プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
可変拍子でGO!
2017/04/30(日) KORG Pa900
先週はお休み失礼しました。

ただいま引越しを控え、ばたばたしております。
今度の家はめっちゃ古い建物(私より年上)でリフォームが必須ですが、
自宅でボーカルのレコーディングが可能になります!(・∀・)

演奏パートの制作とボーカル録りを並行できると
Pa900のボーカルエフェクトを駆使した一発録りも!(・∀・)
(カラオケ屋にPa900を担いで行くのはめんどい)

さて。

以前の記事で「Pa900は曲途中での拍子変化に対応していない」と書きました。
4/4拍子の曲の途中に1小節だけ2/4拍子が挟まるようなアレです。

  
  そういう曲、結構多いです。

厳密には対応しているんですが、拍子を変える=スタイルを差し替える なので
前後の小節とスムースにつながるユーザースタイルを作成する必要があります。
8ビートで2/4拍子のスタイルなんてプリセットには用意されてませんから。

「そんなのプリセットからコピーすればいいじゃん」と思うでしょうが、
拍子が違うスタイル間ではコピーできないんですね。

とはいえプリセットに聞き劣りしないユーザースタイルを白紙の状態から構築するのは
素人の私にはまず無理。そんなわけで「(実質)対応していない」と解釈した次第です。

で、それに近い事を実現する方法をようやく見つけました!(・∀・)
今回はその方法をご紹介します。

まず、弾きたい曲がこんな流れだったとします。

  20170430_1.png

2小節目に2/4拍子が挟まって、そこがブレークになってます。
上に挙げた「雪の華」でAメロ→Bメロに切り替わるタイミングがこれですね。

以下その手順です。

【1】
  ユーザースタイルを作成する機能で2/4拍子の空白のスタイルを作ります。

【2】
  20170430_2.png

  Sequencerモードで2小節目までを普通に入力します。
  BreakはVari.1と同じスタイルなので当然4/4拍子です。
  ポイントは、この小節までで入力を止めること。

【3】
  20170430_3.png

  2小節目を手弾きトラックへ、1トラックずつコピーします。
  「乱れ咲き。」に書いた要領で
    Tr9→Tr1
    Tr10→Tr2
     :
    Tr16→Tr8
  にコピーするのがおすすめです。
  コピー先トラックの音源の設定はコピー元と合わせる必要がありますが、
  大抵のスタイルには1小節目の頭にプログラムチェンジやコントロールチェンジが
  入っているので、イベント全種をコピーすればそれらもコピーされます。

【4】
  20170430_4.png

  2小節目のスタイルを【1】で作ったスタイルに差し替えます。
  この時点で手弾きトラックの3, 4拍目はカットされます。

【5】
  20170430_5.png

  3小節目以降の入力を再開します。
  (手順おわり)

いかがでしょうか。
2小節目の伴奏は手弾きトラックに任せ、自動伴奏トラックはだんまりを決め込むわけですね。

出来上がりはこうなります。

  

T01〜T08(手弾きトラック)が2小節目だけ
バババッとノートオンする様子が見て取れますね。

この方法はPa900の動作の隙を突くというか
本来できないはずの操作ができてしまってる気配が濃厚なので、
ちょっと手順を間違えるとLengthにとんでもない値が表示されたり、フリーズすることも(^^;)
フリーズしたら電源再投入、入力中の曲データは飛びます。
なので試す際はこまめにセーブする事をおすすめします。

ちなみに手順の【2】で入力を2小節目で一度止める理由は
以下の状態になるのを回避するためです。

  20170430_6.png
  3小節目以降も入力してからBreakのスタイルを2/4拍子に変えると…

   ↓

  20170430_7.png
  なんという事でしょう。

3小節目以降の自動伴奏が2拍ずれてしまうんですね。裏返るというか。
1〜2拍目で3〜4拍目の伴奏が鳴りますw 
結局入力し直すはめになるので「入れても無駄ですよ」という意味でした。

あと手順の【4】で、手弾きトラックは後ろ2拍がカットされます。
Breakのように小節の頭で「ジャン!」と鳴るだけのフレーズならOKですが、
Fill Inのように小節の終わりに向けて「ダンダンダンダン」と盛り上げるフレーズで
後ろがカットされるのはまぬけですね(^^;)
そんな時は【3】でコピーした後、Moveコマンドを使って前に2拍にずらしておくといいですよ。

というわけで、姑息な手段を用いて可変拍子を実現できるようになりました。
諦めてた曲がこれで弾けるようになります!(・∀・)
次回はそんな曲を採り上げてみようと思います。間に合えば(^^;)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

可変拍子でGO! | 2017/04/30(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇使いこなし
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。