プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
抜かずの三発。
2020/01/13(月) KORG Pa900
更新が1日遅くなりすみません。
楽器ケースに隠れていたら出られなくなりました。(うそ)


ニュースでは「楽器ケース」と表現しているものが多いですが、
これPA機材のフライトケースじゃないでしょうか?
梱包せずそのまま積めるライブ用の大型スピーカーとかだったら
中は空洞だらけなのに重量はそれなりにあって
しかも吸音材という名の断熱材がたっぷり入ってますからね。
バックロードホーンだったらヨガの達人じゃないと無理ですがw

さて。
今週はこの曲を弾いてみました。

  君の瞳に恋してる - フランキー・ヴァリ (1967年)
  

うはw
原曲、今日初めて聞いたw

日本で有名なのはたぶんこっちですね。

  君の瞳に恋してる - ボーイズ・タウン・ギャング (1982年)
  
  こっちが原曲だと思ってました。

YouTubeでぐぐるとカバーバージョンが山のように出てきます。
というわけで私も弾いてみましたよ。

  半纏を着て腕まくりしてギネスを飲んでるおっさんが弾いてます
  
  また別の曲が混じってますが気にしないでください。

Pa900内蔵の「Unplugged Heaven」というスタイルを使いました。
今日の17:00から譜割りを始め、1時間半で打ち込みした後で手弾きパートを録り、
ミックスを終えたのが20:30。突貫工事ですねー(^^;)
メロディーは一発録り…と言いたいところですが、あちこち間違えて
実際は三発録りぐらいです。
「やべ、もうこんな時間だああああ」って焦りながら集中力を高めて
休憩なしで抜かずの三発ですw

抜かずの三発といえば、ちょっと配置替えをしました。

  20200113_1.jpg

ミックスの確認に使っているスピーカーをPa900の正面に持ってきました。

先週「小さな旅」を弾いた時に、このスピーカーで確認すれば
どんなシステムで聴いてもまあまあ良い仕上がりになる手応えをつかみました。
先週はひと通り録り終わった後でこれを鳴らして微調整をしていたのですが、
Pa900のにあったので調整がやりにくかったんですね。

ならば正面に持ってきて、録っている最中からこれでモニターしていれば
間違いなく効率は良いだろうと。

「今さら?」と思うかもしれませんが、
アレンジャーキーボードはスピーカーが内蔵されているので
それを鳴らして弾くのがごく当たり前になってました。

Pa900内蔵のスピーカーは下手なオーディオシステムより音が良くて
フルボリュームで鳴らしても箱鳴りしないんですが(これは凄いと思う)、
背面バスレフなので壁ぎわに置くと
どうしても低音がブーミーになってしまうんですね。
その環境でOKにしたものを「はいどうぞ」と聴かせるには一抹の不安がありまして。

私は生楽器の演奏者ではなく、みなさんにYouTubeで聴いてもらうのが目的なので
その環境と同じようにスピーカーの正面でどう聞こえるかは大切だなと再認識しました。
エフェクトが左右に広がる感じを聴きながら演奏するのはとても気持ちいいです(・∀・)

写真のスピーカーはフルレンジの銘機で、とても気に入っているのですが
いかんせん密閉箱の12cm一発なので低音はほとんど出ません。
それを補うために足元にはヤマハのサブウーファーを置いてます。

ちなみにPa900は内蔵スピーカーのON/OFFを画面で切り替えられるので
配線を抜かなくても外付けオンリーにできますよ。
12cm×2本+サブウーファー、抜かずの三発ということで。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

抜かずの三発。 | 2020/01/13(月) | 機種:KORG Pa900 | コメント (2)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇使いこなし ◇弾いてみた ◆(スタンダード)
コメント
hiro taka
2020/01/14(火) 21:38:44  URL 編集
最近、ハマってる動画。
https://youtu.be/nx78spr-TxA
初めてこの曲をちゃんと歌ってる人を見ました。
松本隆・細野晴臣コンビだったとは・・・
面白いのはそこじゃない、音楽理論の真面目な動画だという事も理解してはいますが、動画のタイトル見ただけで吹いてしまいました。
オリジナルでもやもやしてたものが、スッキリしました。
紺  #eK1KoZmQ
2020/01/19(日) 21:16:02  URL 編集
hiro takaさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

喋りが強烈で話の内容が入ってこないw
と思いきや、歌うまいですねー。
ブルーバック?で背景を抜いてると思うのですが
マイクはどうセッティングしているんでしょうね。
綺麗に録れてるので気になります。
コメントの投稿