プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
焦点。
2019/10/14(月) KORG Pa900
週末の東日本を襲った台風19号、ちょっとやばかったです。

雨風がというより、それが過ぎ去った後での川の増水。
上流に降った雨が下流に到達するまでタイムラグがあるのをすっかり忘れてました。
陽が差してきて「さて洗濯でもしようか」と思っていたら
前触れもなく「氾濫の危険あり」とのエリアメール。
え?
とりあえず貴重品を取りまとめ、いつでも避難できる体制をとりましたよ。

結局、避難勧告が出るまでには至らず、テレビで状況をウォッチして終わりました。
そんなこんなで1日遅れの更新です(_o_)

今週は音楽制作に割ける時間が3時間
さて、何を弾こうか。
書き溜めてあったネタカードの中から3時間で作れそうなものを選びました。

  笑点のテーマ (1969年)
  
  2019.10.22
  メロディーの間違いを修正し、バッキングを足したバージョンに差し替えました。

いきなりのネタ曲ですが、3月頃に一度弾こうと思ってスタイル選びまで済ませ、
時々リアルタイム演奏で練習しながら全体の構成を考えてました。
(こういう段階の曲が20曲ぐらいあります)

使ったスタイルはPa900内蔵の「Steely Rock」です。
こういうネタ曲はビシッと作られているスタイルが映えます。
メロディー以外はいつものようにコードシーケンスの打ち込み。
譜割りからミックスまでちょうど3時間で出来上がり(・∀・)
すこし余裕があったので、また別の曲を混ぜてみましたw

2分弱の短い動画ですが、今回のアレンジは
Pa900を買ってからの3年半に学んだ全てが凝縮されてます(・∀・)
演奏が下手なのは相変わらずですが。

私のように「チュートリアル段階」を自認するアレンジャーキーボード使いの方は
なるべく短い曲を題材にして最後まで作り上げると得るものが大きいと思います。
長大な時間をかけて大好きな曲に取り組むのもひとつの行き方だとは思いますが
伴奏スタイル選び、音色選び、全体の構成、演奏、そしてミックスという
ひと通りの過程をなぞってみて、完成させる事も大切だなと。
それぞれにポイントがあり、実際にやってみて初めて気づくことがたくさんあります。
難易度の高い曲に挑んで頓挫したら、そこまでの経験しか得られないですからね。
また、出来た演奏を後から聴き返すことで
「ここはいまいちだな、次はこうしてみよう」とかいろんな発見がありますよ。

よろしければみなさんもどうぞ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

焦点。 | 2019/10/14(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆TVテーマ曲 ◇弾いてみた
コメントの投稿