プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
手順。
2017/05/21(日) KORG Pa900
暑いですね(^^;)

「春夏秋冬」アレンジャーキーボードというタイトル、
それぞれの季節に応じた曲も弾いていきたいなとの思いで付けたんですが
こう暑いと夏の曲をそろそろ始めなきゃと焦るこの頃です。

さて。

今回は音楽制作をいったん措き、
いつも載せている演奏をどんな流れで作っているかをご紹介します。

1. 曲を選ぶ

当然ですがこれが最初(^^;)
毎週日曜に更新した後「次はどの曲を弾こうかな?」と考えるのが月、火あたり。
その時点でほぼ決まります。ネタが尽きたことはなく、不思議と湧いてきます。

2. 譜面を探す

アレンジャーキーボードで弾くのにフルパートのバンドスコアは不要。
譜割りとコードだけ把握できればいいので、もっぱらぷりんと楽譜を活用してます。
コンビニのコピー機に硬貨を投じて印刷する有料コンテンツは
全国どこでもすぐに買え、とても便利です(・∀・)

ラインナップされていない曲は自分で採譜することになりますが、
メロディが頭の中に入ってる曲なら五線譜を書く必要はないので
小節数を数えつつコードだけ採った「図」で済ませてます。

  20170416_1.jpg
  基本はチラシの裏。(文字通り)

3. バッキングのスタイルを選ぶ

ここが一番重要で、楽しい場面です。
ハードロックにしようかレゲエにしようか、アンプラグドにしようか。
Style Playモードでコード弾きしながら、Pa900の膨大なプリセットから選びます。

  20170521_1.jpg

「おっ、これいいな(・∀・)」と思うスタイルは10〜20ぐらい見つかるので
こんなふうにメモしてます。競馬の予想みたいに記号を付けて。
◎本命:一番しっくりくるパターン
○対抗:これも悪くないかな?
△大穴:原曲と全然違うけど面白いw
大穴が来る場合が意外と多いですw
メロディを歌いながら選ぶとノリが合うか判断しやすいです。
この段階で、Aメロ・Bメロ・サビにVariation 1〜4のどれを使うか大体決めておきます。

4. コード進行をダダタッと打ち込む

選んだスタイル、バリエーションを指定して、譜面を見ながらコードを打ち込んでいきます。
イントロ・エンディングは未定。Aメロから始まる演奏になってます。
フィルインの設定も次のステップで。
大枠から決めていって細部は徐々に詰めるって感じですね。

5. 試聴を繰り返し、細かい設定を詰める

コードの間違いがないかとか、バリエーションの選択、盛り上がり方を聴感で確認しつつ、
フィルインのパターン、タイミングを調整します。
イントロやエンディングもここで決めます。
原曲がフェードアウトの場合は少し悩みますね。
ようやく小節数が確定します。

ポイントは「自分の直感を信じること」に尽きます。
聴いて違和感があったら容赦なく変えます(・∀・)

6. 必要に応じて手弾きパートを追加

間奏やカウンターメロディなど、何か足したいと思ったらここで録ります。

ヘタクソボーカル付きの場合はこの後、出来たオケをGarageBandに同期させて録って
カラオケ屋で練習、レコーディング()というフェーズが待ってます。



大体こんな感じでやってます。
自動伴奏のオケだけなら半日、手弾きパートが付くと1日ぐらい。
DAWで作ってる人からすると、ずいぶん突貫工事に思えるんじゃないでしょうか。
パート音量やEQ、エフェクトはプリセットのままで大体OKですし。
動画という名の紙芝居を作る方がよっぽど時間が掛かってます(^^;)

こういう特長をもつアレンジャーキーボードは普通の曲を演奏するだけでなく
BGMや劇伴などを量産する人にも向いてるかなと思いました。
私は職場のBGMも自分で弾いてますよ(・∀・)

◆今日の楽器

  
  こんなのあるんですね。周りの機材との対比が面白いです。
  そのうち、ソリッドなボディを持ちエフェクターで音づくりする三味線とか
  登場するんでしょうか。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

手順。 | 2017/05/21(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (9)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇使いこなし
コメント
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/05/29(月) 23:45:02  URL 編集
Garagebandってマルチチャンネル録音できますか?
僕はLogic pro X (Cubase 7.5)ですが、まだやったことないんです。
(ぐぐれば、できそうな予感はしました)

今度やってみます。

YAMAHA QY70という渋いものをもってるんです。
(YAMAHA MOXF以外、いまや、いつ壊れるかという骨董品ばかりですが・・・)
紺  #eK1KoZmQ
2017/05/30(火) 00:22:25  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

MJC8のお届け先のメールありがとうございました。
水曜夜には梱包&発送できるかと思います。

お尋ねの件ですが、私の使ってるGarageBand (iLife '11版)のメニューには
「マルチトラック録音を有効にする」という項目があるので
接続するオーディオI/F次第ではできそうな気がします。

QY70は名機ですね。
「いつ壊れるか…」という機材に囲まれてる心境はよく分ります(^^;)
私も1年程前までそんな感じでした。五体満足で使えたためしがないというか。
たまに外へ持ち出す時は、曲がりなりにでも全てがちゃんと動くのか
心配で仕方なかったです(^^;)
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/05/31(水) 22:01:44  URL 編集
お世話になっています。

> マルチトラック録音を有効にする

あー、オーディオトラックの録音ですね。
僕のほうは個人的にMIDIにインポートしたいなと思ったりします。
さすがにQY70の音は今的にはちょっと・・・なので。

梱包ありがとうございます。
楽しみにしています。
紺  #eK1KoZmQ
2017/06/01(木) 23:38:43  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

MIDIの多チャンネル同時録音のことだったのですね。失礼しました。
GarageBandはたしかオムニ・オンだったと思いますので
送り出し側が多チャンネルでも、すべてが1トラックになってしまうと思います。

QY70はSMFでの書き出しはできますか?
GarageBandはSMFの読み込みはできますよ。
リアルタイム録音せずともQYからの移行は可能かと思います。
ご希望なら、ファイルをメールで送っていただければテストしますよ。

MJC8の件は先ほどメールしました。
よろしくお願いします。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/06/02(金) 01:40:35  URL 編集
ありがとうございます。

SMFの書き出しは、結構たいへんなんですよ。
まずWindows XPのパソコンを用意して、QYをMIDIでつないで、専用アプリを立ち上げる。
そしてスタンダードMIDIがとれて、それをMacに持っていく。
まぁ、それだけなんですが、面倒で(笑)

やっぱりQY100を入手すべきでした。まぁ今更買わないですけどね。
紺  #eK1KoZmQ
2017/06/02(金) 23:40:37  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。レスありがとうございます。

なるほど…
バルクダンプしてそれをSMFに変換すれば…と考えましたが
それを行なうのがお書きのアプリなんですね(^^;)

私はWindows環境が必要な時のために
Macにエミュレーター(Parallels Desktop)を入れてます。

Windows併用というとBoot Campがポピュラーですが
エミュレーターならMac OSをシャットダウンせず使えますので
Boot Campよりはいくぶん快適かと思います。
スリープ状態でエミュレーターを終了すれば、次に起動する時に一瞬で立ち上がりますし、
WindowsのドライブがMac OS上にマウントされるので
Mac OSにインストールしたウィルスチェッカーでWindowsのドライブを検査できます。
ご参考まで。
紺  #eK1KoZmQ
2017/06/02(金) 23:52:21  URL 編集
追伸:
QY70のバルクダンプ、これを使えばMacで受け取れますか?

↓説明ページ
http://web.archive.org/web/20160505213319/http://www.korg.co.jp/Support/Download/Software/MIDIFiler/mac.html

↓インストーラー(直接リンクです)
http://web.archive.org/save/http://www.korg-datastorage.jp/Software/MIDIFiler/MidiFiler101a.dmg
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/06/04(日) 13:28:32  URL 編集
紺さま

コメントありがとうございます。

わたしも、VMwareでXPいれていますが、VMWareでUSB利用したあと、Macに戻ると挙動が怪しくなるので結局Macを再起動しています。(これが面倒)

教えていただきましたKORGのソフト試しましたが、Intel Macでは動かないみたいです。(少なくても僕のOSでは)

QYからMac LiblianでSysEx でダンプしてみましたが、SYSEXで送信できても受信したものがMIDIになるか、は別のようで、あまり詳しくわかりません。

紺  #eK1KoZmQ
2017/06/04(日) 20:52:17  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

KORGのソフト、PowerPC専用だったようで失礼しました。
VMWareをお使いだったのですね。
私も以前MSのVirtual PCを入れていた時は同じような現象に悩まされました。

システムエクスクルーシブデータの送受信ができるかどうかと
受信したファイルの中身を変換できるかどうかは別の課題のようですね。
2chのQY過去スレあたりにヒントがあると良いのですが。

ちなみに以前のコメントで「いつ壊れるか…」と書いておられましたが、
経験上、壊れてしまった後で惜しくなるのは
MIDIデータそのものより、内蔵音源も含めた「サウンド」なんです。
当時その機種で作り込んだ演奏はやっぱりその音源で鳴らしてこそというか。

なので、お気に入りの演奏はQYが生きているうちに
内蔵音源で鳴らしたものをマルチトラックでDAWに録っておくことをおすすめします。

最近は音源の進化が一段落した感はありますが、
ひと昔前の音源はアウトボードを変えるだけで
「えっこんなにいい音だったっけ」と驚くことがあります。
ドライで録っておくと、将来のリミックスで新たな命を吹き込まれるかもしれません(^^)
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。