プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
夏の終わりに。
2017/08/27(日) KORG Pa900
今年もお暑うございました。

この夏は暑中見舞い残暑見舞いで2曲弾きましたが、
どうしても夏の間に弾きたい曲がもうひとつあるので、今回はそれを採り上げます(・∀・)

  原曲
  

前2作と同じく、ボサノヴァの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンの
「イパネマの娘」でございます。1962年の曲だそうです。
「ミスティ」「ウェイブ」ときたらこの曲を採り上げないわけには
いかないだろうというぐらい有名な曲ですよ。
それにしても原曲、渋すぎ(^^;)

というわけで、夏の終わりっぽいアレンジにしてみました。

  

Grv Shuffleというスタイルを使ってます。
3連ぽいリズムが大好き(・∀・)

演奏は例によってPa900のコードネーム打ち込みで作ったバックトラックに
メロディーだけ手弾きで足しました。制作時間は約1日です。

今回はアドリブソロもちゃんと弾きましたよ(・∀・)
へたくそですが。
後半、どこかで聞いたような別の曲のフレーズがどさくさで紛れ込んでますw
「いつでもあなたにお得なお店」がついにイパネマ海岸にも出店したのかと。
ジョビンの曲は手品のようなコード進行が魅力なので
途中で転調したら面白いかな?と思い、はめ込んでみました。

それにしても、跳ねるリズムは難しいですねー。クォンタイズがうまくはまりません。
なので手弾きパートはほぼ無修正です。ミスタッチを直した程度。

今年のおみまいシリーズは3曲ともジョビンのボサノヴァで揃えましたが、
どれもボサノヴァのアレンジではないところがミソですよ。

  
  前2曲も貼っておきますね。

YouTubeに上がってるジョビンのカバーってほとんどがボサノヴァなんです(´・ω・`)
いくら名曲でも、たまには新鮮なアレンジが聞きたいなーと。
そんな思いから作りました。お口に合いますかどうか。

さて、来年の夏は何をどう弾こうか?
実はもう決まってます(・∀・) 動画のネタも込みで。
頭の中で再生されまくってますw

ネタの仕込みは春から始めますよ。
なんと畑を耕すところからスタートwww
果たしてうまくいくのか。今からわくわくしてます。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

夏の終わりに。 | 2017/08/27(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (0)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◆(スタンダード) ◇弾いてみた
コメントの投稿