プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
リフォーム。
2017/05/14(日) KORG Pa900
ちょうど1年前、コルグi5Sでこんな曲を弾きました。

  

みんな大好き、ハードオフのBGMでございます。
零細な当ブログの動画の中ではダントツの再生数(・∀・)
古い機種のプリセットでどこまで出来るか挑戦したのは楽しい思い出、
このブログの原点とも言える曲です。

  原曲
  

今回はこの1年、当ブログを見てくださった方に感謝の意を込めて
新アレンジを作成しました(・∀・) ←誰得

  

たくさんの人がカバーする中、世界初の試み、歌入りでございます。
自作の詞を付けて歌ってみましたw
生まれて初めて作詞した曲に「電動工具」とか「ビール券」という単語が登場するなんて、
これまでの音楽人生の中で一番予想外の出来事だったかもしれませんw

今回はネタがネタなので、伴奏パートはあまり凝ってません(^^;)
どんなアレンジにしようかな?とPa900を鳴らしながら選んだスタイルはAndean
「アンデス山脈の」という意味だそうです。

  20170514_1.jpg
  案です。

ふだんあまり見ないLatinのカテゴリーから見つけました。
いかにも冷涼で湿度の低い高地を思わせる雰囲気。コンドルが飛んでいくような曲にぴったりです。
ゴールデンウィークの最中に「今はどこ行っても混んどる」とか言いながら
家でこんな動画を作ってました(^^;) ←以後自粛します

この曲はハネモノ系のスタイルならそれなりに合ってしまうので
ちょっと違う雰囲気が欲しいなと思い、選んでみました。
独特のシンコペーションがあって、歌うと楽しいリズムです。
身近なハードオフが一気に地球の裏側へw

話がそれますが、家をリフォームする時は
元の痕跡をわざと少し残すと味わいが出ると聞いたことがあります。
内装を全とっかえしても、柱は古いままにしておくとか。

  20170514_2.jpg
  特に古い建物の場合は、耐震基準などの都合で
  残す方が有利だったりします。(拾い画像)

今回のアレンジはそれを真似てみました。

まずイントロとエンディングは全とっかえ
いずれも「Andean」に付属しているイントロ・エンディングをそのまま使いました。

  20170514_3.jpg 20170514_4.jpg

Pa900のイントロ/エンディングは3つずつ用意されてます。
いずれも「1」はコード進行やリード音色での演奏まで含まれた「完全パッケージ」、
「2」は単一のコードで、左手の演奏に追従する数小節のフレーズです。
「3」はドラムスだけのカウントイン(1小節)です。

今回の演奏で使ったのは「1」。コード進行やパンフルートの演奏はプリセット(・∀・)
エンディングは同じパターンを3回繰り返し。
そこに原曲っぽいフレーズをはめてみました。
イントロはナイロンギターで、エンディングは私の怪電波ボーカルでw
プリセットのコード進行に合うか微妙でしたが、意外とうまくいきました(・∀・)

全体の雰囲気が原曲とガラッと変わるので
こんなふうに元の痕跡を残すのも楽しいかなと思いまして。
こういう小技はPa900をさわってるとどんどん思いつきます。

あと間奏は、原曲のコード進行に合わせて小芝居を入れてみました(^^;)
複数人の声色が登場しますが、全部私ですw
GarageBandの「ボーカルトランスフォーマー」で加工しました。

  20170514_5.jpg
  「ピッチ」は声の高さ、「サウンド」はフォルマント(声紋)。
  後者は個人ごとの特徴を明確に示します。電話の音声でも誰の声か分るのはこの原理。
  逆に言えば、それを変えると別人ぽくなるわけですね。

この機能を使って、年齢や体格の違う複数の店員を想定してみました(^^;)
「お客様の呼び出し」だけスピーカーを通した声のようなエフェクトをかけたり
地味にいろんな事していますw

ちなみに今回、初めて作詞をするにあたり気をつけたのは
作詞をしてしまわないようにという点です。

何を言ってるのかと思うでしょうが、
店内放送のナレーションを書き起こしたり、公式サイトを見たりして
本家本元が謳ってない事柄を勝手に含めないようにしました(^^;)

あとはメロディーに沿って取扱商品を並べるだけの簡単なお仕事です。
ビール券で買い物ができるのは今回初めて知りました。

というわけで今回はいろんな要素を取り入れながら楽しく作ってみました。
このブログを始めて1年の間に、なんとなく幅が広がったように思います。(当社比)
i5Sを弾いていた去年の今頃は、この曲に詞を付けて歌うとは夢にも思いませんでした(^^;)

みなさまも音楽を楽しんでくださいませ。
歯の浮くようなラブソングだけが歌じゃないですよ(・∀・)

リフォーム。 | 2017/05/14(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆ハードオフBGM ◇歌ってみた
コメントの投稿