO-DSは魅力的な機種ですね。
Paで「左手はコード、右手はメロディー」を弾いていると
鍵盤数がもっと欲しくなって、やがて2段鍵盤が欲しくなりますw
JUNO-DSは音色の切り替えが簡単そうなので
Paで自動伴奏を鳴らしながらJUNOでメロディーを弾くのも
今後の楽しみだと思いますよ(・∀・)
音はPaのスピーカーから出せますし。

JUNO-DSで目を惹かれたのは88鍵の存在です。
単3電池で駆動できるウェイテッド88鍵のシンセって何か楽しそうですねw
(音源なしのMIDIコントローラーならたくさんありますが)
こういう楽器をアレンジャーキーボードとは別に持っておいて
ピアノ鍵盤を弾きたくなったらそっちに向かうというのも、なかなか楽しい音楽生活だと思います。

88鍵バージョンはひょっとすると、楽器という枠を取っ払っても
単3電池で駆動する機器の中では世界一重かったりして? (16kg)
やまちゃん  #gjQGyRIs
2019/03/10(日) 00:53:26  URL 編集
◆紺さん

もちろん、アレンジャーキーボードです。
外国人のYoutubeのチャンネルみました。
結構たのしい方ですね。お気に入りのチャンネルに入れておきます。

◆mappyさん

YAMAHA PSR-38 は割と現代的なロゴがついていますね。

いずれにせよ、Pa1000羨ましいです。
いろいろ書き込んでくださいね。

紺  #eK1KoZmQ
2019/03/10(日) 20:38:54  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

ブログをご覧の方同士のコミュニケーションが実現したのが
とても嬉しいです(・∀・)

> 結構たのしい方ですね。お気に入りのチャンネルに入れておきます。

こういう機種を使ってマルチ録音でサウンドを作り上げていくのも楽しいですね。
アレンジの勉強にもなりますよ〜(・∀・)
やまちゃん  #gjQGyRIs
2019/03/20(水) 02:05:22  URL 編集
所長、どうやらまた新しいiMacが今日発売になったそうです。
CPU, えらい早い速度みたいです。
Apple バンバンハードルあげていきますね。
なに考えているのだろう。

SPECは魅力的なのですが、相変わらず、外部Windows PCを接続して
iMacをディスプレイとして使えない問題が痛いです。

まぁまだ自分のMacbook pro使えるのでいいじゃないかという説はありますが・・・、IT系はなんでも時代最高速基準のものがほしくて。
紺  #eK1KoZmQ
2019/03/23(土) 08:00:03  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

昨年はモデルチェンジしなかったので、そろそろかなと思ってました。
スペックを比較すると半導体関係?が地味に高性能化してますね。

> SPECは魅力的なのですが、相変わらず、外部Windows PCを接続して
> iMacをディスプレイとして使えない問題が痛いです。

これなんですよね…
せっかくいいディスプレイが付いてるのに。
他のPCと併用する人のみならず、これ1台だけ使う人にとっても
いずれ本体が陳腐化 → ソフトのバージョンアップがストップ → webサイトに対応できなくなる
となった時にディスプレイごと廃棄になってしまうのでは、もったいないですね。

ちなみにうちのiMacにはWi-Fiテレビチューナーを付けました。
PCとしての役目を終えたらただのテレビになる予定ですw

> IT系はなんでも時代最高速基準のものがほしくて。

ハイスペックなものを選んで長期間使える事が、結局一番得なのかなと思ったりします。
コメントの投稿