プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 09  (4)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
ふたりはプリヴィア
2019/05/04(土) CASIO PX-350M
  20190505_1.jpg
  (写真と本文は関係ありません)

令和元年も残すところあと241日。
というボケはおいといて。

定期更新日の明日は終日外出になったので、1日前倒しの更新です。

10連休の8日目、いかがお過ごしでしょうか。
私はこの連休に突入する直前、こんなものを買ってしまいました。

  20190505_2p.jpg

はい、電子ピアノでございます。

カシオのPrivia PX-350Mという機種です。
定価88,000円(税抜)、実売価格は5万ちょいというエントリークラス。
一応現行品ながら「在庫僅少」という位置付けで
展示品限り31,600円(同)で出てたのをゲットしました。
(箱なし。プチプチにくるんでもらって抱えて帰ったw)

なぜこんなものを買ったかというと、弾けるようになりたいからです(^^;)

Pa900のバッキングに合わせて手弾きするのが楽しくなってきたら
ピアノ音色をシンセ鍵盤で弾くことに少しずつ違和感をおぼえるようになってきました。
「ピアノ鍵盤で弾いたら、もっと違う表現ができるんじゃね?」という
素人にありがちな「機材のせいにする」衝動がふつふつとw

あ、音色そのものはPa900のプリセットで満足してますよ。
電源を入れた直後に選択される「Grand Piano」などは
手によく馴染むいい音色です。エフェクトの乗りもいいし。
どの曲もついこの音色で弾きたくなるぐらいです。

そんなわけで「鍵盤だけあればいいや」と考えた私、
最初はフルウェイト88鍵のMIDIコントローラーを買う気でいました。
しかしそういう機種はプロ用?で高くなってしまうのと
田舎では試奏する機会がないので予選落ち。
シンセ鍵盤はカタログ買いする私ですが、ピアノ鍵盤はさすがに(^^;)
機種ごとに全然違いますからね。
なので実機展示のある機種から選びました。

  20190505_3p.jpg
  PX-350Mのトップビュー。エントリーモデルなのでボディはプラスチックです。
  88鍵って家で見るとでかいですねー。
  「グランドピアノはこの幅にあの奥行きが加わるのか」と戦慄しましたw

日本のキーボード三大メーカーといえば、ヤマハにコルグにローランド。
すべて試奏しましたが、エントリークラスで満足できるものはありませんでした。

ヤマハの25万円ぐらいする高級モデルは
音を出した瞬間に「これはピアノだ」と思いました。
でも安い機種はあからさまに違う(^^;)
心情的にはコルグを応援したかったですが、タッチが好みではなかった orz

いろいろ試奏した結果、10万円を切るぐらいのクラスなら
三大メーカーよりむしろカワイ、カシオあたりが狙い目かもと思いました。
特にカワイのこれは良かったです(・∀・)

  20190505_4p.jpg
  カワイ CN-27。
  エントリークラスは丼物でいうとだけですが
  10万円出すとご飯の上に乗ってこういうルックスになります。

ともあれ、ハンマーアクションの仕組みとか細かい事はよく分かりませんが
「いつまでも弾いていたい鍵盤」を選べばいいんじゃないかと。

ピアノ経験のない私はどこまでも同じ抵抗で「もそっ」と沈んでいく鍵盤より
押し始めが一番重く、そこから先はすっと入っていく鍵盤のほうが弾きやすかったです。
今回買ったカシオはそういうタイプ。

「鍵盤さえあれば」で選んでいたはずが、結局買ったのは自動伴奏付きモデルw
このへんはアレンジャーキーボード好きの性ですねー。
基本的にはPa900とつなげて使う予定ですが、平日の夜などちょこっと弾きたい時に
単体でもアンサンブルが楽しめたらいいな、と思ったので。

  20190505_5p.jpg
  Pa900と並べてみた図。
  どちらも水平の台に置いてますが、Pa900のくさび形の傾斜が目立ちますね。

Pa900との連携を実現するためにMIDI端子がある事も重要なポイントでした。
USBならたいていの機種に装備されていますが
USB-MIDIで接続できる相手はあくまでもPC (or スマホ等)です。

  20190505_15p.jpg

USBはこういうコネクター形状ですね。
type AはPC本体、type Bは周辺機器に挿します。
キーボードに両方の端子が備わっていても
そのうち演奏情報をやりとりできるのはtype Bだけです。

type Bを1台のキーボードに接続すると、もう1台はtype Aで受けることになります。
でもその端子はUSBメモリーなどを挿すためであって、演奏情報は送受できません。

つまり「キーボード+PC」ではなく「キーボード2台」を接続する場合は
USBではだめで、MIDI端子が双方に必要です。

  20190505_16p.jpg
  USBとMIDIを変換するインターフェイスは売ってますが
  USB側はtype Aで、あくまでもPCに挿すコネクターです。

このあたり、2台を連携させようという人には地味に落とし穴かも。

ところで、今回は純正スタンドを一緒に買いました。
メーカー純正品を買ったのはたぶん初めて(・∀・)

  20190505_6p.jpg
  カシオ CS-53P

このスタンド、定価4,500円と純正品にしては安いのが特徴です。
88鍵を支えられるスタンドって無名の中華製でもそれぐらいするので
いっそ純正品を買ったほうがお買い得。ネジで固定できるし。
昨今は中華製でもまったく不満なく使えますが、やっぱり塗装の質が違います。
もちろん強く弾いても揺れることなく非常に安定してますよ。

レビューには「組み立て方が分かりにくい」という意見が多いですが
組み立て方自体は簡単。組立家具を作れる人なら誰でもできます。
コツがいるのは本体を載せて固定する場面です。
滑りやすい本体を狭いスタンドに載せた時、落下事故を起こしそうだし
下から覗き込んでネジ穴を探すのはやりにくいです。作業は慎重に。

ちなみに純正スタンドにはもうひとつ
より「ピアノらしく」見える高価なスタンドもありますが…

  20190505_7p.jpg
  カシオ CS-67PBK

これに3本ペダルユニットを付けるとスタンドだけで2万円コースw
本体が5万円クラスなのにそれはどうかと思ってしまうわけです(^^;)
それならもう少し奮発して10万円クラスの機種を買ったほうが
スタンドもペダルも最初から付いてるし、見た目もピアノぽくて
トータルの満足度は高いと思いますよ。(鍵盤も1ランク上かも)

  20190505_8p.jpg
  エレクトーンの椅子(座面高さ55cm)に載せたPa900と並べると
  鍵盤の高さはこんなに違います。

純正スタンドに載せたPX-350Mは白鍵の天面まで74cm。立奏でもいける高さですw
鍵盤は低いのが好みですが、本物のピアノはこの高さだし
椅子を高くすれば問題ないと解りました。
(いつもはダンパーのガスが抜けた低い椅子に座ってる ^^;)
ちなみにエレクトーンの椅子にPX-350Mを載せたら、意外に安定していて驚きました。
下手なスタンドよりよっぽど安定してます。
ぶつかったら落ちそうなのでおすすめしませんが。

さて、実際に弾いてみた印象はどうなのか?
(「続きを読む >>」をクリックするとジャンプします)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)


(続き)

あー、重い鍵盤はやっぱりいいですね(・∀・)

話がそれますが、私が職場で使ってるPCはキーボードが壊れかけていて
酷使するキーは垂直に押さないと入ってくれません。
なので「正しい押し方」を強いられるんですねw
それを思い出しました。まっすぐ打鍵すれば鳴ってくれます。
そういう意味では練習にいいのかも。

そんなヘタレな私でも、しばらく弾くうちに
鍵盤は重いほうが打鍵のタイミングをつかみやすいような気がしてきました。
押した鍵盤が跳ね返ってくるのを指先で感じると間がとりやすいんです。
バリバリのピアノ経験者に言わせれば本物とは似ても似つかないタッチかもしれないので
「ピアノ鍵盤」というより「フルウェイト鍵盤」という表現が適切かも。(忖度)

打鍵音はけっこう響きますw
「カタカタ」と「ガタガタ」の中間ぐらいの音が伝わります。
押した時より、戻ってきた鍵盤がフェルトに当たる音が大きいです。
ヘッドホンをしていても同居家族が寝ている時間帯は迷惑かもしれません(^^;)
夜中に練習する目的で電子ピアノを買おうと思う人は
打鍵音に要注意ですね。賑やかな店頭では分かりにくです。

  20190505_9p.jpg
  わが家は爆音OKの環境なので問題なし。猫も平気で寝てますし。

音色は、メインであるアコピ、エレピ、オルガンはそこそこ使えます。
ダイノマイ・エレピはこの鍵盤によく合ってます。
重い鍵盤で弾くオルガンもいいですね(・∀・)
意外なことに、グリッサンドはPa900よりやりやすいですw

この機種は自動伴奏機能が付いてるので、GM音色(レベル1)を網羅してます。
(本体のどこにもGMのロゴがないのは謎)
ですがそれらの音色は、はっきり言っておまけ
ピアノ+ストリングスのレイヤー音色なども入ってるんですが
明らかにモノラルサンプリングだし、クォリティはメイン音色より格段に落ちるので
リード音色に使おうとは思わないほうがいいです。

その自動伴奏ですが、まあ大したことはありません(^^;)
スタイル数は多いものの、その中のパターンはNormalとVariationの二択で
IntroとEndingもひとつずつ。
FillはNormal ⇔ Variation切り替え時に自動で入ります。Breakはなし。
「カシオトーンの自動伴奏」と聞いて誰もが思い浮かべるレベルですね。
中にはキラッと光るセンスを感じるスタイルもありますが
本格的なアレンジャーキーボードには敵いませんねー。

  20190505_10p.jpg
  じゃあコルグのHAVIAN 30を買えばいいのでは?
  というツッコミはなしで(^^;)
  音色と機能はPa300クラスなのでいずれPa1000とか欲しくなりそう。

あと、本体スピーカーの音ははっきり言っておもちゃです。
ピアノ音色単体ではあまりボロが出ませんが、
ギターやドラムが入った自動伴奏を鳴らした瞬間、
祭の会場で電柱にくくりつけたトランペットスピーカーの音だと思いましたw

  20190505_11p.jpg
  ♪ぴーひゃらら〜

実際にはもっと音域が広いとは思いますが
良く言ってPC用小型スピーカーの音です。エレコムとかCreativeとかの。
プラスチックのボディがポコポコ箱鳴りしてます。

というわけで、PX-350Mをまとめると
・ピアノ鍵盤の初心者にもなじみやすい弾き心地
・メイン音色は値段相応かそれ以上
・GM音色と自動伴奏はおまけ
・スピーカーはおもちゃ
・ご一緒に純正スタンドはいかがですか?
PX-350Mがマスターキーボードになるかと言われると
ノブなどのコントローラーが無いので厳しいかと思いますが
フルウェイト鍵盤が欲しい人には「安ければ買い」と言っておきます(・∀・)

  「みどりの日」にちなんだ曲をおっさんが弾いてます
  

おっさんの妻はピアノ経験者でして(草ピアニストですが)
ヤマハの25万円のを店頭でさわった瞬間「あ、これヤマハだw ロゴ見なくても分かるw」
タッチと音色がもろそれだそうです。
試奏しようとして「あー譜面がないと弾けない」とつぶやいたのは経験者ゆえか。
ピアノをちゃんと習った人と、私のような野良キーボーディスト
(自分で書いた譜面も読めず、うろ覚えで弾く)はかくも違うのかと思いました。

妻はその機種をいたく気に入って「来年これ買う!(・∀・)」
予算だの置き場所だの、どう考えても厳しいんですが
(88鍵×2台+Pa900とかありえないw)
何が起こるか分からない世の中ですし。

今週は10連休に乗じててんこ盛りでした(_o_)
ふたりはプリヴィア | 2019/05/04(土) | 機種:CASIO PX-350M | コメント (4)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆荒井由実 ◇レビュー
コメント
やまちゃん  #KYYUZtEQ
2019/05/06(月) 01:12:12  URL 編集
なるほど デジピでしたか。

デジピはタッチにこだわりたいですね。
カシオに目がいったのはすごい通ですね。

個人的に合格点なのはKRONOS 2-88のRH3とYAMAHA MONTAGE BH鍵盤です。
あとクラビノーバ上位機種ですね。

昔 YAMAHA MO8というものをもっていて、どういうわけかBH鍵盤が搭載されていて非常に気に入っていました。その後事情があり、手放さなくてはいけなくなったのですが、その後購入したMOXF8は、GHS鍵盤。ちょっと残念感があります。
もっともピアノなんてとてもひけないので、たまにひくぶん、ピアニストの感覚を味わえればいいや程度です。

打鍵が弱いので、ベロシティーが出やすい設定にして、音もベロシティ上乗せして、補強しています。

ところで飼い猫さん、動画で見てみたいです。いつかのMVにでも登場させてあげてもらえませんか?
紺  #eK1KoZmQ
2019/05/06(月) 18:13:17  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます(・∀・)

カシオは通なんでしょうか。覚えておきます(^^;)
弾けそうなものから選んだだけですよ。

> 個人的に合格点なのはKRONOS 2-88のRH3とYAMAHA MONTAGE BH鍵盤です。

RH3ってやっぱり良いんですね。
実はコルグのD1を検討していたんですが
(同じクラスの中で鍵盤が一番良いというレビューが目立つ)
実機を見れるチャンスがなくてあきらめました。

鍵盤のグレードは良くわかりませんが
お書きの内容からするとRH3≒BH>GHSなんですね。
ぐぐったら解説ページを見つけました。
https://synth-voice.sakura.ne.jp/synth-voice/html5/column08.html
それにしても88鍵モデルを買い替えって豪勢ですねw

> 打鍵が弱いので、ベロシティーが出やすい設定にして、音もベロシティ上乗せして、
> 補強しています。

私はインチキして1オクターブ高いキーで弾いてトランスポーズしてますw

> ところで飼い猫さん、動画で見てみたいです。
> いつかのMVにでも登場させてあげてもらえませんか?

思いつきませんでした(・∀・)
チャレンジしてみます。
が、どんな曲に合うのか…
mappy  #.I57DTE6
2019/05/08(水) 23:23:32  URL 編集
紺さん、こんばんは
今回のブログ、コメントしたいことがありすぎです!

まず、ユーミンのこの楽曲久し振りに聞きました。いいです!この時期にピッタリですね。
歌詞の「盛岡がロシア語っぽい」のところが、何故か当時耳に残って、このアルバムの中で繰り返し聞いていたのを思い出しました。楽曲もですが、ユーミンのセンスは改めて素晴らしいと思います。

新機種、電子ピアノでしたね。なんとなくそうかと思っていました。
私は子供の頃エレクトーンをやっていたのですが、打鍵の弱さと姿勢の悪さからピアノを強制的に習わされ、当時はあまりいい思い出はありませんでした。
ただ今思うと、基礎がしっかりできていれば演奏の幅も広がったのではと思っています。
そして今の電子ピアノって、こんな自動演奏ができるんですね。どこかで試してみたいです。

令和の時代を迎え、昭和のノスタルジーにひたる記事を読ませていただき、感慨深いです。

ところでこの連休中、Pa1000で自動演奏した曲をGarageBandに取り込んでみました。そして試用版のボーカロイド(初音ミクv4x)に歌わせたりと結構楽しめてます。ただmidi形式でGarageBandに取り込んだのですが、やり方が悪いのかPa1000より楽器の音が劣化してしまいます。GarageBandの限界なのでしょうか。まだまだ勉強中です。
紺  #eK1KoZmQ
2019/05/10(金) 22:14:43  URL 編集
mappyさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます(・∀・)
火〜木は出張のためレスが遅くなります。すみません。

この曲、ふと思い立って弾いてみたくなりました。
5月のゆるい気候を思い起こさせる、よくできた曲ですね。

> 打鍵の弱さと姿勢の悪さからピアノを強制的に習わされ

そういうきっかけもあるんですね。
私は剣道をやらされました。姿勢にどう影響したかは実感ありません(^^;)
「子供の頃習っていればなー」という思いは確かにありますね。
ちゃんと弾ける人を見ると、鍵盤の上に乗る手の形からして違いますもん。

動画で紹介した自動伴奏は、自動伴奏付きのモデルなら
メーカー問わず、おそらくどの機種でも対応しているレベルかと思います。
もっと本気を出すとクラビノーバのCVPシリーズになりますw

> ところでこの連休中、Pa1000で自動演奏した曲をGarageBandに取り込んでみました。

以前のコメントを読んで「10連休どうしてるかなー」と思ってました。
GarageBandにMIDIデータで取り込んで加工するという楽しみもありますね。
ミクに試用版があるのは知りませんでした。私もチャレンジしてみます。

GarageBandに取り込んだ際に音が変わるのは、さもありなん、です。
ただそれは劣化ではなく、変化だと思います。

mp3で持っていけば音はもちろんそのままですが
MIDIデータで持っていくのがそれとどう違うかと言えば…

どこかのレストランでおいしい料理を味わったとします。
で、「これ家でも食べたい!(・∀・)」と思ったと。

mp3で持っていくのはテイクアウトですね。
味は当然、店で食べたのと同じです。

MIDIデータで持っていくのは、レシピを教えてもらって家で再現するようなものです。
レシピがどんなに詳細でも、素材や調味料が違えば味は変わりますね。
「とろ火で30分」とか書いてあっても、物理的にどのぐらいの熱量を加えるかまでは
書いてないですし(^^;)

でもそれは劣化ではなく変化だと思います。
レストランで食べたのよりおいしいのが出来る可能性だってあるわけです。

Pa1000とGarageBand、音源の優劣はよく分かりませんが
少なくともエフェクトに関してはGarageBandのほうが圧倒的に高機能です。

仮に音源はPaのほうが良いとしたら、エフェクトなしでトラック別に録って
そのmp3をGarageBandへ持っていってエフェクトをかけるという
手段もありますね。究極的には。

適材適所という言葉もありますし、どの機材のどの点を生かすか
工夫するのも趣味の醍醐味だと思います(・∀・)
気長に楽しんでいきましょう!
コメントの投稿