プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2020 01  (3)
 2019 12  (5)
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
D.N.C!! D.N.C!!
2016/12/25(日) KORG Pa900
メリークリスマス!(・∀・)

今回はヘタクソカラオケは出てきません。安心してください(^^;)

さて。
タイトルの「DNC」って何?と思うでしょうが…

  20161225_2.png
  それはDNA。

  20161225_3.jpg
  それはDHA。

  20161225_4.jpg
  それはDHC。

  20161225_1.jpg
  それDVDだし。

気がつくとDしか合ってないですが、まあお約束という事で(^^;)
今回のお題はこれです。

  

渋めのクリスマスソングの定番でございます。
昭和19年にアメリカで公開されたミュージカル映画の曲ですよ。
70年以上前の曲ですが、今回はこれを弾いてみようと思います。

  

アレンジひとつでがらっと変わりますね(・∀・)
Pa900にプリセットされている「Wave Jazz」というスタイルを使ってみました。
コード進行を打ち込んでいろんなスタイルを試聴してみたら、なんか新鮮だったのであります。
本当は歌うつもりだったんですが、録ったのを聴いてみたらあまりにヘタでボツに(^^;)

その代わりと言っては何ですが、Pa900の本領を発揮するサックスの音色をフィーチャー(・∀・)
この音色に仕込まれているのが、コルグのDNC (Defined Nuance Contol)という技術です。

同社の普通のシンセのシリーズにはずいぶん前から実装されてたと思うのですが、
なにせPa900を買うまで20世紀の機材に囲まれて遊んでいた私には
椅子から転げ落ちるような衝撃でした。

こんな音が出せるんですね。

  
  教材ビデオみたいな動画を作ってみました(^^;)

モジュレーションに相当する操作をすると、ただのPCM音源では出せない音が出ます。
スティックを奥に倒すとノートオン、手前に倒すとノートオフの時に
独特のニュアンスが加わりますよ。

  20161225_5.jpg
  DNC効果の掛かる音色には、音色名にDNCの文字があります。

画面の上部には音色群のカテゴリ切り替えのボタンがあり
Factory / Legacy / GM / Userに分れてます。
Factoryは最新の技術をふんだんに投入した音色で、DNC音色はここに含まれてます。
Lagacyは同社の過去製品との互換音色メインというか、普通のPCM音色系。

こんな感じで、全部がDNC音色というわけではなく、数で言えば半分以下なのですが
おもにソロ楽器に装備されているので
リードを(歌でなく)楽器でとるアレンジャーキーボードには最適。
(当たり前ですがシンセ音色はほとんどが非DNC)

  20161225_1.jpg
  もういいって。

ともするとDNC音色で全パートを構成したくなりますが、
それじゃ全員が4番打者でピッチャーみたいなもので、全体としてはどうかと。

LagacyやGMカテゴリーの音色もクォリティは高いので
(GMが地味によく出来てる)
主役と脇役をはっきり分け、脇役はそれらで固めるのも
聴かせどころを「演出」するポイントかなと思った次第です。

  20161225_6.jpg
  正面パネルには各種技術のロゴが三つ葉葵の御紋のように控えてます。
  DNCの他、RX technologyも音色に関する技術のようで(まだよく知らない)、
  非DNC音色にもふんだんに盛り込まれてます。

クリスマスソング大好きな私にとって、今年は(音楽的に)充実した年になりました。
前回も書きましたが、9月頃から「どれを弾こうかな(・∀・)」ってワクワクしてましたよ。
来年チャレンジする曲ももう2曲決まってたりします。

ではみなさま、メリークリスマス&よいお年を。

来週日曜日は元旦、更新できるか微妙です(_o_)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

D.N.C!! D.N.C!! | 2016/12/25(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇レビュー ◇弾いてみた
コメントの投稿