プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
模索。
2019/07/28(日) KORG Pa900
先週はお休み失礼しました。

こんなツィートが話題になってますね。
松任谷さん何やってるんすかw
ちなみに御年65歳だそうです。

というわけで今週はこの曲。

  【原曲】中央フリーウェイ - 荒井由実 (1976年)
  

22歳の時の作品なんですね。
そこからずーーーっと第一線で活躍してるとか想像を絶するレベルです。
こういう「日本の土着音楽と決別して都会的な独自のサウンドを模索した」アレンジは
1970年代末から1980年代前半にたくさん出てくるんですが
その先端を行ってたんですね。

で、こんなアレンジにしてみました。

  エアコンが苦手な猫が背中にくっついてるおっさんが弾いてます
  

Pa900内蔵の「Soft HipHop」という伴奏スタイルを使いました。
メロディー以外は自動伴奏です。あまり凝ったことはしてません(^^;)
打ち込みに要した時間は1時間ちょっと。

なーんて書くと、ぱぱっと作ってアップしたように思うかもですが
実は手弾きの練習に半日以上費やしてます。

まずミスタッチせず弾けるようになるまでが一大事業(^^;)
そしてその先にあるのはリズム感の解釈
一言でいえば「ノリ」という事ですが。
講師のレッスンを受けてるわけではないので
アドバイスしてくれる人は誰もいません。自分だけが頼り。

前回も書きましたが、繰り返し弾くうちに
自分の耳の解像度が少しずつ高まってきます。
「この音はこの瞬間に鳴らすんだな」という感覚が
針の穴に糸を通すように見えてくるんですね。
ど素人なのでレベルの低いお話ですが。

本当に満足できる出来というか
「今の自分ならこれ以上は弾けないだろう」というレベルに仕上がるには
時間がかかりますね。
(前回弾いた「待つわ」が過去最高レベルで、これ以上は無理。)

下手は下手なりでも、その要求度合いが徐々に高くなってきたので
その日初めて弾く曲を毎週1曲アップするのはちょっときつくなってきたかもです。

「んなもんクォンタイズすりゃええがね」という考えもあるでしょうが
実際にかけてみるとしっくりこない場合が多いのもまた事実。
(今年弾いた曲はほぼクォンタイズなしです)

今後どういう方向へ進もうか、模索し始めた今日この頃です。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

模索。 | 2019/07/28(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆荒井由実 ◇弾いてみた
コメントの投稿