プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
兄弟の契り。
2017/01/08(日) KORG Pa900
新年の3連休、いかがお過ごしでしょうか。

以前「拡張マニア。」という記事で、コルグの公式サイトから
アレンジャーキーボード Paシリーズ用の追加スタイルをダウンロードできるとご紹介しました。

先日、コルグUSAのサイトでも
スタイルをダウンロードできることを発見。
All about Arrangers - Bonusware
http://www.korg.com/us/features/arrangers/bonusware/
日本のサイトとだぶってるのも多いですが、オリジナルもありますよ(・∀・)

今回はそれにちなんだ話題を。
まずはこんな動画から。

  

私が一番好きな映画「ブルース・ブラザース」の1シーンから
Sweet Home Chicagoという曲でございます。

コルグUSAのサイトからは
ブルース・ブラザースの曲をほぼ完コピしたスタイルがダウンロードできます(・∀・)
(以下、この映画を見たことのない人はあまり面白くないかもしれません)

  
  左手でE→A→E→B7→A7→E→B7を押さえるだけの簡単なお仕事です。

そっくりでしょw
ドラムのフィルなんか映画のシーンそのままですwww
私はかつてこの曲を耳コピしようとして挫折したことがありますが
はからずも手に入ったので今、無上の喜びをかみしめてます(^^;)

他の曲もありますよ。
こちらが原曲で…





Pa900で鳴らしたのがこちら。


 PhotoShopとiMovieで紙芝居を作りました。

「おまえらwwwいい加減にしろwww」とにやけたくなるほどよく出来てます。
イントロが終わったら歌い出すんじゃないかと思うほど。

  20170108_2.jpg 20170108_3.jpg

「Minnie The Moocher」に登場するミスター・ファビュラスこと
アラン・ルービンのミュートトランペットもよく再現されてます。

  20170108_1.jpg

このボーナス・データ、単なる完コピのMIDIデータではなく
アレンジャーキーボード用のスタイルですから、この映画に登場する曲を弾くにとどまらず
他の曲のアレンジにも使えるわけです。もちろん自作曲にも。
錚々たるブルース・ブラザース・バンドのメンバーがバックに付いてwww
(本人が弾いたデータではないですが…)
ここが普通のDAWには真似できないアレンジャーキーボードならではの楽しみですよ。

ちなみにデータ作成者はPaシリーズの一般ユーザーだそうです。
それがコルグに認められて公式サイトに載ってるんですね。

コルグにはビートルズ100曲のスタイルをそっくり収めたLiverpoolという
micro ARRANGERの変わり種がありますが、ブルース・ブラザースのスタイルを収めたPa900は
Chicagoと銘打って出してほしいぐらいです。

  
  KORG Liverpoolのデモ動画。

コルグはちょっとしたカラーバリエーションの変更で
新鮮に見せるのがうまいメーカーだと思います。

  20170108_6.jpg20170108_7.jpg
20170108_8.jpg

Pa900もその例に漏れず、下位機種とは外装色を変えてますが
何度か書いたようにその色チョイスがいまいちで、かえって廉価版に見えてしまいます。

  20160605_5a.jpg20160605_4a.jpg_pa900top.jpg
Pa300Pa600Pa900
↑これが最上位機種
でもこんな素晴らしいスタイルデータが手に入るなら
黒ずくめ兄弟に対する白装束のキャブ・キャロウェイだと思えばいいかな?

 20170108_4.jpg20170108_5.jpg
 こっちがPa300とPa600で…こっちがPa900と。

そんな謎理論を持ち出されたらキャロウェイも草葉の陰で呆れてるでしょうが、
今回のめっけもんは私の音楽人生の中でもトップ3に入るぐらいの衝撃だったのであります。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

兄弟の契り。 | 2017/01/08(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆Blues_Brothers ◇使いこなし
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。