プロファイル
Author : 紺
(某エログ管理人)
最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
月別アーカイブ
記事は 新しい順 で表示します
 2019 11  (2)
 2019 10  (4)
 2019 09  (6)
 2019 08  (4)
 2019 07  (5)
 2019 06  (5)
 2019 05  (4)
 2019 04  (4)
 2019 03  (5)
 2019 02  (5)
 2019 01  (5)
 2018 12  (5)
 2018 11  (4)
 2018 10  (4)
 2018 09  (4)
 2018 08  (4)
 2018 07  (5)
 2018 06  (4)
 2018 05  (3)
 2018 04  (5)
 2018 03  (4)
 2018 02  (5)
 2018 01  (4)
 2017 12  (5)
 2017 11  (4)
 2017 10  (3)
 2017 09  (2)
 2017 08  (5)
 2017 07  (4)
 2017 06  (4)
 2017 05  (4)
 2017 04  (4)
 2017 03  (4)
 2017 02  (4)
 2017 01  (5)
 2016 12  (3)
 2016 11  (4)
 2016 10  (5)
 2016 09  (2)
 2016 08  (4)
 2016 07  (5)
 2016 06  (4)
 2016 05  (2)
機種
記事は 新しい順 で表示します
◆アーティスト ◇記事ジャンル
記事は 新しい順 で表示します
ブログ内 全文検索
ときどき壊れます
記事一覧
外部リンク
アレンジャーキーボードお役立ちサイト
メール宛先
クリックで拡大表示
訪問者数
2016.5.29〜
QYPA。
2017/12/03(日) KORG Pa900
今さら感ありますが、こんな動画を見つけましたよ。

  

よく思いつきますねw
こういうひらめきは音楽の楽しみのひとつだと思います。

かくいう私もネタをひとつ温めていたりします。

  
  永遠のお姉さん、今井美樹さんでございます。声が若いwww

「この曲にあの曲がぴったりはまるな」と気がつきました。
2曲まぜまぜのアレンジ、そのうち登場するかもです。

思いついたらパッと作れるのがアレンジャーキーボードの醍醐味ですよ。
制作過程をすっ飛ばして完成した姿を早く聞きたいと思う
わがままな素人(私です)にはぴったりの楽器です(・∀・)

さて。

ここしばらく私の毒電波ボーカルネタが続いたので
今回はそれを解毒すべく、別の話題でいきます。

  20171203_1.jpg
  ヤマハ QY22

ずいぶん古い楽器ですがご存じでしょうか。
VHSカセットサイズに音源+シーケンサーを詰め込んだポータブルギアでございます。
単3電池で動くのでアウトドアでの音楽制作にうってつけ。
出張のお供としてずいぶん活躍しました。

とはいえ、私が手に入れたのは生産中止からずいぶん経ってからで、
ハードオフのジャンクコーナーから発掘しました。
本体に直接「¥315」という値札がべったり貼られたスペシャル仕様でした。

QYシリーズは世代&スペックの異なる機種がいくつかありまして、
そのほとんどに共通する特長は「いろんなジャンルの伴奏パターンが内蔵されていて
コード進行を入力すればバッキングが簡単に作れる」ことでした。
…どこかで聞いたような話ですがw

  20171203_2.jpg 20171203_3.jpg
  初代(QY10)と最終モデル(QY700)。外観からしてずいぶん進化してますね。

右のQY700を「最終」と書いた通り、このシリーズは絶版になりました。
こよなく愛する人はまだまだいるようですが、たぶんもう出ないでしょう(´・ω・`)

じゃ、Pa900(およびその後継機)はQYユーザーにとって「使える」のか?
というのが今日のお題でございます。

前置きが長くなったので結論を先に書きますが
Pa900は、機動性以外はQYの上位互換である。
 断言します(・∀・)

◆プリセットパターンを組み合わせてシーケンスを作れるか?
 → Yes

◆パターンは自分でも作れるか?
 → Yes (但し、機能を理解するまで時間は掛かりそう)

◆パターンを使わず、16トラックのプレーンなシーケンサーとして使えるか?
 → Yes

◆シーケンスの編集機能はあるか?
 → Yes (1音ずつの細かいエディットや、エディット中の「試聴」も可能)

◆グルーヴクォンタイズ機能はあるか?
 → それに近いことは可能

本体サイズと重量に目をつぶれば、乗り換え先として最高だと思います。
今ならもれなく21世紀の音源とCPU処理能力が付いてきますw
鍵盤とスピーカーが付いてタッチパネル液晶ですし。

あとPaシリーズのいいところは、制作途中で「おっ、こんなアレンジもいいな」とか
「ここにこんなフレーズを入れたら引き立つな」なんていうアイディアが
どんどん湧いてくる事です。私のようにアレンジの「ア」も知らない素人でも。

前回の作品は、実はそんなノリから生まれました。

「今日の記事は何にしようかな?」と記事を書く当日の朝にPa900の電源を入れ、
スタイルプレイモード(左手のコード弾きでバッキングを鳴らしリアルタイムで弾くモード)で
いろんなパターンを鳴らしながら適当に弾いていたら
「このパターン、あの曲に使えるんじゃね?」と思いつきました。
電源を入れるまで、その曲をやろうなんて思ってなかったのに…というのが面白いなと思いました。

QYのユーザーの多くは音楽歴の長い方だと思いますので、
きっと過去に作ったライブラリーをたくさんお持ちでしょう。
それをSMFで読み込ませて「21世紀の音源」で鳴らすのはエキサイティングですし、
特定のパートをミュートしてPaのバッキングに差し替える(しかも全く別のアレンジで)
なんていうお手軽プレイだけでも、1年は遊べると思いますよ。

コルグから1円も貰ってないのにこんなステマに精を出すのは
ひとえに日本国内のユーザーがあまりにも少ないからです(^^;)
クラブのDJブースでアナログシンセのツマミをグリグリ回す人には無縁の楽器だと思いますが、
QY持ちが次に手にする楽器としてこれほど適した機種はないと思う次第です。

というわけでタイトルのPPAPもといQYPAは、そんな思いから付けました。
QYユーザーからの質問なんでも受け付けます。お待ちしております(・∀・)

QYPA。 | 2017/12/03(日) | 機種:KORG Pa900 | コメント (17)
◆アーティスト / ◇記事ジャンル:◇レビュー
コメント
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/12/04(月) 23:33:37  URL 編集
こんにちは。

僕QY70 なんとなく、1年ぐらい前にヤフオクで落札しました。
ちょっと、液晶がうすくなるという難がありますが、動きます。

QYのコードネームだけ打ち込み技は、すばらしいですね。
iPadのYamaha Music sequencerがよく平成のQYとか言われますが、
全然違いますよね。

pa1000 はいい感じのところのような気がしますが、音がPCM音源だけ
というところが、ちょっと残念ねんですよね。暫く20万円程度いきそう
ですし・・・。
紺  #eK1KoZmQ
2017/12/05(火) 21:53:26  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

> iPadのYamaha Music sequencer
知らなかったのでぐぐってみました。
デモ動画を見た限り、ヤマハ自身が「フレーズスケッチ」と謳ってるだけあって
作品づくりの「最初のとっかかり」に最適化しているようですね。
絵画と同様、屋外でスケッチしたものをアトリエに持ち込んで完成させると。
楽譜やMIDIをあまり意識せずプロトタイプを作れるのが売りなんでしょうね。

Paシリーズ、定価は結構高いですが、気長に探せばアウトレット品も見つかるかもです。
私は半額近くで買いました。
予算に限りがある場合は下位モデルを狙うより中古がおすすめです。
アレンジャーキーボードは機能の豊富さが売りなので…

やまちゃんさんはPCM+αの「α」にどんな音源をお望みですか?
やまちゃん  #SUUlj1.c
2017/12/09(土) 18:16:24  URL 編集
紺さん

> やまちゃんさんはPCM+αの「α」にどんな音源をお望みですか?

すみません、
ぜんぜんきれいに弾けない僕がこういうふうにきかれると、なにもいえなく
なっちゃうのですが、KRONOSがまるごとのっていたら最高ですね。
αはなんでもいいのですが、PCMのFMチックの音にものたりなくなって、本物の
FM音源(SY77)かっちゃった経緯はあります。かと言って音はつくっていません。
AppleのLogicについているAlchemyとか Synthemasterとかいうソフト音源がすきなのですが、ああいうのをハードの音源に求めるのは酷なのでしょうかね。
Korg KRONOS2はいいところついているのですが、もうすぐアップデートがありそうな気がして、様子見です。
物理的に置く場所問題もあるので、鍵盤を購入というのはなかなかハードルが高いのです。
鍵盤付き買うならそれなりにパーフェクトなものがほしいなと。
YAMAHA Montageは触った感覚、あまりぐっとこなかったです。

やまちゃん
紺  #eK1KoZmQ
2017/12/10(日) 21:43:49  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

FM音源いいですよね。時々欲しくなります。
音色をいじる時、痒い所に手が届くパラメーターが備わっているというか。
AlchemyやSynthmasterはどんな音がするのか分りませんが(すみません)、
プレーンなPCMとは違うクセがあってそれが気に入ると手放せなくなりますね。

> 物理的に置く場所問題もあるので、鍵盤を購入というのは
> なかなかハードルが高いのです。

たしかにそうですね。
買う気満々の時は「もう1台増えたって大差ないだろう」と思い込むも
いざ届いたら「どうすんだこれ」みたいなw
タッチが良くて音が好きなのが1台あれば、他はソフトかラックでいいかもしれません。

個人的にはFS鍵盤の載ったD-50かプロフェット5が欲しいですw
やまちゃん  #8bEOf9Ys
2017/12/24(日) 01:59:57  URL 編集
とうとう pa1000 発売された(?)ようですね。20万円。
KRONOS2-61に近いお値段。

KRONOS2だったら、FM音源はいっているので、SY77リストラできるっちゃーそうなんですが、発売されて3年以上。どうも今から買う勇気はないですね・・・。

paシリーズの音源ってフィルタ、EQ以外の音色エディットってできないのですか? pa700は実機みることができて、ちょっといじっていたら、あれ?と思って。

Roland D-50はぼくも憧れでした。あれが店舗にあったのなんだって中学生のときでしたから。当時Rolandって海外の高級メーカと思っていました。
ちなみに、D-05っていうのも実機みたのですが、質感とかは割りとよかったですよ。


紺  #eK1KoZmQ
2017/12/25(月) 22:27:54  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。またまたコメントをありがとうございます。
たいへん励みになっております。

Pa1000は20万円ですか。
アレンジャーキーボード大好きな私にとっては
(もしPa900を持ってなかったら)借金してでも欲しいぐらいです。

お書きの通り音源の世代に関してはいつも通り既存機種からの流用のようですね。
新しい音源方式を求めるシンセ好きの方からすれば物足りないかもしれませんね。
私は「PCMでひと通り揃ってればいいや」ぐらいの感覚なので
ノープロブレムですが。

Pa900の音源エディット、まだほとんど画面を見たことがないのですが
取説をざざっと見た限りでは、フィルターやEQより上流、
つまりオシレーター自体に関わるパラメーターも揃っているようです。
例えばマルチサンプル音色の切り替わり方とかチューニングとか、
ピッチモジュレーション、ピッチEGなど、PCMシンセにあるパラメーターは
あるみたいです。

Rolandは私も海外ブランドだと思ってました。
D-05面白そうですね。USBバスパワーというのがいかにも現代です。
「完全再現」とうたってますが同時発音数が16ってw
そこまで再現しなくても(^^;)

そういえばD-5というのも昔ありましたね。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/12/26(火) 02:37:13  URL 編集
お世話になっています。やまちゃんです。

もとの話題にもどって・・・割りと初歩的な質問ですが・・・
pa1000(900)って、QYコードネーム Am だったら、
QYみたいに [A]キー [Min]キー [→]カーソル移動で拍か小節移動
っていうノリのインプットで伴奏いっきに作っちゃうってできるのですか?

この[Min](マイナー)キーとかがあることが重要なんですよね。
時間のない手抜き打ち込み派には。

やまちゃん
紺  #eK1KoZmQ
2017/12/26(火) 22:53:58  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

ご質問の件ですが、基本的には鍵盤を押さえてコードを指定します。
(ステップ入力の時にも鍵盤を使います)
「ラドミ」を押さえるとAmになります。

一番低い音をルートと判断してくれるので
「ドミラ」と押さえればAm on Cを片手1回で入力できます。
左手で低い「レ」右手で「ラドソ」と押さえればAm7 on Dになります。

1ステップのコードをこのように入力したら
画面の「>」をタップして1/8小節単位または1小節単位で次へ進める…の繰り返しです。

コードの入力については[Min]のようなハードウェアキーはありませんが
入力したいコードのボイシングが分ってる場合は
鍵盤からの入力が圧倒的に早いです。

ボイシングがよく分らなくて「この押さえ方で良かったかな?」なんていう場合でも
いま押さえているコードをリアルタイムで表示してくれるので
違っていたら押し直せばオッケーです。
私はステップ入力中、dim7とm7-5をよく間違えるので
この機能は入力ミス防止に助かってます。

なお鍵盤からの入力の他、画面に表示されるドロップダウンリストから
コードネームを選択して入力することも可能です。
こちらの記事の、背景グレーの部分にその図が載ってます。
http://arrkbd.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
コードの選択肢はめちゃめちゃ多いです。

余談ですが私が初めてQY22で打ち込んだ曲はこれでした。
https://www.youtube.com/watch?v=OXXV-WqXuTw
車好きの私にとってお気に入りの一曲です。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2017/12/31(日) 14:45:44  URL 編集
紺さん

本年もお世話になりました。
なるほど、よくわかりました。

実は、年末に東京西部にあるKORGショールームにいって、実機pa1000さわらせていただきました!!
デザインは意外にもpa700とさして変わらなく、赤いデザインは格好よかったです。錘付きウエイトキーボードはグッドでした。
プリセット音が自分にはちょっとおとなしいかなと気がしました。
操作はさすがにその場でステップ入力を教えてもらうわけに行かず、リアルタイム伴奏スプリット機能みたいなのを使わせていただきました。
全体的に操作が難しすぎる印象があり、子持ちサラリーマンには買っても、使いこなす隙がないかというところでしょうかね。(私は40代)

時間と場所があれば一台ぐらいおいておいても楽しそうな楽器だなと思いました。

いろいろ教えていただきありがとうございました。

それではよいお年を!

紺  #eK1KoZmQ
2017/12/31(日) 16:28:21  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。レスありがとうございます。

おぉ、Pa1000の実機がありましたか(・∀・) 良かったですねー。
ショールームに行けるのがうらやましいです。
赤って写真と現物のイメージが一番異なる色なので、ぜひ実機を見てみたいです。
鍵盤はセミウェイテッドでしょうか?
セミウェイテッドの名機M1と比べると重さはどうなのか気になるところです。

アレンジャーキーボードは時間がない人にこそおすすめですよ。
試奏した時のように、左手でコード、右手でメロディーを弾くモードなら
打ち込みは一切せずに演奏を楽しめるので。

操作はたしかにとっつきにくいかもしれません。
(Pa900も、あまり操作性が良いとはいえない)
全機能を使い倒そうと思ったら膨大な時間が必要かと思いますが、
自分の欲しい機能だけを使いこなせて、満足のいく作品が創れるなら
それでもいいかな、と私は割り切ってます(・∀・)
やまちゃん  #gjQGyRIs
2018/01/15(月) 00:05:36  URL 編集
ショールームは、自宅から電車+バスで実は1時間以内のところにあったので、もっと気さくに訪問できるなとおもいました。
確か土日も空いていたと思いますし。

セミウェイテッドといってもM1のものとは違います。
Kronos2 61に近いけどおんなじじゃないかなどうかなという感じでした。
M1のはヤマハのFS鍵盤ですよね。僕のSY77がそのFS鍵盤でそれが、場所を譲らない一因になっています。

ただ確かに忙しい人にとっては、リズムも別マシンからならさないのは面倒だなと最近重います。
紺  #eK1KoZmQ
2018/01/15(月) 22:42:22  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。
休日など、思い立った時に出かけられる距離ならいいですね。

Pa1000の鍵盤の重さはどうですか?
いわゆるシンセ鍵盤よりは重い、明らかに「セミウェイテッド」なんでしょうか。
Pa900はシンセ鍵盤と言って差し支えないレベルです。
こちらはKronos含め実機を触れる機会がまったくないので気になります。

SY77はFS鍵盤でしたか。手放せない理由はよく分ります。
リズムは別マシンとの事ですが、予め作ったパターンをつなげて
シーケンスを組む機能はSY77のシーケンサーにはないのですか?
(シーケンストラック上に打ったらひたすらコピー?)
もしそうならQYで作って流し込む方が早いかもしれませんね。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2018/01/16(火) 03:25:21  URL 編集
>Pa1000の鍵盤の重さはどうですか?
>いわゆるシンセ鍵盤よりは重い、明らかに「セミウェイテッド」なんでしょうか。

そうですね。まぁ、悪くないという感じでしょうか。
でもそんなにストンとは落ちなかったような気がします。

おもりがはってあることは、キーボードの下からのぞけば、ちゃんとはってあることが見えます。

Pa900はおもり貼っていないのでしたでしょうか?
やまちゃん  #gjQGyRIs
2018/01/16(火) 03:46:27  URL 編集
リズムマシンは YAMAHA RY10というのを使っています。

適当にヤフオクで安価で落札したものです。

SY77のシーケンサーつかうのを諦めました。
そもそもマルチにするとエフェクタが1系統しか使えなくて、演奏用のエフェクター情報もマルチにすると音が変わってしまうので、手びき専用、1ch使用です。FMの2系統MIXはできる(DX7II相当以上)+エフェクトができるのでそれでいいかと。

RY10には、小室さんのバンドスコアから、好きな曲のリズムパターンをいくつか打ち込んで、即小室ビートで演奏できるようにセットしています。

でもメインはやっぱり、ヤマハ MOXF8ですね。
アイドルの声サンプルするのが好きです。
ただ、オフィシャルにはサンプルできないので、Macのソフトでサンプルするとかしないといけなくて面倒臭いので捗っていません。

Pa1000はサンプル機能とMIDIからスタイル作る機能魅力的だとおもったのですが、いかんせん、プリセット音がグッと来なかったです。

演奏は下手くそなので、録音はしません。
打ち込みは、時間ないので、よっぽど気がむいたときに QY70にコード入力か、Singer Song Writerとかいうソフトでも似たような機能があってそれですかね。

やまちゃん
紺  #eK1KoZmQ
2018/01/16(火) 22:05:30  URL 編集
やまちゃんさんレスありがとうございます。

> Pa900はおもり貼っていないのでしたでしょうか?

内部構造はよく分りません(^^;)
鍵盤の裏側から見えるのでしょうか。週末にひっくり返してみます。

RY10って初期のQYのサイズのですよね。
シンセの周辺機器と考えると手頃なサイズですね。

鳴り物入りで登場したSY77にもいろんな制約があるのですね。
エフェクターの件はシングルティンバーモードとマルチでは
結果的に音色が変わってしまうという事でしょうか。
せっかく音色を作り込んでもマルチで活かせないのは辛いですね。
歪み系のエフェクトを使った音色なんかどうすれば良いのでしょうか…

> オフィシャルにはサンプルできないので

サンプルダンプスタンダードの読み込みはできても
本体に編集機能がない、という事でしょうか?
質問ばかりですみません。

楽器に向かう時間が限られると打ち込みはなかなか進みませんね。
バンドスコアから全パート入れようと思ったら何ヶ月かかるか…
私が普通のシンセ+プレーンなシーケンサーというシステムを
手放した理由がまさにそれでして、何らかの「支援機能」がないと
いずれ弾きたい曲を積み残したままで一生を終えるのではないかwという
気の遠くなるような危機感を覚えたからです。

SingerSongWriterにはQYライクな機能があるのでしょうか。
BandProducerやvArrangerというソフトもそれに近い事ができるようですね。
やまちゃん  #gjQGyRIs
2018/01/21(日) 03:20:37  URL 編集
こんばんは

おもりの件は単純にしたからのぞけば、みえます。ひっくり返さなくてもみあます。(あれば)
白鍵の広い部分ウラです。

RY10っていうのは、QYシリーズよりもすこし縦方向が長くて、正方形の形をしています。わりと使いやすいのですが、パターンに名前をつけられず、番号で管理しないといけないところが、The 1980/90年代のデジタル楽器ですね。

当初SY77でドラムパートもついているのでお手軽演奏機にしようとしたのですが、今時FM音源にエフェクトつけないと厳しいので、やはり事実上、マルチ音源として使えません。

MOXFにはサンプル機能がそもそもないのですよ。ただMotif XFでつくったサンプルは取り込めることになっています。その機能をつかって、Motif XFのデータを作ってくれるソフトがあるんですね。ギリシャの方が作っています。(言語は英語ですのでご心配なく)

まぁ僕も中高生のころは、バンドスコア買ってきて、まるごとコピーしようとするも、当時もっていたシンセがYAMAHA V2だったので8音ポリだったので、自分なりに音を間引いてつくっていた記憶があります。

まぁ、完全コピーならYAMAHAのデータ販売サイトなりで変えばいいので、あまり売れ少ないし、そんなに面白みを感じなくなったので、伴奏を簡単に引きながらメロディ弾きが遊ぶ時間ではおおいですね。
そのつぎが、時間があらば、コード打ち込んで、QYなりSSWなりで、自分リミックスを作るんでしょうかね。QYのつかいたかとかすぐわすれてしまって。QYの打ち込みをPC(Mac)に持っていく方法でスマートな方法がなくて、QYの最後の作り込みができない状況です。

先日、小室哲哉さんが引退されたのはさびしいですね。僕の青春のあこがれでしたから。小室さんの歌とかどうですか?賛否わかれるのですが、僕はすきです。ただKEICOさんを一度迷惑かけて(詐欺事件)で、今回の事件は、ちょっと残念です。人として基本的なところがと思うとね。

紺  #eK1KoZmQ
2018/01/21(日) 21:29:35  URL 編集
やまちゃんさんこんにちわ。レスありがとうございます。

おもりはありませんでした。少なくとも外から見える範囲にはないようです。
Pa1000になって変わったんでしょうかね。

RY10は番号でのパターン管理ですか。昔のリズムマシンぽいですね。
バッキングパートがなければ名前は不要という判断だったんでしょうね。

MOXFのサンプル取り込みの件もありがとうございました。
エンジンはMOTIFと一緒で、外部から見える機能を制限しているようですね。

V2は8音ですか…
私も最大同時発音数が少なかったりCPUが古い中古の機器を永らく使っていたので、
間引きはよくやりました。少しは勉強になったかもしれません。

> QYの打ち込みをPC(Mac)に持っていく方法でスマートな方法がなくて

それはパターンという意味ですか? それとも1曲の長さにしたソングですか?
後者ならMIDIでつないでリアルタイム録音という力技もありますよw
タイミングがずれないようにテンポを落として、クォンタイズはQY側の分解能に
合わせればきれいに録れると思います。

小室氏の曲は誰が聴いても彼の曲だとすぐ分るところが凄いと思います。
商業音楽である以上ブランドを確立するのは大切な事ですからね。
私生活のゴタゴタについては個人的には「まあ芸能人だし」と思ってます。
出てくる作品がすべてというか。
コメントの投稿