プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2018年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2018 11  (2)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
記事一覧
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
調教を試みる。
2016/07/03(日) KORG Pa900
今回はPa900を使って、ちょっと変わった事にチャレンジしてみたいと思います。

Pa900のボーカルプロセッサーには、先日ご紹介したハーモニーを付加するchordモードの他、
マイクに入力した音声を鍵盤で弾いたメロディで歌わせるnoteモードがあります。
ヴォコーダーみたいな機能でしょうか。

  20160703_1.png
  ハーモニーモードの切り替え画面。
  「chord」を「note」に切り替えると今回の機能になります。

つまり左手で弾いたコードの構成音で歌うのがchordモード、
右手で弾いたメロディで歌うのがnoteモードというわけですね。

  20160703_2.jpg
  (拾い画像)

じゃあ、Macにしゃべらせた音声で歌わせてみようじゃないの(・∀・)
というのが今回の主旨でございます。

  20160703_3.png

Macに標準装備されている日本語テキスト読み上げの機能を使います。
歌わせる曲はこちら。

  20160703_4.jpg

また微妙に古い選曲ですが、姉に借りっぱなしの楽譜があったので
歌詞の1文字がほぼ1つの音符に対応していて
メロディの音符のほとんどが8分音符という編集のしやすさから選んだ結果です(^^;)
ちなみに姉は元バンド姉ちゃんで、ギターとキーボードを弾いてました。
CmとC7の他にC△7があると教えてくれたのは他でもない姉です。
♪私がおばさんになっても〜 楽譜が返ってこない〜

さて(^^;)

まずは歌詞をMacで読み上げさせて、音声ファイルにする必要があります。
ヘッドホン端子からライン録りしてもいいんですが、便利なアプリがありますよ。
Macのシステム音声が読み上げたテキストを録音保存できるアプリ「SpeakLine」
http://itea40.jp/application/mac-utilities/speakline/

画面に入力してexportするとAIFFファイルになります。

  20160703_5.png

「字、間違えてんじゃん…」と思うでしょうが、
「行った」と入力すると「おこなった」と読み上げてしまうので小細工してます。
「ふたり」が平仮名なのも「ににん」と読んでしまうからです。

読み上げた結果はこちら。

  
  曲のテンポに合わせて、ゆっくりめにしてます。

イントネーションは変な部分があっても
どうせ鍵盤で弾いた音程に矯正されるのでオッケーです。

このままでは音符のタイミングに全然合わないので
GarageBandを使って編集します。

  20160703_6.png

歌詞をひたすらブツ切りにして(オレンジ色の箱)、複数のトラックに割り振り、
それぞれの出だしのタイミングをカラオケに合わせます。

  

うひゃあ、めちゃくちゃですね。
ずっと聞いてると頭がおかしくなりそうです(^^;)

次に、オレンジ色の箱の中を「リージョン編集」機能でいじって
歌詞1文字ずつの発音タイミングを調整していきます。
波形を縮めたり伸ばしたりしながら。

これが予想以上に面倒な作業でした(´・ω・`)
波形を「縮める(タイミングを早める)」のはいいんですが、
「伸ばす」となると、元の音声にはない情報を合成することになるので
ロボットボイスみたいになっちゃうんですね。

つまりMacに読み上げさせる段階ではなるべくゆっくりしゃべらせて、
ひたすら前へ縮めていくほうが自然な仕上がりになるようです。
これに気づくまで何度か録り直しました。

ようやく調整した結果がこちら。

  

変な日本語ラップみたいですねw
ジャンルによってはこれもいいかも?

というわけで、今回は「歌わせる」までには至りませんでした(_o_)
Aメロの途中まで作るのに1日掛かってますw

ちゃんとイントロから再生するとこんな感じに。

  

カラオケはそれなりに出来ました(・∀・)
1コーラスだけですが。取説と首っ引きで2時間ぐらい。

自動伴奏のギターのフレーズとか凄いです。プリセット、良く出来てますね〜。
これ全部自分で打ち込んだら1ヶ月掛かっても終わらないでしょう。
アレンジャーキーボードさまさまです。
ちなみにメロディが音符を刻まずにべたーっと続いてるのは
ボーカルに音程を付ける制御信号だからです。
(ボーカルが完成したらボリューム0にする予定)

このカラオケ、自動のバッキングに加えて
ブラスのリフとストリングスのカウンターメロディを手弾きで足してます。
その曲独特のフレーズを少しでも加えると、その曲らしい雰囲気が出ますね。
アレンジャーキーボードをお持ちの方、パターンを鳴らしてメロディを弾くだけでなく
16トラックシーケンサーを使ってこういうフレーズを入れると引き立ちますよ(・∀・)

「Macに歌わせる計画」、次回に続きます。

調教を試みる。 | 2016/07/03(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆森高千里 ◇レビュー
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。