プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
プロの技。
2016/06/19(日) KORG Pa900
今回は、Pa900の目玉であるボーカルエフェクト機能を紹介します。

  
  コルグ公式よりも分りやすい動画を見つけたので貼っておきますね。

Pa900の外部入力にマイクをつないで歌うと、動画のような効果が得られます(・∀・)

  20160619_01.jpg
  カラオケも満足に歌えない私ですが、
  この機能で遊びたくて中華マイク買っちゃいました。(980円w)

実際どれぐらいの効果があるのか気になります。
私のヘタクソな歌よりはプロのほうがいいですね(^^;)
というわけで今回は市販CDのボーカルにハーモニーを付けてみました。
素材はこちら。

  

なぜこの曲を選んだかというと、ハモりパートがないからです。
ハーモニーを付加する素材ですから(^^;)
全編通してボーカル1本の曲って意外と少ないですね。サビだけ本人がハモってたり。

Pa900にインプットするのはボーカルだけなので、元曲から「カラオケを消す」必要があります。
「ボーカルを消す」ソフトはよくありますが、逆は限られます。

  20160619_02.png

Windows用のフリーソフト「歌声りっぷ」を使いました。
大まかな原理は図の通りで、2つのファイルから「引き算」してボーカルを抜き出します。
用意するのは元曲と、全く同じミックスのカラオケ版。
このためだけに中古のシングルCDを買ってきました(^^;)

ちなみにMP3などの圧縮音源では「引き算」がうまくできず
うっすらとカラオケが残ったりノイズが乗ることがあるので
そういう意味でも非圧縮の音源がおすすめです。

   ボーカルを抽出した結果。
   カラオケと同時再生するとこんな感じ。
(カラオケの音量を上下させてます)

では、カラオケとボーカルの分離に成功したところで
ボーカルだけPa900へ入力し、ハーモニーを加えてみます。

…なーん書くと簡単ですが、実は配線にひとひねり必要(^^;)

  20160619_03.png

ハーモニーのコードはPa900の鍵盤から採るので、
MTRでカラオケ+ボーカルを再生し、それを聴きながらPa900を弾きます。
でもPa900へ流すのはボーカルだけ。カラオケが流れちゃいけません。

そこで、ボーカルのパンをLchに、カラオケをRchに振り、LchだけPa900につなぎました。
ヘッドホンで聞こえるのはボーカルが左・カラオケが右というすさまじいミックスです。
お前はビートルズかwww

Pa900へ入力したボーカルはPa900から再び出力されないよう音量を絞って、
ハーモニーだけをMTRに録音します。
再生パートとは一応同期が取れてるので、3パート同時に鳴らしてもタイミングは合うはず。

というわけで、出来上がったのがこちら(・∀・)

  
  動画編集:iMovie '11

うひひひひ。ハーモニーが加わると盛り上がりますね(・∀・)
ひとえに元曲のボーカルが上手いからですが(^^;)

分りやすいようにハーモニーの音量を大きくしたので
バックコーラスというよりは、全員が前へ出て歌ってるコーラスグループみたいですw
もう少し控えめなほうがそれらしくなると思います。
あと、ところどころハーモニーが変な響きなのは、コードを弾き間違えたからです(^^;)

   カラオケの音量を下げてアカペラ風にしてみました。
(カラオケ+ボーカル+ハーモニー)
最初は普通ですが、ハモりが加わると音量が下がります。
   こちらはボーカル抜き。
(カラオケ+ボーカル+ハーモニー)
Aメロの途中からハーモニーが入ってきます。

あれっ?と思った方が多いんじゃないでしょうか。
アカペラ風はそれなりに聴けますが、ボーカル抜きはいかにも「機械の声」って感じですね。
音程が結構暴れてますし。

パラメーターを追い込めばもう少し自然になるかもしれませんが、
やはりメインボーカルがあってのエフェクトなんですね。
というかボーカルとミックスすると、機械の声でもそれらしく聴こえるから不思議です。

  20160619_04.jpg
  (拾い画像)

今回は「ミスタッチもなんのその」という一発録りでしたが、
シーケンサーでステップ録音したノートデータを元にハモらせる事も可能です。

Pa900はアレンジャーキーボードですから、コードシーケンスをステップ入力して
それでハモらせるほうが簡単ですね。
さらに、元曲のボーカルだけ残してハーモニーと自動伴奏を付けるというリミックスも可能(・∀・)

というわけで、ちゃんと作り込めば完成度はもっと高められると思います(^^;)
今回ご紹介したのはあくまでも素人が初めて作った事例ということで。

あ、今回も内蔵音源を鳴らさずに終わってしまいました(^^;)

プロの技。 | 2016/06/19(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆中島美嘉 ◇レビュー
コメントの投稿