プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
低きに流れる。
2016/08/28(日) KORG Pa900
今回は、紹介するのが延び延びになってました
Pa900のイケてない点について書こうと思います。
「自動伴奏パートをステップ入力する時に困ること」です。

  20160828_1.png

Pa900はアレンジャーキーボードですから
普通のシーケンサーやDAWにはない特殊なトラックがあります。
図中、色が付いてる3つのトラックがそれです。
(以下、マクロトラックと表現)

Pa900のシーケンスはstandard MIDI file (SMF)形式で保存できます。
こいつで作ったデータを他機種へ持っていってもそれなりに再生できます。

アレンジャーキーボード以外のMIDI機器で同じ演奏を再現するためには
「スタイルは何」「バリエーションは何番」「コードはどれ」という内容のトラックを
普通のMIDI演奏データに展開する必要があるわけです。

以前使っていたコルグi5Sでは通常のセーブはこの機種の独自形式で行ない、
他機種へ持っていくためにSMFにしたい時に通常の「保存」とは違うコマンドを選択すると
SMFで書き出してくれました。
Wordで作ったファイルを配布する時、誰でも読めるようPDFに変換するようなものですね。

そして、Pa900の保存形式はSMFオンリーです。
セーブするたびに、マクロトラックを普通のイベントデータに展開してSMFにします。
冒頭の図でいうと、上の3トラックがTr9〜Tr16に展開されるわけですね。

すると、どんな事が起こるでしょうか?

前回「引いて盛り上げる。」という記事で、
曲の盛り上がりを演出するために、最初は特定のパートをミュートさせる方法をご紹介しました。
Aメロの2回目からドラムスが入ってくるような感じで。

i5SにはPLAY/MUTEというそのものずばりのコマンドがあったので、
狙ったタイミングでこれを打ち込めば簡単に実現できました。

しかしPa900にはこのコマンドがありません(´・ω・`)

代替手段は一応ありまして…

  20160828_2.png
  イベントエディット画面

普通のシーケンサーと同様のイベントエディット画面があり、Tr9〜Tr16も編集できます。
ここに
 value=11(コントロールチェンジ11…エクスプレッション)
 value2=0
と打ち込めば、エクスプレッションペダルを手前に倒し切るようにミュートされます。

  20160828_3.jpg
  エクスプレッションペダル

しかし、Tr9〜Tr16のイベントをエディットした後でマクロトラックを修正すると
もう一度「SMFへ展開」が実行され、プリセットパターンに入っているイベントで
すべて置き換えられてしまいます(´・ω・`)
打ち込んだデータを聴きながら「ここのフィルインを差し替えたいな」と思って
マクロトラックをいじった瞬間にあぼーんですよ。

まるでWordで編集中の文書がPDFでしか保存できなくて
保存するたびに文字装飾とかが飛んでしまうようなものです。
これは地味に不便ですねー。
同じ流れを汲むPa300やmicroArrangerも同様かと思われます。

i5Sのように、SMF形式で欲しい時だけコンバートすればいいのでは?
今どきのCPU性能なら一瞬で出来るでしょう。
マクロトラックを持つのがアレンジャーキーボードの特色なのに
常に汎用的な形式でセーブするがためにこんな弊害が出るのでは本末転倒です。

このへんがPa900の一番イケてない点だと思います。
細かな不具合の修正と違い、改良が大変そうな点も頭の痛いところです。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

低きに流れる。 | 2016/08/28(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇レビュー
コメントの投稿